セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

「ワイヤレスイヤホン」の片方だけが聴こえなくなった場合、最初にやるべき事






「ワイヤレスイヤホン」の片方だけが聴こえなくなった場合、最初にやるべき事

iyahon

とても便利で、一度使うと手放せなくなる、「ワイヤレスイヤホン」

意外に発生するのが、「片方しか聞こえない」状況。

しかし、だからと言って「故障かも」と決めつけるのは少し待って、もしかすると、ちゃんと両耳が使えるケースも多いです。

そこで、今回は片方しか聞こえないワイヤレスイヤホンを故障と決めつける前に、直すためにやってみたことを紹介します。

わりと発生する症状なので「故障」を疑う前に試してみては?


愛用の
「SoudPEATS Trnfre+」ですと 単純に登録抹消してからの再ペアリングで復活するという場合もあります。

 



ちなみに登録抹消はペアリングした状態で、設定画面→Bluetooth→使っているワイヤレスイヤホンの名前をタップして解除するだけでできるはずです!



ちなみに登録抹消はペアリングした状態で、「設定画面」→「Bluetooth」→「使っているワイヤレスイヤホンの名前」をタップして解除するだけでできます。

soundp-000

次に、イヤホン側の「リセット」をします。

メーカーから「操作説明動画」が公開されていますので、参考に「リセット」を試みました。





「リセット」が完了した、「イヤホン」をケースから取り出すと、「SoudPEATS TruFree+R」タップすると、「再ペアリング」ができました。

soundpt-002
soundpt-003



まれに「初期不良品」も確かに存在しますが、「故障?」と疑う前に、以上のような事を試してみると「余計な手順」をふむ事なく解決できる場合もありますので、一度「ググって」みる価値はあろうかと思います。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






「iPhone/iPad」今更ながら-「フリック入力」のはなし






「iPhone/iPad」今更ながら-「フリック入力」のはなし

iPhone-neta-000

「フリック入力」とは、Wikipediaでいうところで、「フリック」(flick)とは、「素早く動かす、弾く」という意味であり、この場合、指のスライド(弾き)のことを表しており、タッチスクリーン操作全般に用いられる表現であるとされています。

タッチスクリーン上で指を素早く動かしたり弾いたりして行う操作全般のこと。
「キーボード入力」よりも「フリック入力」しかしない人も多いかも知れませんね
「文字入力」については、「フリック入力」を使いこなせば、圧倒的に速くなると言われています。

「フリック入力」マスターするコツとしては「母音を意識」しながら入力するとの事。

「長押し」すると「文字のガイド」が上下左右に表示されます。

「あ」を長押しした場合、「い」が「左」、「う」が「上」、「え」が「右」、「お」が「下」にくるという「法則」を意識すると良いとされています。

iPhone-neta-004

また、「日本語-かな」の入力を「フリックのみ」に設定すると、より早い入力が可能です。


iPhone-neta-001

例えば、「ああ」など、同じ「母音」が続く文字の場合、一定時間待たないと、連続して入力する事ができませんが、「フリックのみ」をオンにしておくと、続けての入力が可能になります。


iPhone-neta-002

「フリックのみ」にするには、「設定」→「一般」→「キーボード」をタップ→「かな」の「フリックのみ」を「オン」にします。


iPhone-neta-005

この辺、「キーボード入力」から入った人より「スマホネイティブ世代」には「常識」なのでしょうが・・・。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






最安HDMIドングルデバイス?-ドンキで「Anycast」を販売






最安HDMIドングルデバイス?-ドンキで「Anycast」を販売


anycast

「スマートテレビ」と呼ばれる、最近の「4K対応テレビ」など、「ネット動画」視聴に対応している機種も多くなりましたが、政治的な理由なのか、「YouTube」と「Netfllix」しか対応していない印象があり、「Amazonプライムビデオ」「hulu」など、別売りの「STB」「ドングル」を導入する必要がありそうです。



ドンキに於いては「情熱価格4Kテレビ」自体、「ネット動画非対応」なので、あえて「Anycast」を販売して、合わせて購入してもらおうという事でしょうか。
この価格なら「スマートテレビデバイス」体験するのも手が出やすいでしょう

私自身、こうした「STB」「ドングル」「Chromecast」と「FireTV」しか使っていないので、製品についてどうこう言えませんが、ネット上の評判で、「スマホ・タブレット」の「ミラーリング」機器として、「プレゼン」等でけっこう使えるとの評判もあるようなので、見つけたら購入して試してみる価値はあるかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...