「宅内WiFi環境」で「Windows10」のみ動作が遅くなったときに試してみた事

win10-osoi-000

政府による「テレワーク推奨」で、平日の昼間でも「ネット接続」している方が多いらしく、とくに「WindowsPC」「マウスカースルが止まった」「画面がフリーズ」「データのダウンロード・アップデートが進まない」など、政府の思惑に対して「別の問題」も出てきているようです。



個人的にとくに感じるのが、「Androidスマホ」「iPad」では問題ないのですが、「PCによる動画再生」が↓下記のように「ストリーミング遅延」になる状態頻繁に起こっています。

別に動画を見るだけなら「FireTV」「Chromecast」は問題なく再生できるのでいいのですが、「Officeファイル」のやり取りなど、1度PCがフリーズしてしまう「電源から入れなおす」しかない状態なのでけっこう面倒です。

win10-osoi-001

正直「劇的」な変化は望めませんが幾分「確実に処理能力」がましになった印象です
「Windows」「7」までは、こうした状態の際、動作を軽くできる「クラシックモード」にする、という手法が使えたのですが、「Windows10」にはこの機能が「削除」されています。

しかし、このままでは仕事にならないので、いろいろ検索してみたところ、「パフォーマンスの設定を変更する」という手法を紹介されているサイトがあり、「検証」してみました。

「パフォーマンスの設定変更」
はまず「エクスプローラー」から「PC」を「右クリック」→「プロパティ」→「システムの詳細設定」と進みます。

win10-osoi-002

「システムプロパティ」内の「パフォーマンス」の「設定」をクリック。


win10-osoi-003

デフォルトの設定ではあらかじめ「コンピュータに応じて最適なものを自動的に選択する(L)」になっていますが・・・

win10-osoi-004

ここを「パフォーマンスを優先にする(P)」に変更をチェックすると・・・。

動作の遅くなる原因の「画面の最適化」から「パフォーマンス優先」の設定に切り替わります。

win10-osoi-005

ただ、弊害として「画面の文字フォントが粗く」なり、「WindowsXP以前の画面のよう」になってしまいます。

また、実際のところ、特段変化したようにはとても感じられませんが、確かに「フリーズ」や「遅延」も幾分ですが解消されたようには感じます

この辺り、PCの「スペック」や「ネットワーク回線」に大きく依存しているケースもあるので、とりあえず「自分のPCで設定できる」のはこんなものなのでしょう。

「テレワーク」が予想以上に進んでいるのと「Zoom」「Teems」など「オンラインリモートシステム」が動画以上にリソースを使う結果、このような事態を招いている原因のようです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村