「LibreOffice」はMS Office代わりとなるかーテンプレート配布サイト


ビジネスシーン


私はメインの「Office」ソフトとして「LibreOffice」を前身の「Open Office.org」時代から愛用していますが、「商用製品」ではない有志による「フリーソフト」なので「ビジネステンプレート」が少なめなのは致し方ないという印象でした。
「MS Office」用のテンプレートも使えますが・・・

LibreOffice専用無料テンプレート配布サイト「ホウフリンク」

そこで、多数ある、「MS Office」用のテンプレートを利用して、あるときは「修正」して利用していましたが、「LibreOffice」テンプレートに特化したサイト発見したので、最近ではなるべくこのサイトを利用するようにしています。

ホウフリンク-001


サイト自体は、Linux系OS「ubuntu」用と明記されていますが、テンプレーファイル自体「Windows」版でも同じなので、「LibreOffice」で使用する分には問題ありませんでした。

ホウフリンク-002

「ビジネス用途」に関しては、まずまずのテンプテートのラインナップが揃っているようです。

ホウフリンク-003

ファイルの読み込みも、「MS-Word」に相当する「Writer」形式と「PDFファイル」が選択可能です。


ホウフリンク-004
利用したい「テンプレート」任意のフォルダにダウンロードして使用します。

判別しやすいように「任意のファイル名」に変更することもできます。


ホウフリンク-005

「LibreOffice Writer」で開いてみました。

これで、自分で1から作成することなく、文書を作成する事が可能です。

もちろん、項目も自分好みに変更する事が可能です。

ホウフリンク-006

保存はデフォルトでは、ワープロ統一の「*.odt」になっていますが、私の場合、別の端末で「Word」も共用したいので、「Word」「*.doc」で保存しています。

また、標準で「PDFファイル」としても出力できますので「オンラインプリント」「メール添付ファイル」には直接変換しています。

「MS Office」用のテンプレートサイト多数存在し、「LibreOffice」でも使用することも可能ですが、とくに「表計算」のテンプレートの場合、「関数」がずれていたり、「グラフの表示イメージ」が異なるケースもありますので、こうした「専用テンプレートサイト」があると安心して利用できます。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