セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

おすすめフリーソフト

「Tver」「Gyao!」動画をダウンロードするには?-「ダウンロード無双」試用版





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「Tver」「Gyao!」動画をダウンロードするには?-「ダウンロード無双」試用版


dl-musou-011



人気の無料番組見逃し配信サービス「Tver」や動画配信サービス老舗の「Gyao!」など、「ダウンロード規制」がかかっているサイトの動画を保存するソフトは多数存在しましたが、以前は有効であっても現在はダウンロードできないケースが多くみうけられます。
ネットでの評判も様々なようです確かにダウンロードできました
ダウンロード無双

dl-musou-001

そんな中、2018年10月現在、有効なのが、この「ほとんどのサイトから動画をダウンロードできる」というキャッチコピーで売り出している「ダウンロード無双」が有効なことが確認できました。

動画はMP4, MKV, AVI, 3GP, FLV, WMV, HEVC, H.264, SWF, HTML5, M4V, MOV, ASF, DV, VOB, OGV, YouTube, ASF, RM, MTS/M2TS/TS/TP/TRP, MOD, TODなど様々な形式のファイルで保存する事が可能のようです。



有料のサービスは年間ライセンスが4,690円/年,永久ライセンスが8,390円,全てのライセンスを1年間無制限で使用でききるコースが6,990円/年となるようですが、今回は3日間限定「無料お試し版」で試してみました。

「無料お試し版」
のアカウント登録する際にはFacebookか、Twitter、Google+、もしくはメールアドレスでの登録が必要となります。

ちなみに有料のサービス年間ライセンスが4,690円/年,永久ライセンスが8,390円,全てのライセンスを1年間無制限で使用でききるコースが6,990円/年となります。

dl-musou-002
「YouTube」「dailymotion」「vevo」など主だったサイトにデフォルトで対応しているようですが、「Tver」「Gyao!」「ニコニコ動画」「FC2動画」などは、「自動抽出」内部ブラウザで表示する事で対応できるようです。

dl-musou-003
ダウンロードを始めるには、「動画を再生」し、「ダウンロード」をクリックします。

dl-musou-004
保存が完了すると、以下のように確認することができます。

dl-musou-005
これを「クリック」すると、内部プレイヤーで再生する事ができます。

dl-musou-006

デフォルトの保存先は「ドキュメント」内のフォルダになりますが、あとから変更できそうです。
dl-musou-007

このソフトでダウンロードしたファイルは「.ts」形式になります。

dl-musou-008

「.ts」形式の動画、万能動画プレイヤー「VLCメディアプレイヤー」で再生が可能です。

dl-musou-010



とはいうものの、スマホやタブレットなどに転送して視聴したい場合や「動画の編集」をしたい場合、「MP4」形式にしたほうが便利ですよね。

dl-musou-009
もちろん、このソフト内で、「.ts」→「MP4」に変換する事ができますので安心です。

ただし、ネット上で、「動画ダウンロード無双」で検索すると「危険ソフト」という評判が出てきますが、その理由として考えられるのが試用されているセキュリティソフトにウイルス判定されてしまうという現象が起きているとの報告がありますが、少なくとも私の環境下ではこうした心配はなさそうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村




【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「スクショ」した「png」ファイルを「PDF」に変換して「電子書籍リーダー」で閲覧する





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「スクショ」した「png」ファイルを「PDF」に変換して「電子書籍リーダー」で閲覧する


cube-010

ネット上で気になる記事を「iPad」で「スクリーンショット」で保存して「Googleフォト」に保存し「png」ファイルとして保存していましたが、「オンライン」でないと閲覧できない事や、画像を探すのに手間がかかるので「PDF」化して「電子書籍リーダーアプリ」で管理できれば便利かなと思っていたところ、「iOsアプリ」では有料のものしか見当たらなかったので、Windows版のフリーソフトを見つけたの、試しにどこまでできるか検証してみました。
まだまだ設定を調べてみる必要がありますが、とりあえず「iBooks」で閲覧できるまでは成功
今回使用したソフトは、某PC雑誌で高評価な「CubePDF」

ここからダウンロードしました


cube-001

手順としては、「Googleフォト」の画面からは直接編集できないので、まずPC内の任意のフォルダにダウンロードします。

cube-002

ダウンロードしたファイルをクリックして表示させます。

cube-003

「CubePDF」仮想プリンタとしてPDF形式で出力する仕組みなので、「印刷」→プリンターを「CubePDF」に選択して「実行」します。

cube-004

「PDFファイル」にして保存するには、「出力先」を指定して、「変換」と進みます。

cube-005



cube-006


cube-007

「変換」し保存された「PDFファイル」「iPad」へ転送し、「iBooks」に読み込ませます。

私の場合、以下の方法で転送しています。

無事、「iBooks」に追加されました。

cube-008

「iBooks」内のブックをタップすると、下記のように表示され、「横スライド」でページをめくる「電子ブック」形式で閲覧ができるようになります。

cube-009



ただ、設定がまだよく理解できていないようで、読み込んだ画像が小さいのでスワイプして拡大して読んでいます。

今回はとりあえず「電子書籍リーダー」で閲覧できる事が確認できましたので、溜まった画像ファイルを編集して、ジャンル別に「電子ブック」化して管理したいと思います。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「FireFox」「Thunderbird」のメモリ使用量を改善する-「Firemin」





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「FireFox」「Thunderbird」のメモリ使用量を改善する-「Firemin」


firemin-000


Webブラウザ「FireFox」メールソフト「Thunderbird」は、インターネッット用ソフトとして歴史のあるもので、私も長く愛用していますが、便利な「アドオン」「拡張機能」を追加していくと、どんどん動作が「重く」なるところが悩みのタネです。
「ブラウザ」が原因でPCの動作が遅くなる場合は試してみる価値大
Firemin-004


そこで、「常駐」させる事で「FireFox」のメモリ使用量を「劇的に減らす」と評判「Firemin」を導入して「検証」してみました。

Firemin-005

念の為、インストール前の「メモリ使用量」を記録してみました。

firemin-007

配付元サイト「ダウンロード」場所が非常に分かりづらいのですが、画面を下へスクロールしていくと、「DOWNLOAD FIREMIN」「Firemin_5030_Setup.zip」リンクがありますので、クリックしてダウンロードします。

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、セットアップファイル「Firemin_5030_exe」からインストールを進めます。


firemin-008

途中、「Windows Defender」に引っかかって上記のような表示がでますが、「実行」しても、とくに問題はありませんでした


firemin-010

「インストール」→「実行」後、メモリ使用量を確認してみると、確かに「数値的」には改善されているようです。

あくまで個人的な体感ですが、心持ち「操作スピード」が改善されたかな?と感じる程度ですが、我が家のネット環境が最近不安定なので、うまく体感できないのでないかと思われますので、「通信環境」を改善すれば、実感できそうです。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村




【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




フリーソフトの「引掛けダウンロードボタン」に注意





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

フリーソフトの「引掛けダウンロードボタン」に注意


uncheky-000

細かいところに手が届く「フリーソフト」もありがたく使わせていただいていますが、気づかないうちに覚えのないソフトがインストールされている場合があります。

特に「セキュリティ系」「有料ソフトの使用版」などが多いようですが、勝手に「常駐」される状態になっていたり、うっとうしく思っている人も多いのではないでしょうか?。

free-inst

中には、「アドウェア」と呼ばれる、強制的に、規定のWebブラウザが「中華製」ブラウザにかき書き換えられたり、検索エンジンが変わってしまったりするものも結構存在します。


こうした「迷惑ダウンロード」は、フリーソフトダウンロード画面「ダウンロード」を促す、まぎらわしい位置に「ダウンロードボタン」が設置してあり、よくわからず「うっかりクリック」していまうというのが原因である事がほとんどのようです。


不要なチェックを外れてくれるソフトもあるが・・・
Unchecky(アンチェッキー)
uncheky-001

インストール中に「次へ」で進む画面の途中で、オプションソフトの欄にチェックが入っているのがほとんどなので、よく確認してチェックを外せば済む話なのですが、ついつい見落としがちになる上、画面も巧妙にできているので気づかずインストールしてしまう仕様サイトも少なくありません。

こうしたチェックを「自動で外して」くれるのが、無料
Unchecky(アンチェッキー)

かなりの高確率で「自動チェック外し」をしてくれるので、大変ありがたいソフトですが、配布側サイトもその辺にも対抗しようと画面に工夫をしたり、「同時導入」しないとダウンロードできないような誤解をあたえる表示存在しています。

ただ、経験上、こうした不要ソフトのチェックを外してもダウンロードにほぼ成功していますので試してみると良いでしょう。

このあたりは「イタチごっこ」のようなので、ソフトだけに頼らずよくよく確認する必要はありそうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




「MS-Office」と「LibreOffice」の比較ー「Word」と「Writer」①Wordファイルを開く





<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「MS-Office」と「LibreOffice」の比較ー「Word」と「Writer」①Wordファイルを開く

Libre-rogo


Libre-wrter-oo1

「LibreOffice」と「MS-Office Online」の連携を私がしている手法で紹介します。


「MS-Word」のファイルを開く
ちなみに、「MS-Office Online」での「Word」ファイルです。

Libre-writer-003

これを「Writer」で開きます。

「メニュー」→「ファイル」→「開く」、もしくはショートカットキー「Ctrl」+「o」「*.doc,*.docs」のファイルをクリックすると「Libre Writer」「Word」ファイルが表示されます。


Libre-writer-002

若干、フォント違っていたりレイアウトが異なる印象を受けるケースもありますが、内容自体は同じであることが確認できます。

もちろん、ご利用のPCに入っているフォントに変更は可能なので、あくまでもデフォルトの設定の違いだと思って差し支えないものです。
「MS-Word」のファイル形式で保存する
「Libre Writer」で編集したファイルはデフォルトで「.odf(汎用のオフィスドキュメント形式)」保存される設定になっていますが、「Word」と連携させるために「.doc(Word97-2003)」形式で保存しています。

これなら現行の「MS-Office」「Online Office」や他のOfficeアプリで読み込み可能です。


Libre-writer-004

まず、「ファイル」→「名前を付けて保存」を選択し、ダイアログで任意のファイル名を入力「ファイルの種類」の▼をクリックし、「Microsoft Word97-2003(.doc)」を選択し、「保存」をクリックします。

「このヂキュメントには~」というメッセージが表示されますが、「現在の書式を保持」をクリックして大丈夫です。

ただし、互換性は完全とは言い難いので念のため「.odf」形式でも保存しておくと安心です。

既定の保存形式を「MS-Word」にする
上記の方法で「Word」形式で保存ができますが、常に「Word」の補完ソフトとして利用するなら、「.doc」「既定の保存形式」にしておくと、いちいち設定しなくても済むので便利です。

libre-writer-005


「ツール」メニューの「オプション」を選択し、ダイアログで「読み込みと保存」→「全般」を選択。

「ドキュメントの種類」から「文書ドキュメント」→「Microsoft Word97-2003」を選択し「OK」をクリックすれば完了です。

以降、「Libre Writer」で作成したファイルは「.doc」形式で保存されるようにすることができます。

くれぐれもですが、「互換性」は完全とは言えませんので、「OneDrive」「PC内の任意のフォルダ」に両方の形式でファイルを保存しておくのがお進めです。

(参考文献)



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


【G-Suite】
「ぱわきち」はビジネスでこのサービスを使っています。↓




スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...