「Google翻訳」を「Chrome」や「アプリ」以外で使用する


google-honyaku-000

Webブラウザ「Chrome」では、「拡張機能」で、自動的にページを「翻訳表示」してくれますが、同じ「Chrome」でも「iOS」「Android」では拡張機能が使えず「別途アプリ」を起動する必要があったり、メインのブラウザが「Safari」「FireFox」「Opera」などの場合、恩恵を受けられないか、と思いがちですが、「Google検索」できる環境であれば、「Google翻訳」機能を利用できますので安心です。
「Chrome」ブラウザ以外でも「FireFox」「Safari」でも「設定」なしで利用できます
使い方は、通常の「Google検索窓」で「Google翻訳」と入力すると、表示の先頭に、左側に「調べたい言語」、右側に「表示したい言語」の入力画面が表示されます。

google-honyaku-001

「メール」「ブラウザ」の外国語の「テキスト」「コピー」して、左側の「調べたい言語」欄に貼り付けると、右側に「翻訳結果」が表示されます。

「翻訳された結果」
「怪しい日本語」になってしまうのは「ご愛敬」ですが、「翻訳アプリ」も容量がけっこうストレージを占めるので、使用頻度によっては、この機能でも充分かも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村