セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

クラウド・Webサービス

【情報共有】「SNS」は特徴をよく理解した上で上手く使い分ければ怖くない?



【情報共有】「SNS」は特徴をよく理解した上で上手く使い分ければ怖くない?

sns-img

「スマホ」「インターネット」の仕組みの中で「メール」については一定の「市民権」を得ているようですが、こと「SNS(ソーシャルネットワークサービス)」にはまだ「ネットいじめの温床」「個人情報流出」など一定層には「怖い」「怪しい」などネガティブなイメージを持つ方も少なくないようです。
何故「無料」で利用できるかの事情を理解した上で使い分ければ、過剰に恐れる必要もない便利なサービスなので使いわない手はないでしょう
確かに、「無料」とはいうものの、ある程度の「個人情報と引き換えにサービスを利用できる」仕組みなのは確かなので、仮に「自分の個人情報が流出」したとしても「アプリをインストール」する際、よくよく画面を見ればちゃんと「自己責任で使用する事」が明記されているので、何か事故があったとしても「文句は言えても被害は自己責任」だと考えて利用するべきサービスと言えるでしょう。

とはいうものの、現在これらのサービスを全く利用しないというのも「人付き合いのインフラとして確立されている」ので現実的ではないでしょう。

そこで、私個人、仕事仲間たちがいろいろ試した上で「まあ、この程度は許容範囲かな」と、実践している使用方法を紹介します。

「LINE(ライン)」

韓国発の「SNS」で以前は「NAVER(ネイバー)」という韓国企業が運営していましたが現在「ソフトバンク」傘下になり、今後「yahoo」サービスと統合されると発表されています。

LINE

LINE

LINE Corporation無料posted withアプリーチ


個人的に以前は「LINEpay」などお金のやり取りなど便利に使っていましたが、スマホを交換した際、「インストールの挙動が不安定」なのと「迷惑な相手をブロックしても、相手の友だちリストには自分が表示されてしまう」「明らかに怪しいアカウントが勝手に追加される」などプライバシーに心配を感じたので現在では仕事相手との連絡は「メール」か「Messnger」に移動「LINE」しか連絡手段がない相手のみ「既読スルーあり了承してもらう」前提で「端末を1台に限定」して利用しています。

ちなみに知り合いの会社でも、社内連絡に「SLACK」が導入され社内PCでの「LINE禁止令」がでているケースもあるそうです。

なお「ネットいじめ」に使われるのはこのサービスが多いらしいので、利用する側も何等かの「ルール」を作ってある程度「無視」するトークも「アリ」かも知れません。


「Twitter(ツイッター)」

米国発で大統領が多用している最も発信力が強い
と言われる「SNS」の大
表格。


Twitter ツイッター

Twitter ツイッター

Twitter, Inc.無料posted withアプリーチ


この「Twitter」「身に覚えもないアカウント停止」が多発したり、俗にいう「裏垢(ウラアカウント)」で「ネットいじめ」などの温床になるケースも多いようです。

個人的に思い当たるのはこうした「裏垢」や「テロサイト」などからのフォローを「自動フォロー返しツール」でどんどん「友達」を増やした結果「仲間と思われてアカウント停止」になってしまったように思われます。

