「定額給付金」で購入した「Roomba(ルンバ)」の使用感

roomba-000

今まであまり意識していなかった「掃除機」の分野の製品ですが「定額給付金」が入金されたので「モノは試し」と、一番廉価版ですがまぎれもない本家「iRobot」の「Roomba(ルンバ)」を購入してみました。

ちなみに本家「iRoboto」以外にも似たような「ロボット掃除機」は存在しますが、この「ルンバ」の技術は「特許」を取っているので、他社製のものとは違う「独自」の技術が使われているとの事です。

ルンバ 606 アイロボット ロボット掃除機 高速応答プロセスiAdapt搭載 ゴミ検知センサー 自動充電 ペットの毛 フローリング 畳にも ブラック R606060
by カエレバ
この技術とは「亡父」が設計にかかわっていたらしい「自走地雷」という兵器に使われているものとの事ですが、何せ関係した本人が「他界」しているので定かではありませんが・・・。
思ったより「駆動音」「吸引力」は気になるかも知れませんが、ルートを覚えたり、自分で充電しに行くなど「お利口さん掃除機」なのは確かです
roomba-001

「iRobot」自体はアメリカの会社ですが生産は「中国製」のようです。

roomba-002

↓この製品は「海外メーカー」でありがちな「多国語取説」ではなく、きちんとした「日本向け仕様」となっており、その違いだけでもけっこう「ありがたみ」がある印象です。

roomba-003

使い始めの1~3日間ほどは、「ルートを覚えるため」か、あちこちぶつかりまくってたり、思いっきりぶつかると、「位置を見失ったかのように停止」したりと「心配」になりますが、そんなときは「真ん中のボタン」を押せば、また動き出しますので大丈夫なようです。

roomba-004

使い始めは「3時間ほど充電」する必要がありますが、一度使用すると「バッテリーが切れそうになると自分で充電器に戻ってくれる」ので手間いらずではあります。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村