「家電量販店」に「メーカー販売員」排除の動き?


nojima-001


私が以前、関わっていた、某「家電量販店」の店舗内で、やたらこのような「看板」が目につくようになっています。
いずれにしても「店舗」で契約した「派遣・契約社員」がほとんどでしょうが「スキル」は、その人の器量次第であることに変わりはないと思われます
現在はどうか情報が入ってこないのですが、「家電量販店」トップ「Y社」が安い理由が、ほとんどの店員さんが「メーカーが人件費を負担している派遣社員」で、「店舗側に人件費がかからない」から、と言われている時代があって、社会的に「問題」となり、あからさまには行えなくなり、「他社製品を売っても、インセンティブ対象になる」チェーンも多いのですが、メーカー自体も経営が厳しいので、「店舗販売」の費用を出せない、というのが実情かと思われます。

nojima-002

もともと、このチェーンは、県内を中心とした「ローカルチェーン」なので、こうした「メーカーからの協力」はあてにせず、価格では「Y社にかなわない」なら「地元重視」「接客がウリ」というスタンスをとっており、店舗近隣の住宅地、マンションなどの「商圏の調査」を徹底した「店づくり」をしており、わりと「安心して」利用できるといった印象があります。

どこかのチェーンの店員さんで「光ファイバー網」に入っていない住宅に「フレッツ特約」など付けたり、「他社の悪口を言って」売りたい製品を、猛烈に進めたりなどという「家電量販店」によくある「評判」はあまり聞かれないようです。

ただ、「商品知識」などのスキルは、どこが「人件費」を出しているかというのとは「別物」で、販売員が勉強しているか、という点。

印象としては、「駅前カメラ系」はけっこう教育熱心で、「郊外型量販店」は、本人の勉強次第という印象を受けます。

こうした「看板」も、店舗側のそのような姿勢を表していると思われますので、私もそうですが「気になった製品」などあるときに、声をかけて「どんな感じか」試している「業界人」も結構出没しています。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






コメントする

名前
 
  絵文字