セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

2020年01月

【注意喚起!】あなたのメールも狙われている?ー海外ハッカー集団暗躍の噂

【注意喚起!】あなたのメールも狙われているー海外ハッカー集団暗躍の噂

wils-000

ここ最近、三菱電機等、日韓企業に対するサイバー攻撃が「Tick(ティック)」と呼ばれる、海外のハッカー集団によるものではないかとの憶測をよんでいるようですが、企業のみならず「個人のメール」も他人事ではない、という点で、自分で自分を守る注意が必要性がありそうです。
一説では「マルウェアはPCやサーバーを主な標的」としているため「スマホ」では正常に動かないとも言われていますが・・・ 
公表されている手口として、まず民間会社などをハッキングし、メールアカウントを窃取、その会社になりすまして、その企業の海外子会社に対してメールを送信し「遠隔操作型マルウェアに感染」させる。

その子会社のシステムを「踏み台」にして日本国内のネットワークに侵入し、機密情報などを盗み出す手口ともいわれています。


wils-001

なお、こうしたマルウェアの特性として「PCやサーバーを標的」として混入してくるケースが多く、「怪しいメール」がきた場合、「スマートフォン」や「タブレット」で開いてみる、などの対策をとる企業もあるといいます。

いずれにしても「送信先アドレスが変」など「怪しいメール」むやみに開かないクセをつける、仕事などの重要な連絡は「LINE」や「Messenger」など「ワンクッション」いれてのやり取りを追加するなど「個人でも対策が必要」かも知れませんね。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「TVer」「Gyao!」動画をダウンロードする「Chrome」「FireFox」の拡張機能-現在は「Ant Download Manager」が有効のよう

「TVer」「Gyao!」動画をダウンロードする「Chrome」「FireFox」の拡張機能-現在は「Ant Download Manager」が有効のよう

tver-gya0-roku-001

人気の動画ストリーミングサービス「TVer」と「Gyao!」ダウンロードについては、過去様々な方法が公開されては無効化される、のイタチごっこを繰り返していますが、「ソフト型ダウンローダー」については全滅ブラウザの「拡張機能」「アドオン」として、あまりアナウンスされず細々と対応されていましたが有用とされていた「ダウンロードヘルパー」「ストリームレコーダー」でも現在、非対応の上、公式には配布されていない状態です。


現状「ストリームレコーダー」が無効なのでこの方法が有効のようですが今のうちかも知れません
そんな中、現在「Chrome」「FireFox」ブラウザの「拡張機能」として配布されているのが「Ant Download Manager」になります。

「Ant Download Manager(Chrome版)」

「Ant Downloa Manager(FireFox版)」

↓「海外語」ですが紹介動画がアップされていましたので「参考」に導入しました。



「言語」が多数選択できるのですが、「日本語」には対応されていません。
有志が「日本語化ファイル」を作成し公開してくれているので、ありがたく利用させてもらいました。



使用方法は「TVer」「Gyao!」の動画を再生すると、画面右上に「ダウンロードボタン」が表示されます。

tver-gyao-roku-003

「MP3」「MP4」と作成ファイルの選択ができますので、ここでは動画なので「MP4」をクリックします。

tver-gyao-003

取り込まれたファイルは、Windows10の場合、「PC」→「ビデオ」のフォルダに保存されます。

tver-gyao-roku-002

↑汎用の「VLCプレイヤー」で再生してみました。MP4ファイルなので、Windows標準搭載の「映画&テレビ」「Windows Media Player」でも当然のように再生が可能です。

tver-gya0-roku-005

厳密には「ソフト型ダウンローダー」がバックグラウンドで動作していて「ブラウザ上で操作している」仕組みになっています。

ただし、現状でも「YouTube」動画はほとんど不可であったり、「TVer」「Gyao!」動画も一部しか対応しておらず、他の「拡張機能」同様、いずれダウンロードできなくなる可能性も大ですので、保存できるうちにダウンロードしておいたほうが良いかも知れません。

