セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

2018年05月

「iPad」こう使ってます-ビジネス利用(表計算アプリ)

「iPad」こう使ってます-ビジネス利用(表計算アプリ)


iPad-img-002

よく質問されるのが、「iPad」「ノートPC」代わりに使用できないかという点。

基本的に「データを閲覧」するには優れていますが、作成にはPCに軍配があがるようです、とお答えしていますが、「ビジネス向けアプリ」ラインナップも充実してきましたので、「使えるアプリ・ちょっと難アリのアプリ」検証中です。

使えない事もないけれども「工夫と割切り」が必要
私も実際、外部ミーティングセミナーなどで「OnlneOffice」を導入して、「Excel」「OneNote」使うようになりましたが、現実問題として、「整形」「印刷」までは少々厳しいという印象があり、「iPad」上では「入力用」と割り切って、細かい作業は、入力したファイルを「OneDrive」にアップして、オフィスや自宅のPCで呼び出して、編集・出力するという手法を使っています。

  







私の環境に於いては、PCでのOfficeソフトは「LibreOffice」「OneNote」を介して使用していますが、「わりと」この組み合わせ技が使えるという印象です。

ただ、Google「G-Site」アプリの場合、クラウド「GoogleDrive」に特価されており、「OneDrive」とは相性が悪いようなので、これも「専用アプリ」が公開されていますので、これを利用するという手もあります。




企業によっては、ライセンス料が高価な、Microsoft Officeから「G-Site」乗り換えてきている動きもあるので、この選択もアリかなとも思います。
「ワイヤレスキーボード」があれば入力が非常にラク・しかし使い勝手は慣れるまで戸惑いますが・・・
Apple純正のキーボードはカバーと一体型になっていて有線なので「入力のタイムラグ」などの心配が少なくて確かに便利なのですが、何せ高価なのが難点です。

サードパーティ製の「Bluetoothキーボード」ならば、2~3千円台で購入できiOsに限らず、Android,Windwsにも対応している製品も多いので、導入する選択肢としては現実的でしょう。

ただし、製品によっては多少「タイムラグ」が気になる製品があるのも事実ですが・・・。





入力方法「OS」の機能になりますので「Windows」のキーボードに慣れている人は最初は戸惑うと思いますが、使ってみると「iOs」の日本語変換機能も思ったより洗練されている事を実感できると思います。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

PCのデスクトップ・タブ画面をキャプチャーする-Chromeの拡張機能「Loom」

PCのデスクトップ・タブ画面をキャプチャーする-Chromeの拡張機能「Loom」


Loom-013

Twitterフォローさせていただいている「ライフハッカー(日本版)」紹介されていたので、早速試してみました

ネット動画やGAME画面をキャプチャーして「共有」も可能
ここからダウンロードして、ファイルを実行→「拡張機能を有効」にすると「Chrome」オムニバーアイコンが追加されます。


Loom-001

「Googleアカウント」でログインしてみます。

Loom-002

とりあえず、「Personal」選択「NEXT」へ。
Loom-003

設定画面英語なのでよくわからなかったのでいろいろ「ググって」みると、下記の方法で設定が進むようです。


Loom-004

試しに通常のダウンローダーでは対応できない「Gyao!」動画キャプチャーしてみました。

Loom-007
「オムニバー」アイコンをクリックするとキャプチャーが始まり終了するときもアイコンをクリックします。

キャプチャー結果が下記のように表示されます。

ここで、各SNS「共有」する事ができます。



Loom-012

PC内にダウンロードしたい場合、画下の「↓」アイコンクリックします。


Loom-009
PC内の任意のフォルダダウンロードが可能です。

Loom-010

ダウンロードされた動画ファイル「MP4」形式になりますので、多くの「動画再生アプリ」対応している他、「動画投稿サイト」アップロードすることも可能です。*ただし「著作権侵害」には要注意なのは言うまでもありません。

