RADIKOのタイムフリー配信を録音する

Androidアプリも便利ですが・・・
サイマル放送の代表格、「Radiko」「プレミアム」サービスを契約する事なく便利に聴取、録音できるアプリですが、ここ最近、録音が上手くできないケースがでできました。

Doragaji000




ここのところ、一部の「コミュニティFM」の聴取が不可になったり、予約通りの録音ができないケースが増えてきました。

まあ、無料アプリなので、改善を待つしかないので、他の手段を探してみました。


「どがらじ」というフリーソフトが便利
とあるまとめサイトでこの「フリーソフト」を発見!。

早速、試してみます。

Doragaji001


「どらがじ」をダウンロード(Windows)

Doragaji002

多分、国産のソフトだと思われるので、余計なソフトのバンドルもなく、簡単にインストールは完了します。

Doragaji003

「スタートメニュー」「デスクトップ」「ショートカットアイコン」が表示されますので、クリックすると、上の画面のようにソフトが起動します。

Doragaji004
「Radiko」「タイムフリー」を開くには、真ん中の「ラジオ」をクリック。


Doragaji005

放送の「日付」を選んで、「タイムフリー録音」クリック


Doragaji006

「録音」したい番組の右の「時計マーク」クリックすると、番組のダウンロードが始まります。

20171209-001

ダウンロードが終了すると、「ラジオライブラリ」に格納されます。

番組をクリックすると、PC上で再生する事ができます。

番組名右の「コピー」クリックして、保存する事ができます。

「音楽プレイヤー」
で再生するために「MP3」ファイルを選びます。

変換が終わるまで、しばらく時間がかかります

クラウドで番組転送
録音した番組を、スマホで聴くためには、かつては、「MicroSDカード」に移し替える、という方法を使っていましたが、最近は「Amazon Drive」というクラウドストレージを利用しています。





アマゾンプライム会員なら「会員特典」で追加料金なしで聴き放題です。



980円(税抜/月)のところ、プライム会員なら、780円(税抜/月)でさらに充実した音楽サブスプリクションサービスを受けられます。



「Amazon Drive」を開いた状態で、録音したファイル「コピー」すればクラウドストレージへのアップロードが完了します。

クラウドからスマホ端末へファイル移動
クラウドスマホ内のストレージ、SD領域のファイル移動には「X-plore」というアプリを利用すると簡単です。

Doragaji009


このアプリ「直感」で操作できるので、移動したいファイルにチェックを入れて「メニュー」「コピー」タップするだけで、ストレージ間のファイル移動が簡単に行えます。

20171209-144223

スマホ「MP3プレイヤー」で、音楽を聴く時と同じ感覚で使用できます。

20171209-144329




このソフトで以上の機能を使うためには、Windows環境のPCが必要ですが、Androidアプリの時に比べて、ほぼ完璧に番組が再生できますので、概ね満足しています。

ちなみに、「Radiko」「タイムフリー」には、3時間まで、という制約があるのですが、この方法を使えば、4時間ぶっ通しの番組も、「2時間ごとに分割」してダウンロードされて、連続して聴く事が可能なところも気に入っています。











家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村