「Twitter」の場合、こうした「非公認ツール」が多数公開されており、この辺が原因かも知れません。

ただ、「情報検索」については非常にピンポイントで早い情報を得られますので「自分から情報が上げずに見るだけ」と慎重に扱っています。

とは言ってもこの記事も含め「ページの更新」だけはアップしていますが・・・。


「facebook(フェイスブック)」

「情報漏洩」などわりと多発する事はありますが「実名制」なので比較的「炎上」する事は少ないようです。

Facebook

Facebook

Facebook, Inc.無料posted withアプリーチ


ただ、「携帯電話番号」さえあれば「アカウントが作れる」ので「なりすまし」の輩がポツリぽつりと出てくるケースがあります。

現に友人の「なりすまし」が3アカウントもあり、「同級生」「同業者」がちゃっかり「友達」になっていたりするので厄介です。

見分け方としては「プロフィール写真がない」「友達が2~3人しかいない」など「非常に見分けにくい」のが難点。

せめて「自分のなりすまし」が現れないよう「プロフィール写真」は「顔半分」「横顔」だけでもあげておいた方が「本物の友達も騙されにくい」かも知れません。

私の友達でも、本物が「ペットの写真」なりすましが「風景写真」と紛らわしいので困ります。


いずれにしても「SNS」は「上げずに観るだけ」とどめておく分には便利なサービスと捉えていた方が無難でしょう。

「無料で利用できる」サービスには、それなりの対策が必要かも知れませんね。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Dropbox」のデータ同期に時間がかかるときの対応



「Dropbox」のデータ同期に時間がかかるときの対応

dropbox-000

現在、ファイルの保存先を多数端末で共有するため「クラウドストレージ」を利用する手法がメインになりつつあります。

Appleの「iCloud」Microsoftの「OneDrive」Googleの「Googleドライブ」はほとんどのユーザーが知らずに使っているようですが、2GMまでは「無料」で利用できる「Dropbox(ドロップボックス)」というサービスも代表的な存在で、利用されている方も多いと思いますが、「無料版」だけの現象なのかも知れませんが、「PC」「スマホ」からファイルをアップロードするのですが、そのデータ同期に時間がかかる」という声をよく聞かれます。

確かに、同じファイルを「OneDrive」や「iCloud」のアップロードすると、ほぼ同時に「データの共有同期」される印象を感じますが「Dropbox」の場合、けっこう「同期」するのに時間がかかる気がします。
「有料版」にアップグレードすれば済むのでしょうが、「アプリ」を介せば何とかなりそうです



dropbox-001

とくにPCからアップロードする場合、「エクスプローラー」「マイコンピュータ」での「ファイルのコピペ」操作だと「端末内のDropboxファルダには移動できてもクラウド上で反映されない」傾向があるようです。

それを少しでも早く「同期」させるため「Microsoftストア」から「Dropboxアプリ」をダウンロードして、アプリを立ち上げた上で「タスクバー」のアイコンをクリックすると「アップロード」がこころなしか「早くなる」気がするので、最近多用しています。

dropbox-003

スマホアプリの場合も同様で、それぞれ「専用アプリ」を導入する事によりアクセスが「安定」する気は感じます。



Google Play で手に入れよう

同じ「クラウド」サービスである「EverNote(エバーノート)」が「無料版」と「有料版」で明らかに「同期」速度に差があるのと同様、「Dropbox」でも「有料版」にすれば改善されるのかも知れませんが、私の環境の場合「複数の無料サービスを使い分けている」ので「有料版」を使用したことがありませんので、何とも言えませんが・・・。

ちなみにどこの「クラウドストレージ」で言える事ですが、サイズの大きい「MP3」などの音楽ファイルの場合、「アルバムアートワーク」「タグ情報」「再生時間が短くなる」などの同期に時間がかかったり、「MP4」の動画ファイルですと「映像はアップされているのに音声が入っていない」というケースも多いようので「少し時間をおいて」ファイルを移動するなど、少し工夫が必要なのかな、と感じます。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

見知らぬ電話番号をあらかじめ確認できる-「電話帳ナビ」



見知らぬ電話番号をあらかじめ確認できる-「電話帳ナビ」

denwa-navi-000

スマホケータイにかかってきた「見知らぬ電話番号」の着信は一度無視しておいて「留守電」に入っていない番号は、後で検索して「迷惑電話」であれば「着信拒否」に登録して「ブロック」しておくのも今や「常識」となりつつあるようですが、まだまだこの手法も浸透しておらず「国際電話ワン切り」や「悪質営業」からの着信に閉口しているケースもまだまだ横行しているようです。

