ドンキのPB「情熱価格」から4K液晶テレビが再登場

donki-4k-003


2017年に突如として登場、「各安4K液晶」の先駆けとなった、ドンキの「情熱価格」。8月の限定販売を最後に追加生産を終了アナウンスされていましたが、2018年2月に、第3弾として「50V型 ULTRAHD 4K液晶テレビ」が現在、販売されています。



しかし、今回は、他社でも同様の「4K液晶」が発売されている事をあってか、前2回の発売時と違い、店頭での在庫もあるようです。
価格据え置きでスペックアップして再登場の4K液晶TV
価格は5万4800円(税抜)と前回販売と据え置きながら、4K液晶パネルに直下型のLEDバックライトを組み合わせ、輝度向上、ソフトウェアの改善などスペックアップを図っているとの事。


donki-4k-001

前回発売時に話題になった「東芝製メインボード採用」などの噂は今回はささやかれてはいないものの、「4Kアップコンバーター」による、画質向上をPOP等でかなりアピールしているようです。

donki-4k-002

従来機同様、Wチューナーを搭載し、別売りのUSB外付けHDD対応で、「W録」にも対応。

HDMIは3系統で、うち1系統が4K再生に対応したHDMI2.0となっています。

今回の発売では、「ノジマのPB」「maxzen」などライバルも登場しているので、「ドンキの独り勝ち」とはいかない模様なので、購入するチャンスはありそうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