セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

2019年02月

「Windows10」と「Android」スマホとの連携機能

「Windows10」と「Android」スマホとの連携機能


win10-suma-000


「iPhone」「iPad」など「iOs」端末の場合、PCとの「データ同期・管理」は、Appleの「iTunes」が用意されていて、利用されている方も多いと思いますが、「Android」端末では「iTunes」は利用できません。

しかし、現在の「Windows10」の機能のひとつとして、「スマホ同期」が追加され、Android端末「画像」などのファイルをPCに同期、さらに「SMS」の内容を確認できるようになっています。
WiFi連携でPCでスマホ内の画像ファイルやSMS内容を確認できるようになりました
win10-suma-002

「PC」と「スマホ」を同期させるために必要なのは、PC側では「Windows10」を最新版にアップデートしておく事と、「Playストア」から「スマホ同期管理アプリ」のダウンロードです。


win10-suma-004
Google Play で手に入れよう
「ダウンロード」→「インストール」」されると以下の画面表示になりますので、「PCに接続します」タップします。

win10-sum-005

PC側では「スタ-トメニュー」から「スマホ同期」クリックします。

すると「WiFi」につながっていれば、自動的に「スマホを検知」してくれます。



win10-suma-010

これで、スマホ内「画像」などのデータを「同期」できるようになります。

win10-suma-011

個人的な感想として、「メール」「SNS」、同一アカウントで、スマホとPCで「同期」できていたのですが、わりと頻繁に利用している「SMS」PC上で確認できる点が非常に便利だと感じています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「LibreOffie」で「PDF」ファイルを編集できます

「LibreOffie」で「PDF」ファイルを編集できます


libre-pdf-000

今や、ビジネスや個人的な「文書」などのやり取りで、機器や「OS」に依存しないファイルとして「PDFファイル」が主流となっています。

一般的に「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」で取り扱うのが「定番」ですが、「LireOffice」内でも、「ファイルの読み込み、書き込み、修正」などが可能で、他のOfficeソフトとの連携ができ、「LibreOffie」内で作業が完結できるので便利に利用しています。

定番の「Adobe Reader」でも利用できる「PDFファイル」の編集も「LibreOffie」で可能です
使用方法はいたってシンプル。

「LibreOffie」を立ち上げると、「すべてのOfficeソフトが表示」されますが、「ファイル」→「開く」→読み込たい「PDFファイル」を選択すると、「Draw」で「PDFの編集画面」が立ち上がります。

libre-pdf-001

「ワープロ」「表計算」などでやるべき、「文字の修正」や「装飾」「Draw」で行うようになっているようです。

libre-pdf-002



libre-pdf-003

libre-pdf-004

「編集自体」「1行ごと」編集するようになります。

この辺、操作方法が「独特」なので「慣れ」は必要だと感じました。

libre-pdf-005

編集が終わり、「保存」する訳ですが、そのまま保存すると「Draw」形式のファイルとして保存されてしまうので「PDFファイル」として「配布、管理」「共用」「送信」するためには、「ファイル」→「PDFとしてエクスポート」「PDFファイル」として出力すれば、どの環境でも通用する「PDFファイル」が出来上がります。

あくまでも個人的な感触では、「Adobi」系も使い方にクセがあるので、「Office」ソフトを利用されているならば、ひとつのアプリ内で「作業を完結」できるので、この方法を利用しています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「家電量販店」に「メーカー販売員」排除の動き?

「家電量販店」に「メーカー販売員」排除の動き?


nojima-001


私が以前、関わっていた、某「家電量販店」の店舗内で、やたらこのような「看板」が目につくようになっています。
いずれにしても「店舗」で契約した「派遣・契約社員」がほとんどでしょうが「スキル」は、その人の器量次第であることに変わりはないと思われます
現在はどうか情報が入ってこないのですが、「家電量販店」トップ「Y社」が安い理由が、ほとんどの店員さんが「メーカーが人件費を負担している派遣社員」で、「店舗側に人件費がかからない」から、と言われている時代があって、社会的に「問題」となり、あからさまには行えなくなり、「他社製品を売っても、インセンティブ対象になる」チェーンも多いのですが、メーカー自体も経営が厳しいので、「店舗販売」の費用を出せない、というのが実情かと思われます。

nojima-002

もともと、このチェーンは、県内を中心とした「ローカルチェーン」なので、こうした「メーカーからの協力」はあてにせず、価格では「Y社にかなわない」なら「地元重視」「接客がウリ」というスタンスをとっており、店舗近隣の住宅地、マンションなどの「商圏の調査」を徹底した「店づくり」をしており、わりと「安心して」利用できるといった印象があります。

どこかのチェーンの店員さんで「光ファイバー網」に入っていない住宅に「フレッツ特約」など付けたり、「他社の悪口を言って」売りたい製品を、猛烈に進めたりなどという「家電量販店」によくある「評判」はあまり聞かれないようです。

ただ、「商品知識」などのスキルは、どこが「人件費」を出しているかというのとは「別物」で、販売員が勉強しているか、という点。

印象としては、「駅前カメラ系」はけっこう教育熱心で、「郊外型量販店」は、本人の勉強次第という印象を受けます。

こうした「看板」も、店舗側のそのような姿勢を表していると思われますので、私もそうですが「気になった製品」などあるときに、声をかけて「どんな感じか」試している「業界人」も結構出没しています。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「LibreOffie」ファイルを「MS-Office」形式で保存する

「LibreOffie」ファイルを「MS-Office」形式で保存する


libre-menu

「LibreOffie」で作成されたファイル既定では「ODF形式(.ods)」で「保存」されます。

このままでも、現状の「MS-Office2007-2019」完全とは言い切れませんが、読み込んで編集する事は可能ですが、他の「MS-Office」のバージョンや「Googleドキュメント」などでは表示されないケースも報告されているようです。

あとあと「使い回したいファイル」であれば「MS-Office」形式で保存しておくと便利かも知れません
「Calc」→「Excel」の場合

「.xlsx」形式で保存できるほか、様々な「Office」形式で保存可能です。

libre-odf




libre-calc-001

「Writer」→「Word」の場合

「.docm」形式で保存可能
です。

libre-weitter-001

「Impress」→「PowerPoint」の場合

「.pptx」形式で保存可能です。

「MS-Office」形式で保存しておくと「Googleドキュメント」「Apple KeyNote」などでも開ける可能性はありますので、私はこの方法で保存管理しています。

ただ、ファイルの「再現性」はあまり期待していませんが・・・。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Amazon」で「公式」に「iPhone」直販されています

「Amazon」で「公式」に「iPhone」直販されています


iPhonex-amazon


いつのまにか(というか、2018年11月から正式に)「Apple製品」が通販サイト「Amazon」で「公式直販」されています。
ついに「Amazon」で「Apple製品」の直販が開始されました
「何でも揃う」イメージのある、「Amazon通販」ですが、「iPhone/iPad/AppleWatch/
AirPods」
など意外にも「直営販売」は、2018年11月から.

「Appleストア」「スマホキャリア」
「公式ショップ」からでしか入手できなかった、「Apple正規品」「Amazon」経由で購入できるようになっています。



もちろん、「Amazon」ですので、一部の製品を除いては、最新版「iPhoneXSシリーズ」も「プライム対応」で購入できる上、「iPad/irPods」など「正規品」ながら割安で入手できるケースもあるようです。



「iPhone」本体の販売不振「Apple直営ストア」の縮少など、ネガティブなニュースのある「Apple製品」ですが、「Amazon経由」で購入できるようにするなど、別の手を打ってきているのかも知れません。

家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