↓代表的な「電話番号検索サイト」
電話番号検索なら「電話帳ナビ」電話帳ナビ
「迷惑電話」かどうかスマホでも「かかってきた番号の情報」をあらかじめ表示できるアプリもあります
これらの「電話番号情報サイト」ではかかってきた「見知らぬ電話番号」を入力すると、登録されている「業者名」などが表示されるというもので、自分に無用な「電話番号」は、今後かかってこないように「着信拒否」「ブロック」するための情報を得るための「Webサービス」になります。

denwa-navi-001

この手の「着信」の特徴として「不用品買取業者」「送り付け商法」「コラボ光への変更勧誘」「外壁塗装」「屋根修理業者」が目立つ傾向にあるようです。

denwa-navi-002






Google Play で手に入れよう


使い慣れていくと↓のような画面表示になり、迷惑と思われる「電話番号」が赤く強調して表示されますので、その場で「着信拒否」「ブロック」することも可能です。

denwa-navi-004

個人的に家の「固定電話」の着信をすべてスマホに自動転送していますが、固定電話側で「ナンバーディスプレイ」等契約していなくても「ケータイ」は基本「番号表示」になっていますのでこの機能は「着信転送」でも可能なようですが、機種にもよるともいえるようなので、「取説」など確認は必要でしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「クラウドストレージ」に「データ同期」がなかなか「反映」されない時は



「クラウドストレージ」に「データ同期」がなかなか「反映」されない時は

cloud-drop-000

PCからスマホの「microSD」への「音楽ファイル」の移動「Dropbox」を使っていたり、「Officeファイル」を「OneDrive」で共有していますが、時間やWiFi環境にもよるのかも知れませんが、端末内の「クラウドストレージフォルダ」には入っているものの、「クラウドストレージ」自体には「同期」されていないケースがけっこうある気がします。
確実な理由は分かりませんが、一部のサービスは「専用アプリ」を起動すれば「同期」が早まる気がします
cloud-drop-001

上記画面のように、「エクスプローラー」上で「クラウドストレージ」に入っているのに、実際には「同期」できていない時、PCでも、スマホでもいいのですが、ストレージの「専用アプリ」を起動すると、わりと早く「同期」してくれる感覚があります。

cloud-dlop-002

「アプリ」を起動した状態の「エクスプローラー」画面上ですと、ファイルの左下の「チェックマーク」が表示されれば、「データ同期」ができるようになるようです。

cloud-drop-003

↓スマホ側で「確認」
するとちゃんと「同期」される事が確認できます。


cloud-drop-007

クラウドストレージも様々利用していますが、「Googleフォト」や「Google Play Music」など、「自動アップロード」できる設定にしておいても、多少「タイムラグ」はあるようです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「♯」ではなく「#」です-「ハッシュタグ」



「♯」ではなく「#」です-「ハッシュタグ」

Hushtag

「Twitter」「Instagram」などを始めとする「SNS」での「検索の標準機能」として利用されている「#ハッシュタグ」。

セクハラ告発を後押しした「#MeToo(ミートゥー)」や職場でパンプスなどの着用強制に異を唱える女性による「#KuToo(クトゥー)」も話題になっていますが、このマーク「#」と「♯」どちらかが正しいかご存知でしょうか?

私も気づかず使っていましたが、違うんですね
「#」ハッシュ

「♯」シャープ


並べてみると違いが分かりますが、「半音上げる」という意味の記号が「♯」

「♯」は、縦線がまっすぐで横線が右肩上がり。

「#」が縦線が右に倒れ、横線がまっすぐ、と見間違うのも無理がないほどよく似ています。

ちなみに「Twitter」などでは、「アプリ側」で「#」「♯」どちらを入力しても自動的に「#ハッシュタグ」で入力されるように設定されているようです。

「Twitter」に於いては以前は「半角英数字」限定の機能でしたが、2011年の「震災」以降、日本語でも使えるようになっています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク