セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

ノートPC

最近「日本語」の精度がダントツとの評判の「翻訳サービス」-「DeepL」(ディープル)



最近「日本語」の精度がダントツと評判との評判の「翻訳サービス」-「DeepL」(ディープル)

deepl-000

Amazonなどで「海外製品」を購入した場合「取扱説明書の日本語がかなり怪しい」という経験をされた方も多いと思います。

これは、元来「忠文」で作成したものを「Google翻訳」や「Microsoft翻訳」を使って「日本語」にしているため「単語」「文法」が「見た目面白い文書」になってしまっているそうです。

同様のサービスとして、「DeepL(ディープル)」なる「翻訳サイト」最近「日本語に対応」され、これがかなり「精度が高い」との評判なので「試用」してみました。
いずれにしてもいくら翻訳精度が向上したと言っても肝心の「日本語読解力」がないと「意味不明」になってしまいますので「コピペ」だけですますにはまだまだでしょう
2020年4月現在、「Windows」「Mac」向けの「翻訳ソフト」は公開されているようですが「iOs」「Android」など「スマホ・タブレット」では「ブラウザ」からの使用になります。



↓「ブラウザ版」で使用してみます。

画面左側の「原文の言語」を「入力」または「コピペ」すると、右側の「訳文 日本語」欄に訳されて表示されます。

deepl-001

「入力」していくと感じるのが文字を入力すると「AIで考えながら単語が変化してゆく過程が確認」していくのが今までの翻訳サービスより進化しているように思われます。

deepl-002

「PRO」版「設定」によっては、PCソフト内の「Office」「メール」「ブラウザ」などと「連携して翻訳」できそうです、まだ試してませんが、今までの「同様のサービス」に比べれば、なるほど「自信のほどがうかがえる」のもうなずけます。

deepl-003

ただ、前提として、「翻訳精度」が上がった、と言っても、肝心の「日本語のニュアンス」「スラング」「方言」などはまだまだな印象ですので、「翻訳機能」にああだこうだとケチをつけるより「自分の日本語読解能力を高める」必要があるのが「永遠の課題」と言えそうです。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


最近量販店でコーナー化されている「モダンPC」というカテゴリーとは



最近量販店でコーナー化されている「モダンPC」というカテゴリーとは

modan-pc-000

「Windows7」サポート終了後の家電量販店のPC売り場のコーナーが「Microsoftサーフェス」「Mac」に加えて「モダンPC」なるカテゴリーのスペースが目立つようになりました。

さて、この「モダンPC」なるネーミングのいPCとは何ぞや。
Microsoftが「Winsows10」マシンの「推奨スペック」を満たしたモデル規格の総称、ですが「メガネのロゴ」はどうかな
この「モダンPC」とは、Microsoft社が「Winsows10」パソコンの「推奨スペックを満たしていると認定したPC」の総称で、とくに「目新しい」規格などではなく「安心して使用できるPC」とのことのようです。

この名を名乗るための最低限条件としてはmicrosoftプレス向けのリリースとして「デザインとパフォーマンスと速いパソコン」の総称とのことで、【デザイン】2in1のコンパーチブル、2in1デチャッタブル、オールインワン、薄さ18mm以下、極薄ベゼル、メタリックデザイン、IPSスクリーン【ストレージ】SSD、バッテリーが8時間以上。

とのはなしですが確かにこのスペックであれば快適そうですよね。




かくゆう私もこの手の「モダンPC」のひとつである「DELL」製のノートPC「アンバサダー」として2週間ほど試用していた事がありますが「メモリ12GB」「SSD512GB」もあると、「ダウンロード」「音楽編集」「動画編集」等、ストレスなく「快適に操作できる」レベルであることは確認済みです。



modan-pc-001


Dell モバイルノートパソコン Inspiron 13 5390 Core i3 シルバー 20Q21S/Win10S/13.3FHD/4GB/128GB SSD
by カエレバ


【3/11(水)1:59までエントリーで全品ポイント10倍】 Ryzen7 16GBメモリ 512GB高速SSD 13.3型 タッチ式 HP ENVY x360 13(型番:6RH28PA-ACEM)指紋認証 ノートパソコン office付き 新品 Core i7 同等性能
by カエレバ


ASUS エイスース S531FA-BQ227T ノートパソコン VivoBook S15 コバルトブルー [15.6型 /intel Core i5 /HDD:1TB /SSD:512GB /メモリ:8GB /2019年12月モデル][S531FABQ227T]
by カエレバ



mdnpc0011

製品のスペックは良いとして、このメガネのデザインはどうかな?と思うユーザーも多いのでは?。

この辺は別として、これから新しくPCの購入を予定している向きで、予算に10万円前後の余裕がある場合や「本格的に動画に取り組みたい」人はこのMicrosoft推奨「モダンPC」「Surface」を選択するのが現状最適のような気もします。

(関連書籍)
Windows10パーフェクト大全(2019)

晋遊舎 2019年05月20日
売り上げランキング :
by ヨメレバ





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

最近TVCMで見かける「ChromeBook(クロームブック)」とは?



