セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

MP3

複数の音楽ファイルを統合して1曲に編集するー「Audacity」




複数の音楽ファイルを統合して1曲に編集するー「Audacity」


Audacity-000
「Audaciy」をダウンロードする


前回、「Audacity」を利用して「MP3」ファイルカット編集を紹介しましたが、今回は生成されたファイルを「統合」して「1つの楽曲ファイル」にしてみます。


「Audacity」ならば比較的音ズレ、音質劣化しにくい印象です

Audacity-003


この手法も動画がアップされていましので、参考にさせていただきました。



正直、統合に関しては「四苦八苦」しましたが、理解に時間がかかったのが下記の2点

「トラック」→「Mix」→「新しいトラックにミックスして作成」と進む必要がある

スクリーンショット (7)


Audacity-004

「タイムシフトツール」ドラッグして、波形の最初と最後を合わせるという点。

Audacity-005

「書き出された」ファイルは下記のように出来上がっていることが「エクスプローラー」で確認できます。


Audacity-006
このファイルをいつも使用している再生アプリ「再生」してみましたが、ほんの若干ですが、「音が変化」しているような気もしますが、聞き流している分には気づかないレベルの仕上がりだと思われます。


「無料アプリ」でここまでできるのですから充分だと言えるでしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



音楽ファイルの任意の部分をカットする-「Audacity」




音楽ファイルの任意の部分をカットする-「Audacity」


Audacity-000
「Audacity」のダウンロードはこちら

MP3等、「音楽ファイル」のカット・統合など、以下の方法を利用しいましたが、「音質が少しこもって聴こえるきがする」「カットの位置の調整がなかなか思い通りにならない」など解決できない問題がありましたので、あきらめていたところ、twitterタイムラインでこのソフトがツイートされていたので試してみました。
現時点で「フリーソフト」としては満足できるレベルの印象
使用はWindows環境に限られてしまいますが、インストール自体は問題なく、余計な「同時インストール」「警告文」等はでませんのでひとまず安心です。

audacity-001

高機能であるがゆえに、設定自体は結構細かな設定が必要なので、「YouTube」にアップされていた、この動画を参考に使い方を知る事ができます。



他のフリーソフトにありがちな、「ソフト・サイト側で自動的に編集」」するのではなく、自分で設定しなければならないのがこのソフトの特徴とも言えます。

audacity-002

しかしながら、使用法をマスターしてしまえば、音質の劣化・変化もなく個人的には満足のいく出来栄えだとおもわれます。

ちなみに編集するファイルは「DropBox」「OneDrive」などクラウド上においたままでも編集できます。

ファイルのカットだけでなく、「統合」「タグ情報」の編集このソフト上で完結できるので、これから使いこなせればかなり便利な「音楽編集ソフト」になりそうです。

(関連記事)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村




Google Play MusicにMP3ファイルをアップロードする




Google Play MusicにMP3ファイルをアップロードする




g-p-m-01

私も最初は勘違いしていましたが、Google Play Music基本的に無料で利用できます。
Android端末プリインストールされており、単なる音楽プレイヤーとして「決して使いやすいとは言えない」厄介なアプリだと感じていました。

しかし、「iTunes」に劣らず、定額料金を払って定期購入すると、膨大な数の音楽MVなど、いわゆる「定額制音楽聴き放題サービス」の各機能にアクセスできるようになる事を知ったのも後になってからでした

「無料」で約5万曲アップロードして管理できるので「端末」のストレージの節約にもなります
しかしながら、定額料金を支払わなくても、Google Play Musicの真価が発揮されるのが、最大5万曲までGoogleクラウドサーバーアップロードし、各種デバイスでストリーミング再生できる機能無料で使えるという点。

一般的に手持ちの音源を全てアップロードしても
万曲に到達することはないため、実質的無制限音楽用クラウドストレージを手に入れたも同然です。

スマホ内ストレージに音楽ファイルを保存しておかなくても楽曲を楽しめるを聴けるため、「microSD」に対応していない、端末内部ストレージの
容量節約にもなります。

必要に応じて音楽をダウンロードし、オフライン再生するというスタイルもとれます。

g-p-m-02
ただし、「MP3ファイル」など音楽ファイルをアップロードするには、スマホ端末からではなく、PC環境が必要です。

GoogleIDGooglePlay Musicログインすると、基本的に「ミュージック」フォルダにある楽曲は自動的にGooglePlay Musicのクラウドにアップロードされるようですが、「音楽取り込みソフト」「ダウンロードサイト」によっては、独自のフォルダに楽曲が保存されてしまうケースもあるので、その場合は、手動でアップロードする必要があります。


g-p-m-03

アップロードしたい楽曲「フォルダ」または「ファイル」毎に「ドラッグ&ドロップ」すると、クラウドに追加する事ができます。


g-p-m-04
「MP3」など音楽ファイルは容量が大きいので、少々アップロードに時間がかかります。


g-p-m-05
選択したアルバムジャケット画像が表示されました。

g-p-m-06
ジャケット画像クリックしてみると、アルバムが無事アップロードできている事が確認できました。

これで、手持ちの端末に依存することなく、楽曲を管理する事が可能になりました。

ちなみに私は、メインのスマホの「microSD」に全ての楽曲を保存していましたので、1度PCにコピーしてからアップロードする事になりましたが、今後は必要な都度ダウンロードすれば良いので「楽曲管理」が1箇所で済むのは楽になりそうです。


