「4Kチューナー内蔵テレビ」が続々と発表

4K-regza-000

2017年発売の「ドンキ」の「情熱価格4K」をきっかけに、50V型クラスのテレビの売れ行きが、地デジ時購入機の買い替え需要も相まって好調のようです。

一方、大手メーカーもここにきて本格的に「4K衛生チューナー内蔵テレビ」を次々と発売し始めました。


2018年12月開始の「新4K衛生放送」が1台で視聴できる
「SONY」の4Kチューナー内蔵テレビ
大手メーカー製の特徴としては、「4Kアップコンバータト性能」「従来の地デジ、BSなどの映像を4K相当に変換」する機能を備えている点。

また、「音声操作」「自動録画」など付加機能を搭載したモデルも各社から発表されています。



「東芝」の4Kチューナー内蔵テレビ
東芝のお家芸、「アップコンバーター機能」、「レグザエンジン」も、従来の地デジ、BS放送を「4K相当」に変換させる「レグザエンジン Evolution」にグレードアップ

当然、「内臓チューナー」をはじめ、「ネット動画」にも対応しているので、「Fire Stick」等、外付け機器が必要なく「4K」対応しているので、思ったほど「高価」とも言えなさそうです。

テレビ自体機能は期待通りですが、肝心の「BS放送」の内容のほうが気になるところです
しかし、実際に「4K衛星放送」が観れるといっても、放送される内容が気になるところです。
個人的に、BS放送が始まったときと同じように、「画質をアピールするためだけの風景番組」「4Kではない再放送」「あまり高画質の意味は無いと思われる通販番組」だらけにならないように期待はしています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






コメントする

名前
 
  絵文字