セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

じつは店員さんもよくわかっていない「4Kテレビ」の受信方法ー「パラボラアンテナ」



じつは店員さんもよくわかっていない「4Kテレビ」の受信方法ー「パラボラアンテナ」

4k-para-000

2020年1月現在、家電量販店に並んでいる「43インチ以下」のテレビはほとんど「4Kテレビ」ばかりという印象です。

さすがに「アウトレット」「ジェネリック」ブランド以外では、国内メーカーはもとより、「LG」「Hisense」など、海外メーカーでも「4Kチューナー内蔵」は当たり前になっているようで購入する側も選びやすくはなっているようですが、一部の販売店員さんによっては、テレビ自体の説明は詳しいものの、「4Kの電波」の受信方法について、よく理解されていないケースもあり、「設置してみないと分かりません」と言われたケースも少なからず報告されているようです。
現行のパラボラアンテナでも「無料チャンネル」であれば視聴可能な場合も
「公式」に発表されている情報としては「4K番組」「BS」放送用の「衛星」から発信されているのですが、「4K放送」を視聴するために「4K/8K対応BS・110°CSアンテナ」と、それに伴う「分配器」「配線ケーブル」を用意する必要があるとされているようです。

この辺の情報のあいまいさ「地デジ化」のときと同様、混乱しているように感じます。


この「パラボラアンテナ」について「誤解」「説明不足」が指摘されているのが、現行の「BS・110°CSデジタル」が受信できるアンテナでも、「地デジ化」時に新規に設置したアンテナであれば交換しなくても、一部のチャンネルが視聴できるという報告も上がっています。技術的な用語として現行のアンテナは「右旋のみ」と呼ばれているものですが、「右旋」で放映されているチャンネルは「NHK SHV4K」「BS朝日4K」「BSジャパン4K」「BS日テレ4K」「BSフジ4K」「BSTBS4K」の6チャンネルが対応されています。

4k-para-001

一方、現在店舗で販売されている「パラボラアンテナ」はこの「右旋」と「4K用に新たに追加されたチャンネル」と「NHK SHV8K」に対応する「左旋」が視聴できる「SH規格」のものがほとんどで、アンテナ単体1万円前後で販売されているのを見かけます。(設置工事費は別)

これから「パラボラアンテナ」を立てるならばこの「SH」対応一択になるでしょう。

4k-para-002

ただ、チャンネルが増えるといっても「NHK SHV8K」「ショップチャンネル」「QVC」が無料で視聴できるだけで、基本的に「有料放送」なので、これらを利用するつもりがなければあまり急ぐ必要はないかもしれませんが・・・。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「ケーブルテレビ」元関係者による「実は営業・販売店員さんもよく分かっていない」はなしーアパート・マンションの「ひかり回線」VDSL編



「ケーブルテレビ」元関係者による「実は営業・販売店員さんもよく分かっていない」はなしーアパート・マンションの「ひかり回線」VDSL編

Vdsl-000


「VDSL」とは、最近の新築物件では少なくなったようですが、年数の経ったマンション、アパート、団地等で採用されている、NTTの技術のひとつで「集合住宅へのひかり回線の導入方式」のひとつで、電線から集合住宅の共用スペースまでは光ファイバー共用スペースから自宅の部屋までは電話回線(メタル回線)をつないでいるCATVと似て非なる「ハイブリッドひかり回線」と呼ばれるものです。

簡単に言うと、光回線(光ファイバー)なのに、途中からはADSLと同様に電話回線を利用する「ひかり回線」ではあるものの「微妙な違い」があるサービスで「戸建て」ひかり回線に比べ「割安」な料金で使用できる「方式」なのですが・・・。

「集合ポスト」に投函されている、プロバイダの「チラシ」などには「高速ひかり」「安い」などとうたってはいますが、一般的な「光コンセント」や戸建ての光の公称数値が「1GB」なのに比べ、こうした「VDSL」と呼ばれる方式は、約1/10の「100MB」が「ベストエフォート」値なところが多いようです。
「利用料金が安め」なのもこうした理由からでしょうか
ところが同じ「マンションの光」と呼ばれるものでも「光コンセント」がある「イーサネット」と同じような料金ながらも「仕組み上、速度が遅い」と言われ、2019年3月には、新規受付けが終了されています。

何故、遅いかと言われると「光ファイバー網」である事は確かなのですが、「MDF」という集合住宅の各世帯への「分配設備」までが「光回線」「MDF以降」が既存の「電話配線」を利用して各世帯に分配しているため、以前の電話回線を利用した「ADSL」同様の仕組みとなり、どうしても遅く感じるためです。

また、「ADSL」もそうでしたが「NTTの基地局から離れていれば速度が下がる」「夕方から深夜にかける電話利用が多い時間帯に遅くなる」という症状も致し方ないところのようです。

ただ、「遅い」とはいわれるものの、「動画ストリーミング」など、「見るだけなら可能」ではありますが、「動画のやり取り」や「ネット上での株の売買」「FX」など取引きには、「ケーブルテレビインターネット」同様、遅延やフリーズなどが問題となり、おすすめできるレベルとは言い切れないのも現実です。

物件の大家さんの考えにもよりますが、今後「イーサネット」に変更されたり、「5G」サービスが始まるタイミングで新しいサービスに代わる可能性もありそうです。

建物にもよるとは思いますが、大家さんや「管理会社」の許可を得られれば「直引き」で「au」や「Nuro光」に自分で契約する方もいるようです。

ただし、この「ネット環境」に関しては、それぞれ契約上の制限がありそうなので、今後「引越し」など予定されている場合、その辺を考慮して「物件探し」をする必要がありそうですね。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「ネット通販」の「レビュー」が信用できるか判定できるWebサービスー「サクラチェッカー」



「ネット通販」の「レビュー」が信用できるか判定できるWebサービスー「サクラチェッカー」

sakura-000

前回、「ネット通販のやらせレビュー」を見抜く「Chromeの拡張機能・アドオン」「Androidアプリ」を紹介しましたが、iPhoneや他のPC環境でも利用できるWebサイト「サクラチェッカー」なるサービスも使えるようです。


あくまでも「目安」ではありますが・・・




「Amazon」「楽天市場」の商品単品の「URL」を「コピペ」して「Go」とクリックします。

sakura-001

すると、「サクラチェッカー」独自の評価が評価され表示されます。

ちなみに下記製品では「Amazon」よりかなり低いスコアで評価されていました。

sakura-002

もっともどのサービスにも言える事でしょうが、お互い評価する側によって審査基準は「それぞれ」なのでいちがいに信用するのもどうか、と言われるかも知れませんが・・・。


sakura-003

おそらく、何らかの基準で「プログラムで審査している」仕組みにようなので、あくまでもこれが全てではなくひとつの「目安」と割り切って判断して利用すべきサービスと思われます。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...