「ダイソー」の216円イヤホンなどを「高額機」並みの音質で聴く


daiso-yp-000


「100円ショップ」のイヤホンに限らず、「製品に付属のイヤホン」や、500~1,000円以内で購入できるイヤホン「音がこもって聞こえる」「音質がクリアでない」「低音が軽くスカスカ」など、値段なりで仕方ないと諦めていました。
「品薄状態」の格安イヤホンを高音質化できるスマホアプリを発見
そんな中、「ダイソー」で、税込216円の製品ながら、「ある再生アプリ」併用する事によって、数万円する製品並の「音質」になる、との評判常に「品薄状態」のイヤホンがあります。

好みによって、「ボール」「カップ」「ラウンド」型が用意されているようですが、今回店頭に出向いたところ、「カップ」型しか残っていませんでした。


daiso-yp-001

このイヤホンに利用するのがこのアプリ音響機器メーカー「オンキョー」が提供している、「Onkyo HF Player」です。

「オンキョー製品向け」のアプリですが、他社イヤホンでも使用可能です。


Google Play で手に入れよう

daiso-yp-002

インストールすると、最初に「オンキョー製品」の使用機種を選択する画面が表示されますが、一番下の「other」にチェックを入れれば、他社のイヤホンでも使用できる設定になります。

daiso-yp-003

このアプリでの設定では、イコライザ機能「中音質(900Hz程度)を限界まで下げ」「高温域を上げ」「低音をブーストする」のが推奨されています。

daiso-yp-005

「11 Band」 を選択、丸印を左から順にそれぞれのおすすめイコライザ設定に合わせていきます。
【32、64、125、250、1k、2k、4k、8k、16k、32k】
それぞれ、:+3、+6、+9、+7、+6、+5、+7、+9、+11、+8、+3スワイプで調整し、「新規プリセット」で「Perfect」名を付け保存します

daiso-yp-004

右下の「EQ」をタップし「青色表示」になれば設定が有効になります。

daiso-yp-006

「プチリリ」にも連携されているので、楽曲によっては、「歌詞」が表示されます。

スカスカな印象の低音もしっかりと鳴るようになり、数万円する高級イヤホンと比べると、正直同程度ととは言い過ぎの感は否めませんが、確かにいい音質で聴く事が可能でした。

「AAC」「FLAC」にも対応しているので、「MP3」以外のデジタル音源の体感をする入門にも試してみる価値はあるかと思われます。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村