「iPad」こう使ってます-電子書籍リーダーとしての愛称も抜群


iPad-book

Amazon「Kindle」「電子書籍リーダー」として特化している端末ですので、確かに使い勝手としてはダントツ優れている感があります。

価格「タブレット端末」としては、現状一番リーズナブルな印象です。



しかしながら、使用できるサービスが、Amazonおよび関連サービスのみに限られてしまいます。(特にGoogle関連は閉め出されいる様子)
「iPad」ならあらゆる「電子書籍」サービスに対応できるのが便利
定番、「Kindle」もアプリで対応

とは言え、iPadでも専用アプリダウンロードできますので「Kindle」コンテンツを購読する事が可能です。

iPad-kindle-001



iPad-kindle-002
私も最初、「Kindle」端末で、タブレットデビューしたので、両方使用してみましたが、「書籍の購入」「ライブラリの管理」など、さほど違和感なく使用できています



楽天マガジンなら雑誌読み放題

「Kindle」でも「雑誌」読み放題「Kindle Unlimited」もありますが、登録雑誌種類の多さ「専門サービス」に軍配が上がるようです。




iPad-rakuten-001



多くの「雑誌配信サービス」では、「特定のページが省略」「付録記事が見れない」「連載コミックが削除」などの制約があるものもありますが、ほとんどの内容は読書可能なのでとくに不満はないレベルと感じています。

iPad-rakuten-002

ちなみに、電子書籍媒体では、ジ◯ニーズ系タレントの写真はNGなようなので、記事自体はあるものの、画像は消されています。

とは言え、「週刊誌1冊分」の金額で、実質「読み放題」なので、かなり「お得感」があるサービスです。



「マンガアプリ」も数あれどほとんどカバー

「マンガアプリ」乱立しているがありますが、自分の好みに合わせてサービスを選べるのも「iPadアプリ」ならではの使い方ですね。



iPad-manga-001




iPad-manga-002

「新聞」も「電子版」なら処分に困りません
ネットで何でも調べられる時代ですが、社会の流れをつかめるという点では、個人的に「新聞」は奉読すべきだと思っています。

とはいえ、読み終わったあとの「新聞紙」の処理は面倒です。

定期的に引き取ってもらえます「トイレットペーパー1個」にしかなりません。


iPad-np-001

各社、「電子版」アプリを提供しているので、愛読紙を導入するという選択肢もあります。



iPad-np-002

また、しつこい勧誘人がきたとき「うちは電子版2冊取ってますから」iPadを見せて断る事にしています。(本当は1冊は無料版・・・)

これぞタブレットの醍醐味。スマホ・PCでは叶わない使い心地
もちろん、スマホPCでも利用できるサービスですが、読書に適したサイズ「めくった感」などタブレット端末一日の長があります。

(関連記事)






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村