このような問題はあるものの、他の動画サイト(海外サイト)にはかなり対応されているようなので、心配なサイトの登録をしなくてもダウンロードできる場合もありそうですが、あくまで「自己責任」で試してみる価値はあるかも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「4Kテレビ」番組録画-現在有効だといわれている情報

「4Kテレビ」番組録画-現在有効だといわれている情報

4k-geo-002

「4Kテレビ」関連の機器など、出揃ってきた感がありますが、こと「録画」に関しては、2011年「地デジ化」時同様、各メーカー共にあまりアナウンスがなされていないような印象を受けます。

各社「外付けHDD」での録画を推奨しているようですが「ムーブ」に対応できるか「微妙」
2020年1月現在、一番確実と言われているのが「ブルーレイドライブ」「録画用HDD内蔵」のモデル「操作性、画質」とも、それぞれ別に用意するより便利、コスパ良し、とされてはいますが・・・。

確かに「便利」ではありますが、こうしたテレビだと、テレビ内で「完結」してしまうので、テレビ自体が「不具合」にあってしまった場合、保存した「録画データ」も一緒に無くなってしまうのは「内蔵HDD」ならではの宿命と言えそうです。

また、物理的に「データの移動が不可」構造的に「HDDの寿命は平均10年」という問題がある事実は、販売の際、説明されないケースがほとんどのようです。

4K-rokuga-001

そこで、「録画」した番組を「HDR対応ブルーレイディスク」に「ムーブ」して保存したいという向きには、外付け「HDR/4K対応BDレコーダー」を別途購入するという方法もありますが、「非常に高価で、もう一台テレビが買える」価格設定なので躊躇するところと、録画したディスクが他の「BDプレイヤー」やPC用の「外付けブルーレイプレイヤー」では「読み込み・再生が不可」なケースが多いという声が聞かれます。

この辺、デジタル化時に、各社の製品開発時に技術的検証、連携をあえて避け、自社で囲い込みたいという事情があるのかなと勘ぐってしまう所以のようです。


また「各社のテレビで推奨」している「外付けHDD」も価格がこなれてきているようですがなぜか「4K録画対応」と表記されている製品の多くが、他のテレビ、PCではデ-タの読み込みができない「SeeQVault」非対応のモデルが目立つところ。

これだと、テレビを買い替えた際、HDDの設定をリセットしなければならないので「番組の引継ぎ」が事実上不可であることも注意すべき点です。

4K-rokuga-002

この辺、「テレビ局」や「テレビメーカー」が示し合わせているのでは、と感じざるを得ませんが・・・。



4K-rokuga-003

また、「ケーブルテレビ」利用で視聴の際「スマートBOX」など外付け機器をかませる場合、さらに「録画」機能に「差」があるようなので、録画機器購入の際には事前に「可否確認」をしておいたほうが無難でしょう。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Googleアシスタント」アプリで「翻訳機」代わりになるのか

「Googleアシスタント」アプリで「翻訳機」代わりになるのか

f94ca0c2c17f5a17de8e14414ef064f6_s


2019年12月より「Googleアシスタント」「通訳機能」がスマホアプリで使えるようになりました。

これが「無料アプリ」ながら非常に良い出来との評判のようです。
国内での使用であれば、とりあえずこの機能でも何とかなりそうです
「Android端末」であれば「最新OS」なら標準機能として搭載されていますが、以前のバージョン、また「iPhone」など「iOs」についてもそれぞれ「Playストア」「Appストア」からダウンロードする事ができます。


Google Play で手に入れよう
「Android」「iPhone」ともインストールして起動すればどちらも使い方は同様です。

g-as-001

アプリを立ち上げ「マイクアイコン」をタップし、「OK グーグル 通訳して」と話しかけると「はい、何語に訳しますか?」と聞いてくるので「英語」「中国語」「スペイン語」などと指定します。