最近TVCMで見かける「ChromeBook(クロームブック)」とは?

chromebook-000

最近「テレビCM」放映をよく見かける「クロームブック」と言われる「低価格パソコン」「ビックカメラ」「ヨドバシカメラ」などの家電量販店でも見かけるようになりましたが、製品自体は、数年前から「学校などの教育現場」「企業向け」として「特定の使用に特化」したPCとして提供されていたものですが、低価格であれば「スマホ・タブレット」、eスポーツなど速度重視の高価格「ゲーミングPC」といった「2極化」している市場の中、「基本的な作業さえできればWinsows10じゃなくてもよい」といった、一時期流行した「ネットブック」当たりの位置づけ「低スペック・低価格パソコン」としての流通を目指しているようです。
ネット接続が前提の低価格パソコンの一種で「Windows」ではなく「GoogleChromeOS」なので中身を理解した上であれば「基本的なPCとしての機能」はありますが・・・
chromebook-001


特徴としては一見「WinsowsPC」とほぼ同じですが、「ハードスペック的に1世代前」搭載されているOSが「Google」が独自に開発した「Chrome OS」という、イメージとしては、Webブラウザの「Chrome」の中だけであらゆる「Google系アプリ」で完結されるPCで、一部スマホ・タブレットの「Andoroid用アプリ」も利用できるという、今までのPC、スマホ・タブレットの中間に当たる機種とも言えるでしょう。



製品の設計、OS・アプリの提供は「Google」が行っていますが、対応PCはネットブック時代に定評のあった「HP」「ASUS」「ACER」などのメーカーがメインで製造されているイメージです。

HP ヒューレット・パッカード HP Chromebook x360 14-da0009TU ノートパソコン 8EC15PA-AAAA [14.0型 /intel Core i5 /eMMC:64GB /メモリ:8GB /2019年10月モデル][14インチ 新品 クロームブック][8EC15PAAAAA]
by カエレバ

ASUS 10.1型タッチ対応ノートPC[Chrome OS] Chromebook Flip C101PA−OP1(2017年10月モデル)
by カエレバ

ACER エイサー CB315-3H-F14N/E ノートパソコン Chromebook 315 ピュアシルバー [15.6型 /intel Celeron /eMMC:32GB /メモリ:4GB /2020年01月モデル][CB3153HF14NE]
by カエレバ

「Google」内でも「Gメール」「カレンダー」「ドキュメント」「スプレッドシート」など、ビジネスで使える最低限の機能が標準で使用できますし、「アプリ」「アドオン」「拡張機能」「Facebook」「Twitter」「LINE」なども利用できるそうなので「プライベートPC」としては、まずまずの製品かも知れません。

個人的にはとても気になる製品ですが、残念ながらまだ手にしていません。

1世代前のスペックでも作動できる上、対応「OS」も無料でダウンロードできるとの情報もあるので、事務所で転がっている、ノートPCに導入して検証してみようと考えています。

今後、インストールできたらまた報告します。


(関連書籍)
【POD】仕事で使える!Chromebook ビジネスマンのクラウド活用ガイド

インプレスR&D 2015年01月30日
売り上げランキング :
by ヨメレバ



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Windows7終了」ー新規PC購入時に気を付けたい「メモリ増設の可否」モデル



「Windows7終了」ー新規PC購入時に気を付けたい「メモリ増設の可否」モデル

zousetu-000
「Windows7」サポート終了に伴い、急遽「Windows10」にソフト的にアップグレードされたPCをお持ちの方も多いかと思われます。

かくゆう私の事務所のPCもそうして使っていましたが、「アップグレード」「Microsoftストア」が使えなかったり、マシンスペックが低く、「Office」など「事務的レベル」の使用ではあまり気にならないのですが、意外と容量の大きい「SNS」や「動画」「ダウンロード、ストリーミング系」のアプリを「マルチウィンドウ(複数同時進行)」で利用すると「フリーズ」したり、「動作が不安定」になるケースが多い印象があります。


そこで、「Windows10」があらかじめインストールされているPCを新たに導入するのが「セオリー」だとは思うのですが、ここで「見落としがち」なのが新品ながら「マシンスペック」が「最低限レベル」の製品がわりと「廉価」で出回っているようです。

直販 ノートパソコン Officeあり:Lenovo Ideapad S540 Core i7搭載(15.6型 FHD/12GBメモリー/1TB SSD/Windows10/Microsoft Office Home & Business 2019/ミネラルグレー)【送料無料】
by カエレバ


「Microsoft」の公表上、最低限のスペックとして「メモリ4GB」「HDD、SSD32GB」とされていますが「4GBメモリ」だと「マルチタスク」には荷が重すぎの感は拭えないのと、HDD・SSDが「32GB」しかないと「Windows10アップグレード」時に「ディスク使用領域が足りない」など「非常に使い勝手」にストレスがたまる結果になるおそれがあるので、結局多少でも「ハイスペック」PCに買い替えを検討、というところに行きつくと思うのですが、ここで最近のPC事情に変化がある事があまりアナウンスされていない気がしますので報告されている点を「注意喚起」として紹介してみます。

「Windows10動作最低ライン」新品ノートPCの一部で「メモリ」「SSD」の増設ができない機種があるので「要注意」です
特に「ノートPC」に於いては、メーカーに限らず各社「メモリ」「SSD」「HDD」の交換ができない仕様、もしくは「拡張スロット」がついていても「ここを開けると保証対象外」となる機種が調べた限り、ある店舗では、ほとんどの機種がそうであるケースもありましありました。

note-spec

この辺、「店員さん」もよく理解されていないケースも多く、現状では「メーカー在庫のWindows7対応のPCをWindows10にアップグレード」して「売り逃げ」に走っている気がするのは「思い込みすぎ?」でしょうか。

win10 乗り換え Acer ノートパソコン Swift 1 SF114-32-N14Q/S (Celeron/4GB/128GB SSD/ドライブなし/14.0型/Windows 10/スパークリーシルバー)
by カエレバ
ちなみに「Windows10」以外でも「MacBook」などでもこうした仕様は以前から「指摘」されていたところではありますが。・・・。

逆に「ポジティブ」な見方をすれば、「技術の進歩の速度が著しく速いPCスペック」をいちいちアップグレードするよりは「メモリ、SSDなど半導体市場の値上げが止まらないのでかえって割安」という声も無視できないところと、「数万円で購入できる廉価版はビジネス用」、「動画などを扱う向きならあとあと高価でアップグレード」するリスクを考えれば、ある意味「今が買い時」なのかも知れません。

こうした用途で利用したいのなら最低「メモリ12GB」「SSD512GB」は必要と言われているので「20万円」前後はかかりそうですが、その価値はありそうです。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

ノートPCの「スリープモード」オート機能で「ダウンロード」「録音・録画」が中断されてしまう場合は



ノートPCの「スリープモード」オート機能で「ダウンロード」「録音・録画」が中断されてしまう場合は

5ddcc5515a0923f56c3109d8e72daf5d_s

「ノートパソコン」でネット上の動画・音楽ファイルなどを「ダウンロード」「キャプチャ」「ラジオの予約録音」などを行う際、多くの機種で「強制的にスリーブモード」になってしまい、うまくいかないケースの報告が多くなっているようです。

この原因として考えられるのが「Windows」の「省エネ機能」で「一定時間操作がないと強制的にスリーブモードになる」機能

特に「ノートパソコン」の場合、どのメーカーでも「初期設定」でこの機能がけっこう短い間隔で設定されているようですが、「Windows」の「設定」を変更することにより、改善されるケースもあるようなので試してみる価値がありそうです。





「省エネ」機能が売りの「ノートPC」だからこその問題ですが「設定」の変更で解決できます
win10-note-pc-004

「Windows10」の場合、「スタート」→「設定」→「システム」→「電源とスリープ」の項目を変更します。
win10-note-pc-001

画面右側の「電源とスリープ」以下の各項目「10分単位」で設定されていますが、これを「なし」に設定すると、「勝手にスリーブモードにならないように」することができます。

win10-note-pc

私の環境での検証結果では、「地デジ・BS/CSチューナー」の「予約録画」、「らじれこ」での「radiko番組の録音予約」はうまく改善できましたが、機種によってはまだ問題は残るようなので、この手法が正しいとは言い切れませんが、試してみる価値はあると思われます。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク