セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

デジタルガジェットレビュー

「テレビ視聴」に特化した「格安タブレット」の実力は



「テレビ視聴」に特化した「格安タブレット」の実力は

kaihou-tab-000

最近、最寄りの「ホームセンター」で気になっている、10インチ1万円前後の「タブレット端末」を販売されているのですが、聞いた事のないブランド製品なので「ネット上での評判」を検証してみました。

ただ、この製品は現在生産終了されているらしく「初期不良」でも「メーカー」で対応してくれなくて「販売店まかせ」との声もチラホラ・・・

この「メーカー」タブレット市場というより「ワンセグ機器」「車載テレビ」などの製品を主に扱っているようです。
「AndroidOS搭載」とうたっているものの機能が「フルセグ・ワンセグテレビ視聴」に限られているようです・・・
さて、この製品ですがテレビ機能としては「フルセグ」と「ワンセグ」の両チューナーを一基ずつ搭載していて、「地デジ受信環境」によって「フルセグ」「ワンセグ」を自動で切り替えてくれるという機能が「売り」のようですが「BS・110°CS」には非対応です。

しかし「浴室対応」をうたっているものの、リモコンが「防水非対応」であったり、「タッチ操作に不具合がでる」など「評判はイマイチ」なようです。

また、「Android搭載」ではありますが、バージョンが5.1という正直いって現在のアプリが動かないタイプのもので、「Playストア」にも非対応で、プレインストールされているものしか使えないようです。

メールもWebメールしか対応できない上、「WiFi」でも「地デジ」以外では「YouTube」にしか対応できなく、高スペックを求める「Netflix」など「サブスクリプション」も使えません。

AndroidのOSバージョンとしては「Facebook」「LINE」「インスタグラム」も利用不可なので、既設のテレビの「子機」として割り切って使うという用途には向いているかも知れません。

「浴室テレビ」として使用したいというのであれば、2020年1月現状「Panasonic」一択しかないので、プラス約1万円ほどしますが、「防水対応」としては他に選択肢はないので、まよわず「Panasonic」の「プライベートビエラ」を選ぶべきでしょう。

同サイズのタブレットとして「同価格帯」で他を見てみると、Amazon「Fire HDタブレット」という選択肢もあり、「フルセグ」「ワンセグ」「BS・CS」には対応していないものもほとんどの「動画配信サイト」には対応しているので「映像モニター」としては充分満足できる可能性はあるかも知れません。ただこちらも「Playストア」が利用できないので「LINE」など一部のアプリが使えない問題はあるものの「サブ」の「タブレット端末」としては「お買い得感」はありそうです。

いずれにしても、この価格帯のタブレット端末「帯に短したすきに長し」といった感ですので、用途を見極めて選んだほうが、あとあと後悔せずに済む分野と言えるでしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【中華ガジェットレビュー】ブラックフライデーで入手した「Mpow」ヘッドホンの実力は?



【中華ガジェットレビュー】ブラックフライデーで入手した「Mpow」ヘッドホンの実力は?

mpow-000


「ネット通販」の「ステマ(ステルスマーケティング)」や「やらせレビュー」など、最近やや分の悪いイメージな「中華製デジタルガジェット」類ですが、Amazonマーケットプレイス以外で「楽天」「Yahoo!ショッピング」や「ビックカメラ」等実店舗でも販売されているブランドは値段なりの印象を受ける製品も少なくないようです。
「中華製」にかからわず「ヘッドホン型」は音がこもるものの低音や奥行きが広いので音楽より「映画向き」には使えそうかも
今回、Amazon「ブラックフライデー」「Mpow」のヘッドホンをクーポン利用で1000円台で入手できるとの事で「ダメモト」で購入、検証してみました。


