10万円切りの「NEO格安4Kテレビ」が登場

4k-pix

「NEO格安テレビ」とは、「ハイセンス」や「ピクセラ」などで製造されている、従来の「格安4K」と違い「AndroidTV」に対応していたり、大手メーカーとの共同開発した「高画質エンジン」を搭載していたりと、性能の向上に意欲的な製品です。

2011年の「地デジ化」の際に購入したテレビの「買い替え」需要に注目されています。

ここに来て店頭でも40型以上は「4K」しか見かけなくなりましたね



新4K衛星放送対応チューナーを内蔵し、AndroidTVを搭載、「YouTube」などの4Kネットコンテンツも手軽に視聴できるほか、「Googleアシスタント」による音声操作も可能です。


【4Kチューナー非搭載】ながらも「高コスパ」



このクオリティであれば、40型以上のサイズであれば、もはや4Kテレビ導入を躊躇する理由はないかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村









コメントする

名前
 
  絵文字