「ニコ動」のようにコメントも入れられるとの事ですがまだ試してません
「ニコニコ動画」同様、動画内に「コメント」を書き込む事もできるそうですが、私自身「ニコ動」を利用していないので、試してませんのであしからず。

(関連記事)





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「iPad」こう使ってます-電子書籍リーダーとしての愛称も抜群

「iPad」こう使ってます-電子書籍リーダーとしての愛称も抜群


iPad-book

Amazon「Kindle」「電子書籍リーダー」として特化している端末ですので、確かに使い勝手としてはダントツ優れている感があります。

価格「タブレット端末」としては、現状一番リーズナブルな印象です。



しかしながら、使用できるサービスが、Amazonおよび関連サービスのみに限られてしまいます。(特にGoogle関連は閉め出されいる様子)
「iPad」ならあらゆる「電子書籍」サービスに対応できるのが便利
定番、「Kindle」もアプリで対応

とは言え、iPadでも専用アプリダウンロードできますので「Kindle」コンテンツを購読する事が可能です。

iPad-kindle-001



iPad-kindle-002
私も最初、「Kindle」端末で、タブレットデビューしたので、両方使用してみましたが、「書籍の購入」「ライブラリの管理」など、さほど違和感なく使用できています



楽天マガジンなら雑誌読み放題

「Kindle」でも「雑誌」読み放題「Kindle Unlimited」もありますが、登録雑誌種類の多さ「専門サービス」に軍配が上がるようです。




iPad-rakuten-001



多くの「雑誌配信サービス」では、「特定のページが省略」「付録記事が見れない」「連載コミックが削除」などの制約があるものもありますが、ほとんどの内容は読書可能なのでとくに不満はないレベルと感じています。

iPad-rakuten-002

ちなみに、電子書籍媒体では、ジ◯ニーズ系タレントの写真はNGなようなので、記事自体はあるものの、画像は消されています。

とは言え、「週刊誌1冊分」の金額で、実質「読み放題」なので、かなり「お得感」があるサービスです。



「マンガアプリ」も数あれどほとんどカバー

「マンガアプリ」乱立しているがありますが、自分の好みに合わせてサービスを選べるのも「iPadアプリ」ならではの使い方ですね。



iPad-manga-001




iPad-manga-002

「新聞」も「電子版」なら処分に困りません
ネットで何でも調べられる時代ですが、社会の流れをつかめるという点では、個人的に「新聞」は奉読すべきだと思っています。

とはいえ、読み終わったあとの「新聞紙」の処理は面倒です。

定期的に引き取ってもらえます「トイレットペーパー1個」にしかなりません。


iPad-np-001

各社、「電子版」アプリを提供しているので、愛読紙を導入するという選択肢もあります。



iPad-np-002

また、しつこい勧誘人がきたとき「うちは電子版2冊取ってますから」iPadを見せて断る事にしています。(本当は1冊は無料版・・・)

これぞタブレットの醍醐味。スマホ・PCでは叶わない使い心地
もちろん、スマホPCでも利用できるサービスですが、読書に適したサイズ「めくった感」などタブレット端末一日の長があります。

(関連記事)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「iPad」こう使ってます-映像ディスプレイとして最適

「iPad」こう使ってます-映像ディスプレイとして最適


iPad-img-001

Twitterフォローしていただいている「スマートフォン王国」さんで特集していた「iPadって楽しい!」をヒントに、私の「iPad生活」を振り返ってみました。



私のタブレット生活は、Amazon「KIndle」からでしたが、現在は、亡父の形見の「iPad3(16GB)」を未だに使い続けています。

スペック、ストレージ
的に前時代機種ですが、持ち運べる「モニター端末」としては十分使用に耐えられる良き相棒だと愛用しています。

「YouTube」や「動画配信サービス」の視聴が快適
こと、「ポータブルテレビ」としては「WiFi環境」下に限られますが、「最強」の端末として使っています。

AbemaTV

巷ではこれさえあれば「スカパーいらず」と言われているネットTV.


iPad-abema

「NEWS」の24時間放送「MTV」など、「地デジ」「BS無料チャンネル」にもひけをとらないラインナップが評判のようです。ただ、運営自体は「赤字」らしいのでサービスが続くのが心配ですが・・・。



Gyao!

