「YouTube Premium」契約する前に-うっとうしい「再生前広告」をカットするブラウザの拡張機能「Enhancer」

yt-cmcut-000

「うっとうしい再生前広告がなくすぐ再生される」というのが「YouTube Premium」の「売り」ですが、感覚とした決して「完全に」ではないものの、「Chrome」「FireFox」ブラウザの「拡張機能」「アドオン」として「Enhancer」が公開されており、実質「無料」で近い環境で実際使用できるか検証してみた感想を報告します。
「完全にカット」とは言い切れませんが、「Chromecast」「FireTV」を通せばテレビの視聴でも快適です
↓「Chrome」ブラウザ版「Chromeストア」から入手するようになります。


↑上記の「ストア」から「Enhancer for YouTube」を検索、検索結果で「Chromeに追加」をクリックすれば、それぞれのブラウザに「追加」されます。

yt-cmcut-001

最初に、ブラウザの「ツールバー」のアイコンから「Enhancer for YouTube」のボタンをクリックして「設定」を行う必要があります。

そこから「プレーヤー」の項目を探します。

そこで、「広告を自動的に削除する」「注釈を自動的に削除する」左側のチェックボックスを「オン」にして、下にスクロールして「保存」をクリックすれば設定は完了です。

あとは通常通り「YouTube」を再生すれば、再生前に数秒流れる「広告」をカットする事ができるようになるのですが・・・。

検証してみると、「すぐ消えるものの広告が一瞬表示」されたり、再生前途中に挟まれた「広告」の再生が始まるケースも確認できました。

yt-cmcut-002
なお、「途中広告の再生」に関しては「Ctrl」+「Del」「ショートカットキー」操作ですぐ消えるようですが・・・。

ただし、こうした「拡張機能」」「アドオン」についてはYouTubeを管理している「Google」の「さじ加減」のようなので「Premium」加入者増を目指す側としては何としても「無効化」に向かう可能性はあるかも知れません。

なお、テレビキャストデバイス「Chromecast」でPCのブラウザ上から「キャスト」すると「PC画面をキャスト」するため、PCのタブと同じように再生されるようです。

また「因果関係」は確認できません「FireTV」の内蔵アプリからでも「PCと同じアカウント」で使用すると「再生前広告」が非表示になる場合もあるようですが、理由は不明です。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村