セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

iPadをワイヤレスキーボードでノートPCのように使う



iPadをワイヤレスキーボードでノートPCのように使う

低価格ながら使えるBluetoothキーボード
Blutooth001

iPadワイヤレスキーボードペアリングして、オンライン版エクセルを操作している


仕事上、外出先でのPC作業の機会が増え、ノートPCを持ち歩くのも面倒なので、手持ちの「iPad」で、「エクセル」「Webサイト更新」などできれば便利だなと考えていたところ、手頃そうな製品を発見しました。

外国製のようだけども、コスパを考えると「コレもアリかな」購入してしまいました。


この「Anker」という会社は、Googleに勤めていた創立者が『モバイルノート用の交換バッテリーに、メーカー製の高価な製品とノーブランドの粗悪品しかないのはおかしい』という考えから、サイドビジネスでスタートしたのが始まりで、拠点は香港にあり、中国で製造して、元々は、米アマゾンでのみ細々と販売していたところ、iPhne、iPadなどApple製品との相性がとても良いという評判で、日本でも販売されている人気のブランドです。


「取説」が英語なので、よく理解せず電池を入れて電源を入れた後、ライトが付いたかと思えば消えたので、初めは電池の接触が悪い不良品かと勘違いしました。

よく分からなかったので、ググってみたところ、接続したい機器とペアリングする前はライトが点滅するとのこと。

思い直して再度トライしてみる。

Blutooth002

接続方法は簡単で、[Fn]キーと[Bluetooth]キーを同時に押すと、ベアリングモードになりました。

Blutooth007

文字入力時の英字/日本語の切替は
Control」+「スペース」で可能です。

Blutooth003

WindowsAndroidしか使った事がない人には、ちょっと使いずらいかもしれませんが、慣れれば使いやすく確実に入力できるようになります。


Blutooth005

タブレットでの「エクセル」操作は、セルの移動が面倒でしたが、PCと同じように、「Tab」キーで、ポンポンと移動できるようなるので、とても快適になります。

別売で単四電池が2本必要ですが 「30分間使用しないと自動的に電力節約モードに入ります」ので、あまり電池消費量を気にしなくてもいいところが良心的だと思います。



ゲオのスマートフォン買取サイト「Smarket(スマーケット)」





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Bluetoothスピーカーを購入してみた



Bluetoothスピーカーを購入してみた

PC用スピーカーが壊れたのでBluetoothに買い替える
以前(約10年前)に購入して使用していた、BuffaloPC用スピーカーですが、ケーブル内が断線していたらしく、だましだまし調整しながら使っていましたが、とうとう音声が出なくなったので買い換える事にしました。

イヤホンBluetoothに変えて、結構便利に感じていましたので、またまたネットで物色してこの製品を発見!。

AOOE001

今回も、amazonの「タイムセール」で購入しました。

10年前に購入した商品よりも1,000円程安い値段で購入できました。

届いた商品は思っていたより小ぶりで片手で持ち歩けるサイズですが、違う部屋に持ち運んだり、アウトドアでの利用に使えそうです。

AOOS002

「電源ON」
にすると、自動的ペアリングモードに入ります。

ペアリングされると、自動で、音楽再生モードに切り替わってくれるのは便利なのですが、いきなり、大音量で再生が始まってしまうのでビックリさせられますが、「次の曲」ボタンを押し続けると音量を下げる事ができます。


AOOE003

充電は、背面の、microUSBポートで、ケーブル(別売り)からになります。

たいして期待はしていなかったのですが、コンパクトで音が良く小さなボディからの音は迫力のある、なおかつ音質の良い音でビックリです。

以前、使っていた、PC用スピーカーと違い、クリアで低音もしっかり効いていて、METAL系の楽曲でも、ボーカルまでしっかり聴き取れます。

また充電式電池も内蔵していて12時間の連続再生も可能らしいです。

良い意味で期待を裏切られる製品です。

ただし、
説明書は英語との併記で理解しにくいです、日本語使いは微妙ですが・・・。

使いらがら覚えていくしかなさそうです。


ゲオのスマートフォン買取サイト「Smarket(スマーケット)」






アマゾンプライム会員なら「会員特典」で追加料金なしで聴き放題です。



980円(税抜/月)のところ、プライム会員なら、780円(税抜/月)でさらに充実した音楽サブスプリクションサービスを受けられます。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Bluetoothイヤホンを購入してみた



Bluetoothイヤホンを購入してみた

5,000円以内で手に入る自由なワイヤレス環境
いつも、1,000円前後のイヤホンしか買っていなかったので、購入しても「イヤホンジャックの接触不良」「片方しか聴こえなくなった」など、「安物買いの銭失い」状態を続けていました。

すでに「iPhone」にはヘッドホンジャックがなくなっているし、いずれは、「ワイヤレスの時代」になりそうです。

しかし、人気の、「Airpods」も含めて、ワイヤレスヘッドセットは高価です。

ヘッドホンにそんなにコストをかけたくないと思っていた時、ネット通販を物色していたところ、amazon楽天市場で、イヤホンのベストセラー1位4つ星レビュー数、3,500件以上の高評価のこの製品を発見!!!。

聞いたことのないブランドの製品だが、5,000円以内で手に入るのなら、と、amazonのタイムセールの際に思い切って購入してみました。

◎購入の際には、各サイトの「タイムセール」などを狙うのもいいですね。

Q12-001

届いた商品のセット内容はこんな感じ。

専用のケースも付いていますが、私には使い道はなさそうです。

Q12-002

イヤホン同士がマグネットでくっ付くので、コードがからむことなく、コンパクトに収納できます。

いつもスマホで音楽やPodcastを聴いているので、Bluetoothでペアリングしてみる。

本体真ん中のボタンを長押しすると「電源をONにします」「接続が完了しました」「ペアリングモードに入りました」などと、日本語でアナウンスされ、簡単に接続が完了します。(ちなみに取説は英語表記しかない)

肝心の音質ですが、思っていたより結構高音質!。(いつも安物しか買っていなかったので、そう思うのかも)

低音が少し弱い気がしたけれども、アプリ側の「イコライザ設定」次第でかなりいい音質になります。

ジョギングしながらでも落ちる事がなさそうなフィット感があります。

バッテリー6時間持つとの説明だったが、実際には、4時間ちょっとといった感じです。

それでいて、5,000円以下なので、コスパ的には、充分な製品だと思います。

また、ハンズフリー応答にも対応していて、着信がくると、音楽が止まり、着信音が鳴り、そのままで会話ができます。会話が終了して通話を終了すると、自動的に音楽再生に戻ります



ゲオのスマートフォン買取サイト「Smarket(スマーケット)」








アマゾンプライム会員なら「会員特典」で追加料金なしで聴き放題です。



980円(税抜/月)のところ、プライム会員なら、780円(税抜/月)でさらに充実した音楽サブスプリクションサービスを受けられます。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...