iOs「Safari」WebサイトをPDF化して「iBooks」で読む


Safari-pdf-004
iPhneiPadなどiOs端末には必ず入っている「iBooks」ですが、普段「Kindle」「楽天マガジン」を利用しているので、Appleで書籍を購入しない限り「無用のアプリ」だとばかり思っていましたが、「PDFリーダー」としても使えるようです。
「Safari」ブラウザならWebページを簡単にPDFファイル変換できます
iOs標準Webブラウザである「Safari」には、閲覧しているWebページを「PDF化」して、オフラインで観ることができる機能が備わっています。

Safari-pdf-001
「メニュー」を呼び出して「PDFをiBooksに保存」タップすると、今閲覧しているWebページが「PDF」ファイルとして「iCloud」に保存されます。

Safari-pdf-002

これを閲覧するには「iBooks」を立ち上げ、「iCloudを使用」タップ

Safari-pdf-003
すると、「iBooks」本棚に保存された「PDFファイル」ライブラリに表示されますので、オフラインでも閲覧が可能になるという訳です。

当然、「電子書籍リーダー」なので、「左右フリック」でページをめくるなど、非常に読みやすくなります。

今まで「PDF」ファイルタブレット端末で閲覧するためにかけていた手間は、一体何だったんだろうを思う便利機能が「Safari」に搭載されていたのを、今さらながら気付かされました。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村