セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

MP3変換-「音楽CD」によって「音質が異なる」理由



MP3変換ー「音楽CD」によって「音質が異なる」理由

omgaku-cd-000

「音楽」を聴く環境「アナログレコード」「カセットテープ」「音楽CD」→「音楽配信サービス」と移り変わっていますが、「音楽CD」から「PC等」に「MP3」形式で取り込んだり、ネットから「ダウンロード」などする際、「音質」「音量」に「差」があり「違和感」を感じることも多いと思います。


「アーチスト」「レーベル」などによって「デジタルリマスター」されていない「CD」もまだまだ存在しているのでなかなか「プレイリスト」で一定に合わせるのが難しいです


一般的に、日本国内に於ける「音楽CD」は、1984年SONYから「対応プレイヤー」が発売されたと同時にそれまでの「アナログレコード」から新譜が数年「アナログ」と「CD」両方リリースしている時代が続き、当初1980年代後半から1990代前半の新作の形式の多くが「192kbps(標準音質)」「音量89.0db」がほとんどで、既存の「アナログ盤」からの「CD化」作品もこの形式でした。

このころの「CD」を取り込むと「音楽サブスクリプションサービス」の無料版並み「品質」になってしまうのはこのためです。

当時、多く出回っていたのが元の音源がアナログレコードをCD化したものでよく「キンキンした音」と言われたものです。

「音楽CD」の「音質」が「256kbps(高音質)」「320kbps(最高品質)」になるのは、1990年代後半から2,000年代~発売のもので、わりと「そこそこな音質」で取り込めますが、けっこうな数になるので、一部の古めなアルバムでも「オリジナル音源」をもとに「デジタルリマスター」されている楽曲もあり、以降発売されているCDのほとんどが「320kbps(最高品質)」「100db(音量)」化されているCDなら、そこそこのレベルで「MP3」化することが可能です。

「音質」については「個人的」「楽曲ジャンル」「再生機器」にもより評価は分かれるところでしょうが「プレイリスト」などで楽しみたい場合、「音量」は一定化できるものの「音質に差を感じる」のはこうした理由になるので「致し方ない」ところのようです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Chromecast」を使って「ポッドキャスト」をテレビ画面・スピーカーで「聴く」



「Chromecast」を使って「ポッドキャスト」をテレビ画面・スピーカーで「聴く」

chrome-pod-000

「FireTV Stick」や「Chromecast」を使って「Spotify」で「Podcast」番組が聴くことが可能だと以前報告した通りですが「対応するコンテンツが圧倒的に少ない」「無料版だと月15時間」という制約があるため、一部のコンテンツを楽しみたい向きには合わない事もあるようです。



「FireTV Stick」では使えるものが限られますが「Chromecast」対応の「ポッドキャスト」アプリは選択肢が多いので「番組不足」にも対応できるかも知れません
「FireTV Stick」の場合、日本の「Podcast」番組に対応しているアプリは2020年6月現在「Spotify」一択しか見つかりませんでしたが、こと「Android端末」「FireHD」端末向けの「Podcast」対応アプリの一部では「Chromecast」をそのままテレビに「キャスト」できるもの存在し、その中で個人的に愛用しているのがPodcast & Radio Addictなるアプリです。




カバーアート

Podcast & Radio Addict

chrome-pod-001

すべての番組を網羅しているのかと問われれば「?」ではありますが、あくまで「個人的に聴きたい番組」は対応してくれている上、この手のアプリの中では「動作が比較的安定」している感があります。

chrome-pod-002

使い方は至極かんたん「アプリで番組を再生」中に右上の「キャスト」マークをタップすると「キャスト先」が表示され、さらにタップすると、テレビ画面で表示されるようになります。

chrome-pod-003

「キャストマーク」が白く囲まれている内は端末で再生されている番組がテレビ側で「再生」されますが、手持ちに端末で別の作業ができるよう「バックグラウンド再生」の設定になっているようです。

chrome-pod-004

「音質」ですが「テレビ側の「音響環境に依存」するようなのですが、お世辞にも「高音質」とは言えなさそうではなく「それなりに」と考えたほうが無難でしょう。

chrome-pod-005


グーグル クロームキャスト第3世代 Google Chromecast クロームキャスト チャコール 第3世代 GA00439JP ユーチューブ hulu NETFLIX 動画視聴 端末接続 送料無料
by カエレバ


【送料無料】◆Google chromecast ULTRA ウルトラ◆GA3A00416A16 4K Ultra HD および HDR までのすべての解像度に対応。グーグル クロムキャスト クロームキャスト スマホからTVに接続 HDMI変換ストリーミング音楽動画 映像 携帯の映像を写せる テレビに接続
by カエレバ

最近ではこの手の「HDMIドングルデバイス」を「家電量販店」の店頭で見かける事も多くなったような気がします。

「4Kチューナー」や「BDディスク」はあまり使っていないのが実感です。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「FireTV Stick」で「アレクサ」を使って「Radiko」番組を再生させる



「FireTV Stick」で「アレクサ」を使って「Radiko」番組を再生させる

firetv-radiko-000

自宅で仕事をする機会が増え、BGM「ポッドキャスト」「Radiko」などを聴く事が増えています。

「ポッドキャスト」「Spotify」アプリで聴いていますが、残念ながら「Radiko」には対応していません。

一部のメディア記事では「FireTV Stick」用の「Tune IN」なる「FireHD」用アプリで対応できるとされていますが、2020年6月現在「FireTV Stick」では「Radiko」は聴けないようです




よく聴き間違えてくれますがとりあえず「ラジコ」をテレビスピーカーで聴かせてくれます
とはいうものの「聴けない」というわけではなくいくつか方法を見つけていろいろ試しているところですが、今回は「FireTV Stick」のリモコンの「アレクサ機能」で聴く方法を紹介します。

firetv-radiko-001

現行の「FireTV Stick」では「アレクサ」に対応しているので、リモコンの「マイクボタン」を押し、上のマイクに向けて「アレクサ、ラジコで〇〇〇(対応しているラジオ局名)をかけて」と「音声入力」します。

すると「はい、ラジコで〇〇〇を再生します」と音声で返し、下のような画面になり、現在放送している番組を「FireTV Stick」機能でテレビのスピーカーで聴く事ができます。

firetv-radiko-002

しかし「アレクサ」の「日本語認識」の問題なのか、何度音声入力しても「聴きとってもらえない局」があるほか、この機能だと、単純に現在放送中の番組を「聴きはじめる、終わる」までしかできないようです。

この方法の他「TV用ブラウザ」を利用して「PCと同じ操作環境」でもできそうなので、現在検証中です。

Amazon Fire TV Stick アマゾンファイアースティック 【新品・正規品】Amazonファイアースティック Fire TV Stick-Alexa 対応音声認識リモコン付属 ファイアー TV スティック アレクサ Fire TV Stick-Alexa Amazon アマゾンファイアースティック
by カエレバ

Amazon Fire TV Stick 4K ファイアスティック - Alexa対応音声認識リモコン付属 新品 正規品
by カエレバ



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...