2018年版「動画サブスクリプションサービス」をいろいろ試してみた


video-sub

2017~2018年にかけて「AbemaTV」「DAZN」など新しい「動画サブスクリプションサービス」が出揃い、「スカパー!」等の「CS放送」の存在価値が薄れつつある一方、早くも淘汰、撤退するサービスも出てきそうな様相を呈してきそうな印象を受けます。

そんな中、「Chromecast」「FireTV」で、テレビにキャスト可能で、スマホ・タブレット端末でも視聴できるサービス「いろいろと」試用してみて、最終的に「Amazonプライムビデオ」「WOWOW」、「Gyao!」の3つのサービスで、個人的には、充分「観たいコンテンツを視聴する」を満たす結果になりました。

「Chromecast」と「Fire TV Stick」接続で「従来のTV波」いらず?

「Amzon Prime Video」


「Hulu」「Netflix」より後発になりますが、「Amazonプライム会員」なら、追加料金なしで利用できるサービスながらも、「オリジナル番組」のクオリティの高さと、ドラマ、映画については、新作には弱いものの、「CSの人気チャンネル作品」、「旧作映画」のラインナップの豊富さは、他のサービスに劣らぬ内容です。

「4Kコンテンツ」についても「Netflix」とほぼ同時期に配信が始まっている点も注目点です。

ただ、テレビドラマは仕方ないのですが、旧作映画の場合、「ブラウン管テレビ時代のテレビ放映用」の素材のコンテンツが多々存在するのは残念なところです。


また、「スポーツ」「音楽」「ドキュメンタリー」などはラインナップされていないので、他のサービスと併用しなければならないのも寂しい点ではあります。



WOWOWオンデマンドは「WOWOW加入者」のサービスです



PC・スマホ・タブレットでの「オンデマンド配信」に加え、「リルタイム視聴」が可能になり、かなり使い勝手が向上しました。

「WOWOW」ならではコンテンツとして、「音楽ライブ番組」の「WOWOW独占放映」が多く、「BD/DVD化」前の映像が観れるの他サービスと大きく差別化されているところ。

ただ、「スポーツ中継」については「ボクシング」「テニス」などに偏っている印象「DAZN」などに軍配が上がるジャンルと感じます。

一方、好評なのは「WOWOWオリジンルドラマ」で、話題作は「Amazonプライムビデオ」、BS「Dlife」などで再放映されたり、TSUTAYAでDVDレンタルされるなど、クオリティの高さがうかがえます。

映画の新作については、テレビ放映が一番早く、続いて「レンタルショップ」「Amazonプライム」→「Gyao!」「地デジ」の順番で配信されているように感じます。



「Gyao!」

sub-gyao

ご存知、老舗の「無料動画配信サイト」

とは言うものの、全てが「無料」で観られるという訳ではなく、一部のドラマ(特に韓流に多い)、アニメなど「第1話のみ無料」という番組も多く、続きを観るために「課金」が必要なのですが、「割高感」はあり、「DVDをレンタルした方が安い」場合もあるので注意が必要です。

コンテンツ「バラエティ」「ドキュメンタリー」「映画」「音楽」「ドラマ」等、結構充実していますが、「配信期間が短い」番組が多く「見逃がして」しまうケースがあるので、「通知をオン」にしておくなど工夫して見逃がさないようにしたいものです。


「スポーツ」は意外に多く配信されていて「WWE」などの人気コンテンツもここで観る事もできるので侮れません。


2019年1月現在、この3つの「配信サービス」で視聴していますが、。個人的にはこれだけでも充分楽しめていると思っています。

「Amazonプライム」「Gyao!」「Fire TV Stick」「WOWOWオンデマンド」は「Chromecast」テレビにキャストして楽しんでいます。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






コメントする

名前
 
  絵文字