日本の映画・アニメの北米版ブルーレイが格安で実用的


blueray-000

国内向けに販売されている「ブルーレイコンテンツ」は、パッケージが非常に凝っていたり、「特典映像」など、「本体+α」の要素が強い商品がメイン割りと高額な印象があります。

しかし、「内容さえ見れれば充分」と思っている人も多く、割高のため、DVDに比べ、イマひとつ普及していないのがブルーレイの現状のように感じます。

本編のコンテンツ重視ならアメリカ版が格安でおすすめ
とくに、日本の映画・アニメなどのコンテンツは、北米でも人気があり、アメリカ版Amazonでも販売されていますが、国内盤と違い、「ライナーノーツ」や「パッケージが簡素」なため、安く購入する事が可能な製品もあります。

【国内Amazon】の場合の一例


¥4,479~

【北米版Amazon】の場合の一例


Shin Godzilla: Movie [Blu-ray]

$11.32(日本円で約¥1,268~)


日本の特撮・アニメ作品はアメリカでも人気なので、割りと品揃えが豊富なので、お目当ての「ブルーレイ・DVD」も見つかりやすいという印象です。

ただ、ひとつ注意しなければいけないのは、「リージョンコード」という、メディアとプレイヤーで一致する必要がある、「地域コード」の問題。

「ブルーレイ」の場合は、「北米版」でも「国内」と同じコードなので、現行の「ブルーレイレコーダー・プレイヤー」で問題なく視聴できますが、「DVD」の場合、「リージョンコード」が異なるので、対応するプレイヤーでないと再生できないので、安いからといって購入しても観れないので注意が必要です。

【リージョンフリーのプレイヤー】の一例

「リージョンフリープレイヤー」は割りと高価なので、「ヤフオク」「メルカリ」などで中古品をチェックしておくと良いかもしれません。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村