4K放送の録画対応は各社まちまちの状況


4K-rec

2018年12月より、いよいよ始まる、BS4K放送ですが、対応チュナー付きテレビや、チューナー単体も、各社ちらほらと発売されつつあります。
「録画」については従来のデジタル放送と基本的に同様との事ですが注意点も・・・
現在での発表では「録画やBDへの保存」に関しては、これまで通り。NHKや民放各局の「無料放送」については「ダビング10」、WOWOWなど「有料放送」は「コピーワンス、及びコピーネバー、もしくは録画禁止」という運用になるとされていますが、スタートしてみないと「完全に同じ」かどうかは蓋をあけてみなければわからない、という意見が大半のようです。

2011年の「地デジ化」の時もそうであったように、PanasonicSHARP製品などの「互換性」なども心配されるところです。

録画ディスクについては、既存のHDD(ハードディスク)であれば、問題なく、2倍速BD(ブルーレイ)メディアにも充分対応できるとのアナウンスは出ているようです。

ただし、HDDについては、録画したコンテンツを他の機器に接続して再生・視聴できる「SeeQValt(シーキューボルト)」の規格の製品でも「4K/8K放送」については現状認められていない他ネットワーク視聴も非対応との事なので、今後が、注目されるところです。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村








コメントする

名前
 
  絵文字