中古スマホを自力でSIMフリー化する方法

iphoneを持つ
SIMフリー化はショップでもやってくれるけど自分でやれば無料!

よく勘違いされる点ですが、「SIMロックの解除」は、「通信回線の解約」とは異なるまという事です。

「2年縛りがあるからまだできない」「キャリアのサービスを使いたいから解約しない」などと考える必要はありません。

仮に、SIMロックを解除したとしても、
そのままキャリアの契約を継続して利用し続けることが可能です。キャリアのメールも引き続き使えます。

という事は、SIMロック解除しても「デメリット」はあまりない、と考えればよいという事です。

SIMロックを解除しておき、じっくり検討してから他社の「MVNO」
に乗り換える時に、回線の契約解約することも可能なのです。

その間、SIMロックを解除していても保証や修理はそれまで通りに適用されるという事です。



自分で手続きする

各キャリア(docomo,au,ソフトバンク)公式サイトから自分で手続きする場合には、費用はかかりません。

店頭解約手続きを申し込んだ場合、3000円(税抜)手数料がかかる上、契約や修理などと同じように、店が混んでいるとかなり待たされる可能性もあります。


ただし、契約しているキャリア以外のSIMカードが必要になります。これから利用しようとしている格安SIMなどのSIMカードが必要になります。

格安SIM乗り換えようと思っている人は、先に手続きを済ませてSIMカードを用意しておく必要があります


各キャリアのSIMフリー化の案内ページ

格安SIM導入の紹介している動画をシェアしました。



「iPhone」の場合には別のSIMカードを持っていなくても、いったん「iPhoneを消去」初期化)することで利用可能ですが、時間もかかるので現実的ではないでしょう。

MVNOのSIMを持っていないのにSIMロックの解除をしておきたいという人は、店頭で申し込むのが無難です。


ゲオのスマートフォン買取サイト「Smarket(スマーケット)」





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村