写真ファイルから人物だけを切り出すー「ペイント3D」


peint0d-000

写真の中から「人物」「製品」だけを切り出したい、というケースがあります。

いろいろ、ググってみても、定番のフォトレタッチソフトの「Photoshop」「GIMP」での方法はヒットしますが、それぞれ高価であったり、高機能であるがゆえに必要ない機能が多く搭載され、更に使いこなすに難があるので、使うにはためらっておりました。

「Windows10」なら標準の「ペイント3D」である程度自動的に編集が可能です

そんな中、「Windows10」に標準で搭載されており、私には不要だとばかり思いこんでいた、「ペイント3D」で、完全な仕上がりではないものの、「直感的」な操作で、それらしい「切り取り」ができる事が、フォローしている「Twitter」タイムラインで流れていたので、試してみました。

peint0d

Windows10の標準アプリなので、「メニュー」からアクセスできます。

peint0d-001

起動して、「画像ファイル」を読み込みます。

推奨されるファイル形式「*.jpg」となっていますが、「*.png」「*.gif」でも編集が可能です。


peint0d-002

読み込んだ画像のサイズが大きい場合は、アプリ側で編集しやすいように、自動的にリサイズされます。

まず、「マジック選択」クリック

peint0d-003

青いBOX内、切り取りたい部分を調整し、「次へ」と進みます。

peint0d-004

すると、ある程度自動的に、切り取る範囲をアプリ側で提示してきます。

残りの、切り取り範囲の「追加」「削除」マウス操作で調整していきます。

peint0d-005

画像から、人物部分のみ切り取られたのが確認できます。


peint0d-006

結果はこんな感じ。

「クリップボードに保存する」ボタンはあるものの、画像ファイルとして保存する方法は確認できませんでした。


peint0d-007

「貼り付け」他のアプリ(画像では、LibreOffice Calc)に埋め込む事ができました。

それぞれのアプリで、画像の大きさ位置など調整ができると思いますので、上手く編集すると良いと思います。

より本格的に完璧な仕上がりを求めるのあれば「Photoshoto」「GIMP」使うべきでしょうが、この程度の出来でよければ、使うスキルとしては「マウスのドラッグ」「コピペ」だけなので、充分使用に耐えられる機能だと思われます。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






コメントする

名前
 
  絵文字