セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

4Kテレビ

「BS4K対応チューナー」が出揃ってきているようです。






「BS4K対応チューナー」が出揃ってきているようです


4k-tuner

2019年12月1より開始された、「BS-4K放送」に対応した「外付けチューナー」が、ここのところ、
家電量販店でも、数種販売されるようになりました。

機能、使い勝手によって、実売価格も、29,800~50,000円程度ラインナップされているようですが・・・。

確かに綺麗に観れますが「コンテンツ」はいまひとつ?
「放送開始」以前は、「サードパーティー」「一部の国内メーカー」品しか販売されていませんでしたが、2019年2月現在、「4K対応テレビ」を発売しているメーカーのほとんどで、次々と出荷が始まってきているようです。

シャープ 4Kチューナー 新4K衛星放送対応 4S-C00AS1(Amazon)


パナソニック 4Kチューナー TU-BUHD100(Amazon)


SONY 4Kメディアプレーヤー (スカパー!プレミアムサービスチューナー内蔵) FMP-X7(Amazon)




ただ、「デジタルHD放送開始時」と同様個人的見解ではありますが、今「高額なチューナー」が必要なほど「4Kコンテンツが充実」しているとは言い難い印象で、「買い替え需要」としては、「Netflix」「Amazon Prime Video」などで「4Kコンテンツ」を視聴できるテレビであれば、あわてて購入するのではなく、いずれ価格がこなれてくるでしょうから、そのとき導入を考えるという手もアリでしょう。

おそらく、メーカー側も「様子見」の段階だと思われます。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






「ジェネリック4Kテレビ」が登場-楽天市場でダントツ人気の「maxzen」






「ジェネリック4Kテレビ」が登場-楽天市場でダントツ人気の「maxzen」


max-4k-000

「家電量販店」では見かける事がない、ジェネリックメーカー「maxzen」「4Kテレビ」が思いのほか「楽天市場」で「上位ランキング」を独占しているようです。

「ジェネリック」ながらも「49型」で5万円台からラインナップネット
必要な機能を「最低限にしぼったジェネリック」品ではあるものの、4K映像チップを、Pnasonic富士通の合弁「ソシオネクスト」製を採用4Kパネル世界トップシェア「LG」製を採用、この価格でありながら「地デジ・BS・110°CSのWチューナー」搭載の上、この手の「大型テレビ」の弱点でもある「音質」の良さにこだわっているようです。




さすがにこの価格帯なので「スマートテレビ機能(ネット配信など)」には対応されていないですが、「HDMI端子」が4つありますので「Chromecst」「FireTV」を接続すれば済む話。

「録画」「外付けUSB-HDD」に対応しているので、基本的な機能は充分満たされていると思われます




ほぼ、「楽天市場」など「ネット販売」なので実機を確認して購入というわけにはいきませんが、「量販店」などで同サイズの「LG製テレビ」を参考に購入を検討されても良いかも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村







「昭和」の老舗オーディオブランドが「テレビ市場」で復活






「昭和」の老舗オーディオブランドが「テレビ市場」で復活


aiwa-4k

平成も終わりに近づいて、何故か「昭和」時代に「レコード」「カセットデッキ」「オーディオシステム」等で普及していた「Aiwa」「SANSUI」「FUNAI」など、おじさん世代には懐かしいブランドが「テレビ市場」で復活してきています。
「東芝」「SHARP」など「海外売却」に対する「国産メーカー」の意地か?
個人的には「Aiwa」の「カセットボーイ」には思い入れがあって、当時世界的にトップだった、SONYの「ウォークマン」に手が届かない学生たちの持ち物の「定番」でしたよね。

そのブランドが、最新の「4Kテレビ」で復活するとは思いもよりませんでした。


同じく、1970、80年代の人気オーディオブランド「SANSUI」も、4Kではないものの「フルHD格安テレビ」で復活しました。

sansui-tv

「SANSUI」と言えば「ラジカセ」のイメージがありましたが「テレビ」売り場で、その名をしっかりと確認できました。

この2メーカーに限らず、「アイリスオーヤマ」「フナイ」など、「技術で勝って商売で失敗」している、他の国内大手メーカーとって代わりそうな「台風の目」的な存在を狙っているように感じます。



  1. 家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






10万円切りの「NEO格安4Kテレビ」が登場






10万円切りの「NEO格安4Kテレビ」が登場

4k-pix

「NEO格安テレビ」とは、「ハイセンス」や「ピクセラ」などで製造されている、従来の「格安4K」と違い「AndroidTV」に対応していたり、大手メーカーとの共同開発した「高画質エンジン」を搭載していたりと、性能の向上に意欲的な製品です。

2011年の「地デジ化」の際に購入したテレビの「買い替え」需要に注目されています。

ここに来て店頭でも40型以上は「4K」しか見かけなくなりましたね



新4K衛星放送対応チューナーを内蔵し、AndroidTVを搭載、「YouTube」などの4Kネットコンテンツも手軽に視聴できるほか、「Googleアシスタント」による音声操作も可能です。


【4Kチューナー非搭載】ながらも「高コスパ」



このクオリティであれば、40型以上のサイズであれば、もはや4Kテレビ導入を躊躇する理由はないかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村









いよいよ「4K対応チューナー」単体が店頭に並ぶようになった






いよいよ「4K対応チューナー」単体が店頭に並ぶようになった


4K-cn-px

2018年12月1日より放送が開始された「4KBS放対応チューナー」がやっと店頭に並びはじめました。
チューナー非搭載の4Kテレビを購入出した人には「朗報」ですが・・・
2018年12月初旬現在、店頭で在庫が確認されたのは、PIXERAPanasonicの2社の製品。

東芝、SHARP、SONYでも発売されているようですが、「様子見」なのか「お取り寄せ対応」のようです。

4K-cn-pa

今後、DXアンテナ、IODATA、マスプロなども順次発売の予告がされています。


さすが「専用機」なだけあって、各社、BS4Kだけではなく、「AndroidTV」も搭載されており、「Netflix」「Prime Video」などにも対応しているのもうれしい機能です。

4Kパネルだけの「格安4Kテレビ」をいち早く購入した人には、待ちに待った製品かも知れません。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村








スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...