「Windows7」サポート終了について必要なこと

win7-last-000

Microsoftによる「Windows7」のサポートが「2020年1月14日」にいよいよ正式終了、とカウントダウンが始まっていますが、「個人ユーザー」はほとんど「Windows10」への移行が済んでいるらしいのですが、お仕事用に会社などで使われているPCでは「WindowsXP」のときと同様、移行がなかなか進んでいないのが現状という声もあるようです。

私自身、商売上、付き合いのある会社では「XP」どころか「2000」がいまだ現役で使用しているところもあり、他人事ながら「ウィルス感染」や「情報漏洩」の問題が絶えないのも、こうした「知識が徹底していない」のも原因かも知れないと思わざるをえません。
経験上「Win7&8.1」から「Win10」にアップグレードすると様々な問題もでてきているようですので思い切って「新品」に買い替えるのも「安心」かも
移行が完了しているPCについても元々インストールされていた「Windows7」から「Windows10」にアップグレードをしたマシンですと、定期的な「アップグレード」した際、いろいろ問題がでているケースもよく見かけます。

win7-last-001

「スペック的」には「Windows7」が動いている「メモリ4GB」ハードディスク「32GB」のPCでも「Windows10」にアップグレードできるとアナウンスされていますが、「Excel」「Word」などの「Office」製品をローカルで使う分には確かに問題ないのですが、「インターネット」に繋ぐサービスでは「上書きインストール」されたマシンは「新品」や「クリーンインストール」されたマシンに比べある一部の外国製SNSを導入すると「ハードディスクが 壊れた」り「ブラウザが書き換えられた」という相談も増えてきています。



この問題ばかりは、PCと「ソフト」の相性としかメーカー側も答えられないようで、この際、新しいPCに買い替えたほうが、あとあとストレスなく「利用し続ける」事ができそうな印象があります。

↓2019年度急速に販売台数が伸びたと言われている「サーフェス」シリーズ。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

どうせ新しく購入するなら、ネット動画最近主流になりつつある「4K画質」化しているので、「メモリも最低8GB」「対応ディスプレイ」モデルにしておいたほうがあとあと後悔しないで済むかも知れません。




新品といっても価格はそれぞれですが、「Microsoft Office」にこだわらない「Office非搭載モデル」であれば「数万円」で入手できる場合もあるのでチェックしておくのも今のうちでしょう。

東芝ダイレクト



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村