現状「44か国語」に対応しているとの事ですが、個人で一般的な海外旅行に出る程度であれば、ほぼ間に合うであろうという印象です。

ただし、注意点としては「通訳」ではなく「翻訳して」と話しかけると「Googe翻訳アプリ」が立ち上がり「別」の操作になってしまいます。


g-as-002

あとの操作は簡単で、「マイクボタン」を押して話しかけるとすぐさま翻訳してくれます。

画面で文字を表示しながらの操作なので、日本語を話した時点で正しく認識されているかを確認しながら使用できるのも思いのほか便利です。


g-as-003

イメージ的に「ホテルのフロント」「買い物中」でのやりとりなどとても役立ちそうです。


g-as-004

特筆すべき点は、相手の言葉も認識してくれるというところで、たとえば「英語」でスマホに話しかけてもらえば今度は「日本語」で返してくれるので、まさに「翻訳機代わり」として機能してくれます。




面白い使い方としては、スマートスピーカー「Google Home」で利用すると、スマホよりもマイク、スピーカーが優れているので、普通に会話する感覚で「通訳」してくれますお店や会社などに一台設置しておけば「通訳いらず」でコミュニケーションが取れそうです。

ただ、この機能も「WiFi」など国内の通信環境下では確かに便利なのですが、「海外旅行」先など「通信環境がままならないとき」など、「専用端末」がやはり頼りになるのかも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

じつは店員さんもよくわかっていない「4Kテレビ」の受信方法ー「ケーブルテレビ」

じつは店員さんもよくわかっていない「4Kテレビ」の受信方法ー「ケーブルテレビ」

4k-catv-000

「配線」「設置工事」などすべておまかせできる上、2011年の「地デジ化」の際、対応している建物であれば、大がかりな工事が必要なく「4K・8K」対応できるのが「ケーブルテレビ」の利点なのですが、それだけの利点しか「説明しない」いや「説明できるだけの知識をもった営業さんが少ない」、家電量販店の販売員さんによっては「仕組みさえわかっていない」ケースが目立つのが「ケーブルテレビ」による受信方法。

あとあと「トラブルにならないため」のケーブルテレビならではの注意点をみてみましょう。


一番手っ取り早い方法なのは確かですが「録画」の可否をよく確認したほうが良いでしょう
「ケーブルテレビ(CATV)」というのは屋根の上にアンテナを立てずに「光ファイバーと同軸ケーブルのハイブリッド回線」で宅内に「有線で引き込む方法」のひとつで、現在は「au」「J:COM」「JCN」などほとんどの「元電鉄系の業者」を傘下に治め全国展開されています。


特徴としては、「4K/8Kチューナー」は、月々レンタルされる「スマートTVBOX」なる「STB(セット・トップ・ボックス)」を介して視聴する形式なので「チューナー非搭載の4Kテレビ」でも自分で用意する必要がない、というのが「売り」なのですが・・・。


4k-catv-001


↓(実物ではありませんがこんな感じな外付けチューナー)韓国メーカー製がほとんどのようです。

PIXELA(ピクセラ) Smart Box 4K HDR対応(KSTB5043)ここで見落としがちになるのが、あくまで「ケーブルテレビ」による「テレビ信号」は「トランスモジュレーション形式」と呼ばれる、前述の「スマートTVBOX」に内蔵しているチューナーからでしか受信できない信号のため、仮にテレビ自体や「BDレコーダー」が「4K/8Kチューナー内蔵」であってもその機能が使えない仕組みです。

そこで問題になってくるのが、「番組の録画」問題。

この辺、テレビ・レコーダーのメーカー、機種によっても「録画対応しているか、検証、保証もされていない」というのが現状のようです。テレビの「デジタル化」時にも問題ななりましたが「メーカーごとの相性」も未だ解決されていないまま、「4K・8K」時代に入ってしまったようです。

この問題「訪問営業」「量販店店員さん」だと質問してもほぼ解決されるケースは少ない印象です。



現在、一番この辺の情報を持っているのが、営業さんや「営業所」ではなく、「コールセンター」の「テクニカルサポート窓口(会社によって名称は異なる)」のようなので、契約する前や、これからテレビ、レコーダーを購入しようというのであれば「コールセンター」に相談してからのほうが良いかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク