「ひかり電話」「ケーブルプラス」は「盗聴」されにくいと言われていますが・・・

touchouki

「ひかり電話」プロバイダの仕事にかかわっていた数年前に訪問した顧客宅(個人事務所)で、「電話が盗聴されている」という苦情に対応した事があります。

ただ、当時の話なので現在、違う手口が出回っている可能性もあるので、古い情報かも知れませんのでご承知おきを。
怪しい?「通販」で入手できる「電話盗聴器」は「NTTメタル回線向け」がほとんどなので「ひかり電話」「ケーブルプラス」には非対応とは言われていますが・・・
状況としては、「ひかり電話」の一種で「光ファイバー」ではなく「同軸ケーブル」に「eMTA」という端末からモジュラーでつながった「ケーブルプラス」で端末がお客様手持ちの「コードレス電話機」。

通話内容が「SNS」で晒されているという事で、お客様自身で電話機自体を買い替えられ、「盗聴器発見業者」に宅内を確認してもらったが盗聴器等発見されず、「屋外の回線上で盗聴されているのではと言われたのでなんとかしろ!」というもの。

念のために「技術スタッフ」と同行し、「テクニカルサポート」と連絡をとりあいながら再度確認することに・・・。

あらかじめ調べておいた「外部からの盗聴方法」として、個人レベルで、秋葉原や一部の「ネット通販」で入手できる「電話線にかませる盗聴可能な機器」は「NTTのメタル回線(アナログ)」用のもので、「宅内→幹線間同軸ケーブル」+「幹線→電話網光ファイバー」のデジタル経路では「盗聴不可能」とされています。

ただし、「政府機関」「捜査機関」では可能かも知れませんが、とんでもなく「高価」なものらしいので、とても「個人の誹謗中傷」に使うレベルのものでもなさそうです。

ちなみに、いかに回線が「盗聴しにくい構造」であったとしても「コードレス電話機」の「親機と子機」の通信がアナログ電波がほとんどなので、そこを「盗聴」される可能性も注意しなければなりません。

  

あくまで「個人的見解」なのですが「お客様」自身「被害者妄想が強い」「人間不信」感のある方に思われたので、おそらく「盗聴器発見業者」を信じ切ってしまっているかなとも見受けられましたので「深追い」はしませんでしたが「単なる勘違い」であってほしいと感じます。

気になる「その後」このお客様、何故だか「盗聴リスク」の高い「NTTのメタル回線」に変更されましたが、「誰かに騙されている」のかなあ、とあとあと心配になりましたが、もう「お客様」ではありませんので、今度の「通信業者さん」も同じ思いをするのであろうと、要らぬ心配をしたものです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村