セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

いよいよ「4K対応チューナー」単体が店頭に並ぶようになった






いよいよ「4K対応チューナー」単体が店頭に並ぶようになった


4K-cn-px

2018年12月1日より放送が開始された「4KBS放対応チューナー」がやっと店頭に並びはじめました。
チューナー非搭載の4Kテレビを購入出した人には「朗報」ですが・・・
2018年12月初旬現在、店頭で在庫が確認されたのは、PIXERAPanasonicの2社の製品。

東芝、SHARP、SONYでも発売されているようですが、「様子見」なのか「お取り寄せ対応」のようです。

4K-cn-pa

今後、DXアンテナ、IODATA、マスプロなども順次発売の予告がされています。


さすが「専用機」なだけあって、各社、BS4Kだけではなく、「AndroidTV」も搭載されており、「Netflix」「Prime Video」などにも対応しているのもうれしい機能です。

4Kパネルだけの「格安4Kテレビ」をいち早く購入した人には、待ちに待った製品かも知れません。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村








「テレビ」「レコーダー」「CATVのSTB」など3機器も一台で操作できる-「ELPA」の汎用マルチリモコン






「テレビ」「レコーダー」「CATVのSTB」など3機器も一台で操作できる-「ELPA」の汎用マルチリモコン


elpa-maruti-001

「ジェネリック」ながらも、使い勝手が良いとの評判「ELPA」ブランドより、「最新4Kテレビ」「ブルーレイレコーダー」「CATVのセットトップボックス」3機種を1台で操作できる「汎用マルチリモコン」が発売され、高評価なようです。

「本当の意味での汎用マルチリモコン」がやっと登場
今までも、こうしたリモコンは販売されてはいましたが、「メーカーが同一でないと使えない」「海外製品に対応していない」など、機能が限定されていたものがほとんどでしたが、こうした不便さを解決してくれる製品となっています。

国内主要メーカーだけではなく、「LG」「ORION」「バイデザイン」「DXアンテナ」「フナイ」など、ほとんどのメーカー製品に対応してくれているのも安心なところです。

elpa-maruti-002

特筆すべき点は、「ヤマダ電機独占のフナイ製品」、J:COMなどCATVのセットトップボックスの多くが採用している「MUMAX」(韓国メーカー)にも対応しているなど、ユーザー目線に立った、まさに「痒い所に手が届く」製品作りは、さすが「ELPA」ならではのフットワークと感心させられます。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村







あえて「4K対応チューナー非対応」テレビも「安くて綺麗でコスパ良し」で意外と好評






あえて「4K対応チューナー非対応」テレビも「安くて綺麗でコスパ良し」で意外と好評


sony-4k

2018年12月1日より始まったばかりの「BS衛星放送による4K放送」ですが、「やはり」というか「予想通り」というか「コンテンツが貧弱で観たい番組がない」スタートになってしまった感があるようです。

NHK始め民法各社の放送を「地デジ化時」と同様「ニュース」や「通販番組」が中心で、元の映像が4Kではない「映画」や「ドラマ」の再放送など、正直お金をかけて「4K化」したメリットを感じるのは、「WOWOW」くらいしか見当たらない印象です。

「Netflix」や「Amazon Prime Video」などに対応していれば、あえて「チューナー内蔵」にこだわる必要はない?
対して、有良なコンテンツが充実しているのが、ネット環境が必要ではあるものの「Netflix」を始めとする、「映像サブスクリプション配信サービス」。

これらに対応いている「4Kチューナー非対応テレビ」が、現在新発売の「4K対応チューナー内蔵テレビ」の登場により、比較的価格もリーズナブルになりつつある傾向のようなので、今現在の「4K視聴」を楽しむなら、「お手頃価格」かも知れません。


「4Kテレビ市場」では一強の感がある、東芝「REGZA」をおさえて台頭してきたのが、かつてのテレビの覇者、SONYの「BRAVIA」。

「Android TV」を内蔵しており、都度アップデートされる機能がついているので「映像サブスクリプション」にも当然対応しているので安心です。


通常のHD番組でも「4Kアップコンバート機能」により、4Kとまではいかないものの、結構な画質で「それなりに」視聴できるのもうれしいところです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...