この分野では老舗のサービス。

iPad-gyao




最近では「地上波ドラマの見逃し配信」「音楽ライブのダイジェスト配信」を入れているような印象を受けます。

Tver

「地上波ドラマの見逃し配信」がメインのサービス。



意外にも私の周りでも結構利用者が多いという印象のサービスのようです。

Amazonプライムビデオ

Amazonプライム会員 の特典サービス。

iPad-amazon





他の「動画配信サービス」に比べてコンテンツの少なさを指摘する声もありますが、個人的には「東映チャンネル」系や「FOXTV」「TBSオンデマンド」などの映画・ドラマ作品が充実しているので満足しています。

ただ、一部作品によっては「画質」が悪かったり、4:3の「レターボックス」サイズの作品もあるのは残念なところ。

「音楽番組」「スポーツ配信」もありません。



WOWOWオンデマンド

WOWOW加入者のみが利用できるVODサービス。


iPad-wowow




WOWOWならではの「オリジナルドラマ」「音楽・スポーツ」のライブ作品多く配信されているのが他の「動画配信サービス」と大きく異なる点です。





「DLNA」モニターとしても便利
Panasonic Media Accsece

ブルーレイレコーダー「DIGA」利用者向けの「DLNA」受信アプリ。

iPad-panasonic




「お部屋ジャンプリング」機能を有効にすれば、「iPad」自体が「テレビ」として利用できるようになります。

さらに、「宅内視聴」も当然ながら、WiFi環境下であれば、「宅外視聴」も可能です。

ちなみに、これを利用して、名古屋、長崎県佐世保のビジネスホテルでも「遠隔視聴」が可能なのを確認できています。


Plex

PC「DLNAサーバ」化するソフト「Plex」を導入していれば、PC内に保存してある動画を「iPad」で「遠隔視聴」可能にするアプリです。

iPad-plex




ただし、サーバとなるPCの電源は「ON」の状態でないと受信できません。

我が家のPCの場合、「スリープ」状態だと受信できませんでした。


このように、古い「iPad」でもアプリさえ対応していれば、「ポータブルテレビ」として十分使用できますよ。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

ネット通販ガジェット-「Aukey」のカナルイヤホンを購入してみた

ネット通販ガジェット-「Aukey」のカナルイヤホンを購入してみた

iyahon

Twitterフォローしている「Aukey」ツイートで、この製品の「クーポンコード」が付いていたので、Amazonでも「Ancker」「SoundPEATS」などとともに、スマホ類の好レビューを受けているブランドなので購入してみました。
この価格でこの「高音質」は初




相変わらず「Amazon」過剰包装だ。


Aukey-002

通常、外出時には「Bluetoothイヤホン」を利用していますが、PC接続には、同価格帯のイヤホンを「家電量販店」「ホームセンター」などで購入したものを使用していましたが、「ジャック」がすぐにダメになったり、「音質がこもって聴こえる」などの不満がありました。

Aukey-001

届いたパッケージ内容は、この価格帯製品とは思えない「携帯用ケース」「付け替え用パッド」入り。

ただし、「取説」英語のみなのですが、イヤホンなので、感覚的に操作できるので問題なし。

肝心「音質」も、音が小さいとか、籠もった感覚もなく、とてもクリアに聴く事ができました。

「ジッパー型」ではないものの、コードも絡みにくい構造になっている点も見逃せません。

レビューのため「100円ショップ」のイヤホンも持っていますが、レベルが違いすぎます。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。


プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場
Amazonのおすすめガジェット





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