【Chromecast】対応のサービスです
スマホ・タブレット用のサービスですが、大画面テレビで視聴する事ができます。

おっとも、歌詞が表示される分けでもなく、ジャケット画像が映し出されるだけですが・・・。

スマホ・タブレットがリモコンになります。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



音楽プレイリストを作るーGoogle Play Music




音楽プレイリストを作るーGoogle Play Music

g-p-m-000

「音楽プレイリスト」も使ってみると結構便利です。




「iTunes」「Google Play Music」など音楽プレイヤーアプリの多くが「プレイリスト再生」前提に構成されているようです。



しかしながら、私の愛用しているアプリ「プレイリスト」が度々消失してしまう事があり、お気に入りのアプリではありましたが、今回「プレイリスト」が無効になってしまったのを機に「Google Play Music」に切り替えてみました。

「Googl Play Music」アプリは侮れません



「Google Play Music」「プレイリスト」を作成するためには、PC環境が必要ですが、Windows、Mac,Linux(ubuntuなど)「Crhome」インストールされている必要があります。

g-p-m-001

「Googleアカウント」ログインすれば、プレイリスト情報他の端末に同期されます。


g-p-m-002

ただ、気になるのは「アルバム」の情報が分割されてしまうのは「iTunes」同様です。

海外製のプレイヤーアプリだと「日本版」は正しく表示されない気がします。
g-p-m-003

「プレイリスト」を作成するには、この部分をクリックします。
g-p-m-004

「プレイリスト」タイトルを入力して「作成」に進みます。

g-p-m-005


「楽曲の追加」はスマホからでもOK

PCで作成した「プレイリスト」は同じIDでログインしたスマホ等端末のアプリ「プレイリスト」を選択すると、表示されます。


g-p-m-006

「楽曲」の追加は、各画面から曲を表示、右横の「︙」をタップ「プレイリストに追加」と進みます。

g-p-m-007

追加したい「プレイリスト」タップすれば楽曲がリストの一番最後に追加されます。

g-p-m-008


g-p-m-010

リストの曲順は変更できますので、お好みに並べ替えて楽しむ事が可能です。

g-p-m-011


Android端末の「オマケ機能」だとばかり思い込んでいたアプリですが、実際使用してみると「音質」も結構良い方だと感じられます。

「プレイリスト」中心に利用するという前提であれば非常に満足できるアプリだと思われます。
【Chromecast】対応のサービスです
スマホ・タブレット用のサービスですが、大画面テレビで視聴する事ができます。

とはいうものの、テレビ画面に歌詞が表示される分けでもなく、「ジャケット画像」が表示されるだけですが・・・。

スマホ・タブレットがリモコンになります。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村




「Music Bee」ーアートワークとタグ情報を編集する




「Music Bee」ーアートワークとタグ情報を編集する


m-b--004

「WinAMP」「iTunes」など色々と音楽再生・編集ソフトを利用してきましたが、今現在最も満足のいく機能だと思われるのがこのソフトです。


「Music Bee」の利用方法はこちらの記事を参考にして下さい↓。
「タグ情報」が不足している「MP3」ファイルの編集も可能です
多くのPC用取り込みソフトであれば、結構楽曲の「タグ情報」を読み込んでくれますが、「変換のできるハード機器」の場合、取り込んだ楽曲が「オーディオ1~」「ファイル2~」のような表示になってしまうことがあります。

そこで、取り込んだファイルをPCに取り込んで「Music Bee」で編集するという方法もあります。

m-b-001

任意のフォルダに入っている楽曲クリックして選択。

「ファイル名」「楽曲名」「アーチスト名」「アルバム」「ジャンル」など、それぞれの箇所をクリックすることにより、「タグ情報」の変更が可能です。

m-b-002

ダブルクリックすることによって、1曲ずつ編集することもできます。

「アートワーク」もネット上のあらゆるサイトから探し出してくれます
「Music Bee」が他のソフトと違う点は、「アートワーク」「iTunes」だけでなく、「Google」「fanart.tv」「last.fm」などさまざまなサイトから読み込んでくるので、割りと見つけて来てくれる感じです。

m-b-005

お国によっては、宗教上の理由などからジャケット画像が違うケースがある場合があるのを確認できます。

また、同じ様なジャケットでも「jp」「us」「uk」版と選択できるケースもあります。


m-b--003

自分だけの「プレイリスト」や「ベスト集」など、自分で作成した「画像ファイル」アートワークに貼り付けることも可能です。


「Music Bee」「MP3」に関する記事






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



スポンサーリンク
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場
Amazonのおすすめガジェット





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...