セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

格安テレビ

単身者向けテレビーリサイクルショップのテレビの性能を見る

単身者向けテレビーリサイクルショップのテレビの性能を見る


w-r-tv-001

テレビを観れさえすればいい、いと言った向きには「リサイクルショップ」中古テレビの購入を考えている方も多いかと思います。
旧型モデルの場合かえって拡張選択肢が多いケースも
行きつけの「リサイクルショップ」でみかけた、2014年型のアクオス

2018年現在、最新機種として販売されているテレビのほとんどでは廃止されている「D端子」(アナログハイビジョン規格)スロットが搭載されています。

w-r-tv-002

一世代前の「TVゲーム機」など、「D端子」までしか対応していない機種の場合、最新テレビだと、「3色ピンコード」でアナログ画質になってしまう事もあるので、貴重なテレビかも知れません。

また、このテレビでは「HDMI端子」3スロット用意されているので、「BDレコーダー」「TVゲーム」「Chromecast」など同時に接続できるので、独り用のテレビとしては充分でしょう。

鍵は録画器接続
w-r-tv-003


このブランドのシリーズでは、USB接続の「外付けHDD」にも対応していますので、録画環境としても問題なさそうです。

ただ、シングルチューナーなので、「裏録」はできませんが、単身生活環境では「外出時の番組を帰宅してから視聴」するシーンがメインとなる事が多いと思いますので問題ないと思われます。




ショップによっては「B-CASカード」が別売りのケースも
現在、日本国内に於いては「B-CASカード」がないと、「テレビ番組視聴」ができない仕組みになっていますが、一部リサイクルショップによっては、「B-CASカード」が別売り(2,000円ほど)の店舗もあります。その辺は購入前によく確認する必要があります。

ちなみに中古として「アクオス」一番出回っている印象をうけますが、経験上、SHARPのテレビとPanasonicレコーダー相性があまりよろしくなく、設定が非常に面倒であることは何件も実感しています。

ちなみに「BDレコーダー」Panasonic「ディーガ」が結構手頃な価格で購入できるケースが多いのは皮肉な点ですが・・・

なので、壊れているのではなく、接続が成功すれば問題なく使用し続ける事はお伝えしておきます。



単身者向けテレビが便利にー「FUNAI」ブランドが安くて使い勝手も良さそう

単身者向けテレビが便利にー「FUNAI」ブランドが安くて使い勝手も良さそう


finai-001

新生活シーズンに入り、各家電量販店でも、「単身者向け」の、29型サイズ以下の液晶テレビ格安で店頭に並んでいる店舗もよく見かけます。



そんな中、手頃な価格の便利そうなテレビを発見しました。
目新しい機能の「FUNAI」のテレビ
「FUNAI」は歴史のあるブランドで、北米では多く流通しているそうですが、日本国内では「ヤマダ電器」の独占販売となっています。

そのためか、他の国産メーカーと同等なレベルの機種でも割安だとの評判があります。


funai-002

今回見つけたのは、「24型」で、「フルHD」ではなく「HD画質」ですが、この価格です。

ただ、一般的に「29」サイズ以下のテレビの場合、「画質の差」はあまり感じられないと言われています。

しかしながら、視聴中の画面を静止画で保存できる「スクリーンショット機能」が装備されていたり、HDD内蔵ではないものの、「128GB」録画用SDメモリあらかじめセットされており、購入してすぐに録画ができるのも便利な点です。

もちろん、「地デジ」「BS/110°CS」のWチューナー内蔵なので、「裏番組録画」にも対応しています。

「地デジ」番組の場合、約17時間の録画が可能だと説明されています。

「HDMI端子」3ポート用意されているので、「BDレコーダー」「TVゲーム機」「Chromecast」なども同時接続が可能なので、テレビの使い勝手としては必要最低限の機能を備えています。

これは、即購入欲求にかられましたが、なにせ我が家では2人暮らしにもかかわらず、PCを含め4台もテレビがあるので必要ありませんでした。

これから新入学、転勤などの新生活を迎えてテレビの購入を考えている人はチェックしてみるのもいいかも知れません。




「楽天市場」でジェネリックテレビ特集をやっている

「楽天市場」でジェネリックテレビ特集をやっている

jeneric-wis

このブログで何度も取り上げてきた「ジェネリックテレビ」ですが、「楽天市場」特集が組まれています。

「IRIE」「bizz」「maxzen」人気の3ブランドを徹底比較
【楽天市場】ジェネリックテレビ特集
rakuten-generic


特集記事によると。

「IRIIE」は全4モデルとサイズがバランスよく揃っている。

「bizz」は3モデルながらも、DVDプレイヤー内蔵24V型が目玉。

「maxzen」「サイズ選択の幅が狭い」というジェネリックの概念を覆す6モデルが揃っている。

といった感じで紹介されています。
当ブログで過去に紹介したジェネリックテレビの記事

テレビも「液晶パネル」から「有機ELパネル」切り替わりはじめている昨今、こうしたジェネリックテレビも今が「買い」時かも知れません。

ジェネリックREGZA?ーマーシャル製液晶テレビ

ジェネリックREGZA?ーマーシャル製液晶テレビ

液晶テレビ

「ジェネリックREGZA」なる呼称の発端は、2017年に、「ドン・キホーテ」「情熱価格」ブランドで発売した、「格安50インチ4K液晶テレビ」の中核部分が東芝製であったため、「中身はREGZAでは?」という噂が先行、さらに実際に購入したユーザーからのレポートで、操作系が同じ、REGZA独自の「ゲームモード」を搭載していたということで、広まったものです。

マーシャルの「IRIIE」シリーズもジェネリックREGZAか?
経営問題や決算延期、東証二部への降格、テレビ部門の中国「HISENSE」への売却発表など、ネガティブな話題に事欠かない「東芝」。

そんな背景ゆえに、「東芝製ボード」が流出、他社製品での存在が許されているお家事情のようです。

ドンキ「情熱価格」テレビ発売と同時に完売されてしまうので、現物を見るのも困難な製品ですが、同じ様なコンセプトの製品、国内メーカー「マーシャル」からも発売され、Amazon楽天市場などネット通販で出回っているようです。




「ジェネリックREGZA」とはいうものの、東芝が実際に開発や生産を担っている訳ではなく、あくまでもメインボードなど中核部分がREGZAと共通だという事です。

元々、東芝では「液晶パネル」自体は自社生産ではなく、韓国LG社の液晶を採用しており、液晶パネルはLG社のもののようです。

しかしながら、初期設定画面や通常の操作方法までインターフェイスが酷似しているという事が「ジェネリックREGZA」と呼ばれる所以のようです。

とはいうものの、「表示解析度」「フレーム遅延」「リモコンモードの違い」など、完全に「裏REGZA」とは言い切れないというのが実情のようです。

家電業界内の噂では、こうした、「格安液晶テレビ」も、2018年前半くらいがピークで、以降は「有機ELディスプレイ」にシフトされて行くという話なので、「4K、8K」にこだわらない液晶テレビを格安で購入できるのも、「今」だけだという話もあります。

スポンサーリンク
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング
















楽天市場
Amazonのおすすめガジェット





スポンサーリンク
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...