製品内容的には「Bluetooth4.0」ながらも「有線接続」にも対応。使用中にバッテリー充電切れを起こしてもイヤホンジャックにつなげて「聴き続ける」ことが可能なのが「売り」です。

mpow-001

一見製品が「チープ」な印象を感じますが、「SONY」や「JBL」の類似製品でも、数千円のものであれば似たような出来なので、値段を考慮すればまずまずなのではないでしょうか。


mpow-002

「Bluetooth接続」も手持ちの「iPad」で試したところ「一発」で「ペアリング」できました。

気になる「音質」ですが、ネット上のレビューでは「賛否両論」あるようですが、この問題は「個人の好み」に左右されるところなのであくまでも「自分の耳」で判断するしかないのですが、私の環境で検証したところ、「音域は幅広く低音もしっかり全体にダイナミックな音声再現」を感じるのですが、こと「音楽鑑賞」については「カナル型イヤホン」に軍配が上がる印象。

一方、iPadで「プライムビデオ」や「Netflix」など、特に「映画作品」など、「カーアクション」「爆破シーン」などは予想以上の迫力なので、この価格でこの環境を得られるならば「映像鑑賞用」として専用使用に使えそうです。

ただ、多くのユーザーはこの手の製品はどうしても「SONY」「JBL」にこだわる傾向にありますが、経験上国産品であっても「最低3万円台」は出さないと「満足な音」は体感できないと思われますので、音にこだわりたい向きならこうした「廉価品」は無視して迷わず「SONY」などのヘッドホンを購入すべきでしょう。

ちなみに私自身も「SONY」の2万5千円で購入した「有線イヤホン」を所持していた事もありましたが、形状だから仕方ないのか「音がこもる」のは致し方ないようですので、用途によって「使い分ける」必要がある製品であるのではないのでしょうか。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「佐世保のスタジオから生中継の通販会社」のスマホは「買い」か



「佐世保のスタジオから生中継の通販会社」のスマホは「買い」か

japanet-000

佐世保の本社スタジオから「生中継」でお買い得品をお届けしてくれるおなじみの「テレビ通販会社」。

最近では、「スマートフォン」の分野に「ワイモバイル」と組んで「商品ラインナップ」を広げているようですが、安い商品をお届けしている会社の割には、既存のスマホ所持者から「割高では?」との声もあるようです。



↑通常では「ジャパネットたかたモデル」というオリジナル品「安さが売り」なのが「売り」なハズですが・・・。
「製品スペック」などからすれば「割高感」はありますが「サポート面に充実」を考慮すれば「スマホデビュー」にはあながち「高い」わけでもなさそうです
ちなみに「富士通Arroes」の似たようなスペック「SIMフリー版」であれば「2~3万円台」で入手できる場合も発見できました。



Y!モバイルSIMのみ契約

これを「ワイモバイル」はじめ、「MVNO」と呼ばれる「格安SIM」と組み合わせると、トータル的に「ArroesJ」より「約半額ほど」で利用できる可能性もあるとの報告もあります。

この辺「情報弱者」を狙った「ボッタクリ商法」ではないか?と問題視する向きもあるようですが・・・。↓



こういう意見も決して間違いではないと思うのですが、ポイントは「初期設定」を「無料」で「自宅にきてやってくれる」という点。

japanet-001

その後のサポートは、ショップ件数の多い「ワイモバイル」なら安心ですし、この辺の費用を「あらかじめ価格に含まれている」と考えれば、あながち特別「ボッタクリ」わけでもない「ジャパネットたかただから安い」というわけでもなくある意味「妥当な価格設定」のような気もします。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Amazonなどネット通販で人気のガジェットがドンキなど店頭でも販売



Amazonなどネット通販で人気のガジェットがドンキなど店頭でも販売

soundpearts-000

一部の「悪質出店者」による「怪しいレビュー」「ステルスマーケティング」など、何かと話題になっている、いわゆる「中華製ガジェット」

入手してみると確かに「?」な製品も存在することは実感していますが、「Anker」「SoundPEATS」「Aukey」など「品質に定評あるコスパ良し」ののブランドも存在しており、私個人も実際愛用しています。
「ステマ問題」など何かと不安な「中華製品」ですが「店頭」に並んでいるというのは「確かな製品」の証しともいえそうです
最近、「ドン・キホーテ」「ビックカメラ」などでも、私個人で愛用している「Bluetoothイヤホン」が店頭に並ぶようになったり、「Anker」の「モバイルバッテリー」が販売されています。

特にイヤホンについては「SoundPEATS」、モバイルバッテリーについては「Anker」「高コスパ」で評判のようです。

soundpearts-002

同じ製品でも「ドン・キホーテ」より「Amazonの直販」のほうが「消費税」分安く入手できました。

↓更に「プライムデー」だと1000円近く安く購入できる場合も・・・。

soundbeats-003

同じ製品でも「ビックカメラ」では少し「高めな価格設定」のようです。

soundpeats-001



soundperats-004

Anker-bic





「ネット通販」の直販サイトでもAmazon「プライムデー」「エントリー」されるケースも多いブランドですので、そうした時期を狙って購入するのも「安く購入できる手」かも知れません。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「SHARP AndroidOne S3」-Androidに特化した「ワイモバイル」ならではの「ミドルクラス機種」思いの他使い勝手良しとの評判



「SHARP AndroidOne S3」-Androidに特化した「ワイモバイル」ならではの「ミドルクラス機種」思いの他使い勝手良しとの評判

sharp-s-000

昨今、国内メーカー、中華メーカーに限らず「スマホ端末が高額化」の方向に進んでいるような気がします。

そんな中、「ワイモバイル」専用ですが「AndroidONE シリーズ」ミドルクラスの価格帯ながらも「AndroidONE 」を名乗るだけあり、かつ、購入後3年間「OSのアップグレードに対応」しており、ひそかに評判が高いようです。

ちなみに私個人的にも「ワイモバイル」ユーザーなので「AndroidONE S1」から「S3」に乗換えて愛用していますので、あくまでではありますが、個人的な感想をレポートしてみます。

ちなみみ「AndroidONE 」には「Sシリーズ」が「SHARP製」「Xシリーズ」が「京セラ製」になります。




「Google」純正の「Pixelシリーズ」も魅力ですが使い道を考慮すれば「コスパ良し」の印象


Andoroidに特化したスマホといえば「Google Pixelシリーズ」が話題なところですが、いかんせん「10万円」前後の「ハイエンド機」なのでおいそれと手に入れるには躊躇します。

 そこで「Google純正」ではないものの、「AndroidONE 」シリーズなら、昨今のスマートフォンのなかでは「ミドルクラス」のスペックであっても、スマートフォンの性能面での進化はある程度行き着くところまで進んでいるので、特に「カメラ性能に期待」「ゲーミングスマホ」として使用するのでなければ、現状、十分なスペックかと思います。

s3-001

iPhoneでは「ストレージ」容量を気にして機種を選ぶ必要がありますが、Andoroidスマホであれば「外付けMicroSD」対応しているので内蔵ストレージも「32GB」あれば普段使いに不自由を感じさせません。

s3-002

また、「アンインストールできないキャリアアプリ」が他社に比べて少なく「内蔵ストレージ」も心なしか軽い気もします。

対して「Googleアプリ」については最新の機能が「全部入り」「常時アップデート」されるのが特徴のようです。

s3-003


気になる「液晶パネル」ですが、さすが元「液晶のSHARP製」ならでは「AQUOSシリーズ」でおなじみの「IGZO液晶パネル」の発色が非常に良いところもお気に入りな点でもあります。

s3-004

また「格安スマホ」「中華性スマホ」のアクセサリ類の多くが「ネットでしか入手できない」ことが指摘されていますが「ワイモバイル」用の「カバー」「保護フィルム」など、家電量販店「ヨドバシカメラ」「コジマ」「ビックカメラ」などでも販売されていますので安心です。

「Android One S3」のネット上の評価を総括すると、「Android Oneシリーズ」ならではのシンプルな魅力と「SHARP」のお家芸ともいえるバッテリー持ちの良さ、そして何よりも約3万円で十分使えるスマホが手に入るコスパの高さが好評。

コスパ重視「ソフトバンク」または「ワイモバイル」「Androidスマホ」を選びたいという私個人的には「Android One S3」はお気に入りな端末です。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク