「スマートスピーカー」の認知度 58%なのに、普及度 5%以下が現実らしい

suma-supi

最近、テレビCMなどでも「OK!Google」「Alexa 音楽かけて」など、「スマートスピーカー」がやたら宣伝されていて、実際普及している印象があります。

ところが、愛聴している「Podcast」番組によると・・・。




各社「AI」「IoT(モノのインターネット)」時代を推進しようと宣伝しているようですが、「売り手」だけ進んでいて、エンドユーザーは「何?」という感じでよく理解できないまま「置き去り」での認知なのが現状ではないでしょうか。

現時点では、スマホの「Siri」「OK!Google」を使いこなすのが先という気もしますが・・・
少なくとも、「業界人」のはしくれである、私の周りでも、興味はあるものの、様子見な人がほとんどで、多い意見として「スマホの音声認識でできる機能を家に設置してもあまりメリットを感じない」という声もあります。


各社、様々な「スマートスピーカー」が発売されていますが、現在利用しているサービスに対応していれば、「あれば便利かも」という印象で、価格面や「規格が統一されていれば・・・」というのが、いまひとつ盛り上がりに欠けている原因ではないでしょうか






あくまでも個人的な見解ではありますが、「スマホをリモコンにするアプリ」のほうが、現時点では一番手っ取り早く実用的な魅力を感じます。


そもそも「ガラケー」でさえ使いこなせない家族しかいない我が家にはハードルが高そうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






コメントする

名前
 
  絵文字