セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

お得な買い物術

「Amazon」で「Apple」製品を購入するメリットは?






「Amazon」で「Apple」製品を購入するメリットは?

apple-amaon


2018年11月から始まった、「Amazon」での「Apple製品公式販売」によって、「出品品目が少なくなった」という声もあるようですが、逆を言うと「偽物」や「粗悪品」など「通販ならでは」の「届いてみないとわからない」「返品に応じてもらえない」などの心配がなくなったので、かえって「安心して」Apple正規品が購入できるようになった、と言えるでしょう。


「Apple直販」開始で「出品数が減少」している感はありますが・・・
「Amazon」での特徴としては、AppleWatchなど「特定の製品が豊富に揃っている」「製品によっては、Appleストアよりも1万円以上割引き」の製品もあるケースもある事も。

apple-amazon-000







また、基本的にApple製品は、どこで購入しても同じ価格で、「セール」「キャンペーン」とは「無縁」のメーカーのひとつですが、「Amazon」で定期的に行っている「大型セール」や「タイムセール」には度々登場する事もあるようです。



実際、2018年末の「サイバーマンデー」セールでは、旧モデルながら「AppleWatch」や「iPadPro」など、予告なしに販売され話題になったのも記憶に新しいところです。

おそらく今後も、こうした「ゲリラ的」なセールが行われると思われますので、「セール」の都度チェックしておくべきでしょう。




apple-amazon-001

「Amazon」での購入で話題となっている、「レビュー」ですが、レビュワーの「誤解」「勘違い」などもありますので、あくまで「参考」にとどめておいたほうが「無難」との指摘もあるようです。

しかしながら、「Apple公式」販売なので、「Appleショップ」同様の信頼性はありそうです。


もちろん、「プライム会員」であれば、「配送料」「配達日指定」(在庫があれば)など会員としての特典を受けられるのは言うまでもありません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






「家電量販店」に「メーカー販売員」排除の動き?






「家電量販店」に「メーカー販売員」排除の動き?


nojima-001


私が以前、関わっていた、某「家電量販店」の店舗内で、やたらこのような「看板」が目につくようになっています。
いずれにしても「店舗」で契約した「派遣・契約社員」がほとんどでしょうが「スキル」は、その人の器量次第であることに変わりはないと思われます
現在はどうか情報が入ってこないのですが、「家電量販店」トップ「Y社」が安い理由が、ほとんどの店員さんが「メーカーが人件費を負担している派遣社員」で、「店舗側に人件費がかからない」から、と言われている時代があって、社会的に「問題」となり、あからさまには行えなくなり、「他社製品を売っても、インセンティブ対象になる」チェーンも多いのですが、メーカー自体も経営が厳しいので、「店舗販売」の費用を出せない、というのが実情かと思われます。

nojima-002

もともと、このチェーンは、県内を中心とした「ローカルチェーン」なので、こうした「メーカーからの協力」はあてにせず、価格では「Y社にかなわない」なら「地元重視」「接客がウリ」というスタンスをとっており、店舗近隣の住宅地、マンションなどの「商圏の調査」を徹底した「店づくり」をしており、わりと「安心して」利用できるといった印象があります。

どこかのチェーンの店員さんで「光ファイバー網」に入っていない住宅に「フレッツ特約」など付けたり、「他社の悪口を言って」売りたい製品を、猛烈に進めたりなどという「家電量販店」によくある「評判」はあまり聞かれないようです。

ただ、「商品知識」などのスキルは、どこが「人件費」を出しているかというのとは「別物」で、販売員が勉強しているか、という点。

印象としては、「駅前カメラ系」はけっこう教育熱心で、「郊外型量販店」は、本人の勉強次第という印象を受けます。

こうした「看板」も、店舗側のそのような姿勢を表していると思われますので、私もそうですが「気になった製品」などあるときに、声をかけて「どんな感じか」試している「業界人」も結構出没しています。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






「古着・古布」を「商品値引き券」に交換してくれる-H&M






「古着・古布」を「商品値引き券」に交換してくれる-H&M


H&M-000

「デジモノ」ネタではなく恐縮ですが、知人から教わった「古着処分方法」として、「H&M」に持ち込むと、同店の「割り引き券」に交換できると聞いたので、早速、ためこんだ「古着」「古布類」をまとめて持ち込んでみました。
「リユース」や「リサイクル」にまわす目的なので、他店・自宅の古着も引き取ってくれます
「フリマアプリ」に出品できない「破れもの」「汚れが取れないもの」「毛布・シーツ」など、「45ℓゴミ袋」にまとめて「H&M」店舗に持ち込んでみました。

H&M-001

申し出はとても簡単、店員さんを見つけて「古着を持ってきたんですけど」と申し出ると、「ご協力ありがとうございます」と、ほぼ中身を確認するまでなく、下記のように、「500円割引クーポン」を2枚に交換してくれました。

H&M-002

「クーポン券」の表示には、「次回のお買い物から使用できます」と表示されていますが、店員さんいわく、「今日のお買い物からご利用できますよ」との話だったので、前から気になっていた商品を購入。


H&M-003

「割引対象は、3,000円以上の商品に対し1枚使用できる」とのことなので、3,999円の商品を購入、レシート上には「衣類回収割引-500」と記載され、500円割り引かれて購入できたのが確認できます。

ただし、「H&M」店舗は土日休日など「非常に混み合う」ので「クーポン使用」はいいのですが、「古着持ち込み」は比較的来店客の少ない時間帯を見計らっていくほうが「快く対応してもらえる」と思われます。

もちろん、「状態の良い製品」であれば、「フリマアプリ」に出品するのが一番お得であるといわれています。

特に「H&M」「ユニクロ」「無印」「ZARA」などの「ファストファッション」系のものは、「一度きりの生産が基本」なので「買い逃がし」た人たちに根強い人気があるそうです。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村







「消費税増税!」-家電購入のタイミングは?






「消費税増税!」-家電購入のタイミングは?

kaden-kuro

いよいよ「消費税」が「10%」に増税されそうな様相ですね。

しかし、「増税前の駆け込み買い」かえって「高い買い物」をさせられるケースも過去ありましたので、「本当に買い時か」をよく注意した方がいいかもしれません。

過去「黒物家電」は、増税後に「値下がる傾向」があるよう
今まで、「消費税アップ」は、1989年の「3%」から始まり、1997年に「5%」、2014年に「8%」まで上がりましたが、過去3回の増税の際、販売側からしてみれば、値下げしなくても「だまってても売れる」ので、高く売れるチャンスとばかり、「買いをあおって儲けよう」という値付けが目立つ印象です。

特に、テレビやパソコンなど、いわゆる「黒物家電」は、価格が変動しやすく、かえって「増税後に値下がるケース」が多々ありましたので、必要に迫られていないのなら「急ぐ必要はない」と思われます。
逆に「白物家電」は価格変動が少ないので「増税前が買い」とは言われてますが・・・
kaden-siro

冷蔵庫洗濯機など「白物家電」と呼ばれるものも、販売店では「価格変動が少ないので今買うべき」と勧められますが、基本的に「白物」は、新製品が出たときに、一世代前の型が安くなるので、そのタイミングさえあえば「安い買い物」になるかも知れません。

ただ、新製品の発売時期は商品によってバラつきがありますので、注意が必要です。

一般的に、冷蔵庫やエアコンなどは「年末年始」に商品の入れ替えが多いので、「増税前アピール」に踊らされて高い買い物にならないよう気を付けたいものです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村







「ボーナス商戦」-大型家電の設置費用に注意!






「ボーナス商戦」-大型家電の設置費用に注意!


kaden-setti-000

「ボーナス商戦」で、念願の「4Kテレビ」など、「大型家電」の購入を考え、「価格.com」などチェックしたり、「折込チラシ」などで検討されている人も多いと思います。
安く購入できたと思っても「設置料金」がかかればかえって「割高」なケースも
しかし、せっかく「底値」を見つけたり、徹底的に「値切って」安い買い物ができたと思っていても、「自分で設置・設定」できるのなら「いい買物」ですが、「大型家電製品」など、「配送・設置・設定費用」が結構高くつく事を考慮して購入を検討する必要があります。

「閉間期」であれば、販売側も「取付費用サービス」などしてくれる場合もありますが、「繫忙期」にはまず、こうしたサービスはなく、「正規の料金」を払わなければならないので、「割安で購入できた」と喜んでいても、こうした「別料金」をプラスすると、結果的に「高い買物」になってしまっているケースも多々ありますので、その辺よく確認したうえで購入すべきでしょう。

特に「激安」を謳っている「テレビ通販」「ネット通販」など、基本的に「別料金」なので注意が必要です。


kaden-setti-001

こうした作業は、「設置業者」に依頼しているのがほとんどで、「家電量販店」など、商品ではないので「値引きの対象外」であったり、「ポイントには加算されない」料金になるのは致し方ないところでしょう。

普段なら「サービス」でやってくれる販売店でも、この時期は、価格以外のサービスはあまり期待できないと思っていたほうが「無難」です。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...