セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

4Kテレビ

「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由-「4K放送だけ画面が暗い?」



「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由-「4K放送だけ画面が暗い?」

IMG_20190820_115215

2019年8月19日の「朝日新聞」で、「4K放送 画面暗い?」という記事が掲載されましたが、2018年の「格安4Kテレビ発売ラッシュ」時から指摘されていた問題が、「4Kテレビ」の普及で一気に露呈してきたものかも知れません。




現在、不満の多くが、「地デジ、BS の2K-フルHD の番組は非常に綺麗だが、4K番組にすると途端に画面が暗くなる」という声
2019年8月現在「メーカー」や「機種」によって、見えかたに差があるようです
記事では、販売を急ぐあまり、プロ用の「マスターモニター」で編集された映像に対し、家庭用テレビのコスト面から大きく下回る「画像再現力不足」な製品でうまく再現できない、などが「要因」とされているのでは、とあるようです。

つまり、「作り手」が見ている元映像に対し、テレビが「力不足」ということらしい。

また「液晶バックライト」の性能が上がって従来の3~5倍ほど明るくなり、結果2KフルHD放送がより明るくなったことにより、相対的に「4K放送」がより暗く見える要因である可能性がある、という何とも皮肉な状況のようです。

この辺り、発売当初の「液晶テレビの画像遅延」や「テレビとチューナーとの相性」など、アナログ時代では起きなかった問題は「デジタル家電」普及時の課題と言えるようです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由-初期の「格安4Kテレビ」に多い評判



「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由-初期の「格安4Kテレビ」に多い評判

4K-hd-002

2019年8月19日の「朝日新聞」で、「4K放送 画面暗い?」という記事が掲載されましたが、2018年の「格安4Kテレビ発売ラッシュ」時から指摘されていた問題が、「4Kテレビ」の普及で一気に露呈してきたものかも知れません。




輝度(画面の明るさ)など「コスト面に課題?」という指摘も
当時発売されていた「格安4K」モデルのテレビを購入した人の意見として、「4K番組は確かに綺麗だが、地デジ、BS コンテンツの輝度が白っぽく粗い感じがする」というもの


これは、コスト面の問題で、「4K画質」には対応しているものの、「地デジ、BS のアップコンバート」機能が省略されている製品も少なからず販売されていたという噂。
ちなみに、修理を依頼しても「仕様ですから」と「画面交換」等に応じてくれないケースもわりとあるとの話でしたが、その後生産された製品についてはあまりそういう話は出てこないようなので、その辺、解決した製品が出回っている、という事でしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由-配信側の事情



「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由-配信側の事情

4K-hd-001

2019年8月19日の「朝日新聞」で、「4K放送 画面暗い?」という記事が掲載されましたが、2018年の「格安4Kテレビ発売ラッシュ」時から指摘されていた問題が、「4Kテレビ」の普及で一気に露呈してきたものかも知れません。




放送の急ごしらえが影響?2020年に向けての勇み足が横行との声も
一口に「4K映像コンテンツ」といっても、現状「2通り」の方式があり、「YouTube 」「Netflix」「Amazon プライムビデオ」「NHK BS4K」の多くのコンテンツのように「4K用のカメラ機材」で製作したものと、ほとんどの「民放BS  4K」の番組で放送されている「2KフルHDカメラ機材」で撮影したものを「4K画質にアップコンバート」した番組を配信しているコンテンツの2種類があります。
後者が「画面が暗い」原因と言われていますが、民放の場合、途中に挟み込まれる「CM」が「2K」画質のため、画質を統一することができず、結果「4K番組だけ画面が暗くなる」というのが理由のようです。

この辺り、「地デジ化時」のSD→HDアップコンバート同様、画質が一定化するのにしばらく時間がかかるかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「4K非対応テレビ」でも「4Kコンテンツ」を視聴できるのか



「4K非対応テレビ」でも「4Kコンテンツ」を視聴できるのか

4k-hd-000

2020年の「東京オリンピック」を控えてか、現在店頭に並んでいるテレビのほとんどが「4K対応」「4Kチューナー内蔵」になりつつありますが、こうしたコンテンツは「対応機種」がないと観られないか?。

現在使用している「4K非対応」のテレビで「検証」してみました。

4K-hd-001

残念ながら、NHKを始めとする「BS/110°S衛星」を利用したチャンネルは、「4Kチューナー」が必須のようです。
「BS右」旋」のNHK・民放チャンネルはチューナーが必要ですが、「ネット配信動画」なら観れる場合も
しかしながら、「YouTube」「Netfllix」「Amazonプライムビデオ」を始めとする「ネット配信動画」については、「ネット対応テレビ」または、「FireTV」「Chromecast」などの「STB」「ドングル」を追加接続する事によって「4K画質ではないものの、とりあえず番組を視聴する」事だけはできるようです。

4K-hd-002

↑2009年製の、SHARP「AQUOS」で「YouTube」の「4K動画」を視聴する



「4Kコンテンツ」自体は、「YouTube」の「検索窓」で「4K 」と入力すれば、けっこうな本数ヒットします。

4K-hd-003

↑同じ「4K動画」を「iPad」で再生してみました。



「Netfllix」「Amazonプライムビデオ」の場合は主に「映画作品」がメインになりますが、普通に選択できるようになっていますので、特に何の操作を必要なく、「再生」するだけで視聴する事ができます。

4K-hd-004

ただし、テレビ側は、あくまでも「4K非対応」なら当然「HD画質」になってしまいますが、元が「4K用」に作られた「素材」なので、若干「キレイ」な感じはします。

この辺「個人の感覚」になるかとは思いますが、テレビ側の「アップコンバーター機能」次第かも知れません。


「ネット配信対応テレビ」も主流になりつつありますが、ほとんどの機種で「YouTube」と「Netflix」には対応しているものの、何故か「Amazonプライムビデオ」に対応しているものは少数派のようなので、「FireTV」は持っておくと便利でしょう。

新登場 Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属
by カエレバ


「Amazon」と「Google」との和解から今後「対応アプリ」が公開されると思いますが、2019年7月時点ではまだのようです。

とりあえず、非公認ながら↓の方法もありますが・・・。

Google Chromecast Ultra
by カエレバ




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

これから「テレビ購入」する際に知っておきたい知識-「パネルサイズ」について



これから「テレビ購入」する際に知っておきたい知識-「パネルサイズ」について

eki-tv

現在、市販されている「液晶テレビ」「有機ELテレビ」は、「29V」以下のサイズの一部を除いて「フルHD(2K)」「4K」画質になっています。

今後、既存のテレビの「買い替え」「新規購入」される場合、「サイズ」「画質」で、あとあと後悔しないポイントを見てみましょう。

個人的に感じる「画質差」はあると思いますが、「32型」がサイズの境目と言われています
一般的に「家電量販店」などで販売されている「テレビ」のパネルサイズは、「19V」~「65V型」が多いと思います。

「地デジ移行時」以降、発売されたテレビ、「HD(1280X720ドット)以上」になっていますが、正直なところ、「29V型」までの、小さいサイズのテレビであれば、「フルHD」「4K」画質のコンテンツも、さほど「画質の差」は感じられない、と言われています。

個人的に「差」を感じるのは「32V型」からですが、これも「メーカー」や「ブランド」「型番」により、その差は歴然で、「4K対応」と謳っていても「フルHD・4Kアップコンバート機能」を搭載せず、「地デジ・BS」があまり綺麗でない機種があるのも事実です。

2019年7月現在、新たに購入を検討される場合、この辺を考慮せず、値段だけで判断してしまうと「あとあと後悔」しかねませんので、よく確認した方が無難でしょう。

あくまで「個人的」に待っているテレビは、メーカー問わず、パネルは「LG製4K液晶」で「43~50V」で、「4Kチューナー」は非搭載でも可、アップコンバーターには「REGZAエンジン搭載」で、「5万円台」で発売されれば、手に入れたいと思っています。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク