セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

エアコン

エアコンの「リモコン」が破損・紛失してしまったら






エアコンの「リモコン」が破損・紛失してしまったら


Elpa-rimo-002

エアコンシーズンになってくると、よく相談を受ける事が増えるのが、「リモコンの破損・紛失」。

よくあるパターンとしては「飼い犬が噛んで壊してしまった」「オフシーズンにしまっておいてどこにあるのか見つからない」「乾電池の部分が腐食し機能しなくなった」などというもの。

基本的には「メーカー」から取り寄せる事も可能ですが、リモコン一つで結構高価な金額がかかる上、旧型製品の場合、在庫がないケースも多いようです
。(多くの白物家電製品の場合、製造から5年までしかパーツ等の提供をしていないメーカーがほとんどです)
メーカーから取り寄せると結構高価になります
私がお勧めしている方法としては、まず、「ハードオフ」などの「リユースショップ」などの「ジャンク品」コーナー「リモコン類」の箱を漁ってみる、という方法。


junk-rimo

季節や、店舗により見つけられるかは「運」次第ですが、運良く発見できれば、メーカー取り寄せなら、ウン千円かかる製品が、100~500円ほどで手に入る可能性があります。

ただし、「動作保証」もなく「返品不可」のジャンク品なので、購入して動かなくても「自己責任」としてあきらめるしかありませんが・・・。

「ジェネリック家電」ながらも「汎用リモコン」も好評です
メーカー推奨品ではなく、対応機種も限られていますが、「ジェネリック」製品の「汎用リモコン」も、この時期、販売数が伸びている製品です。

Eloa-rimo-001

このブランドの製品は「テレビの汎用リモコン」でも好評です。









「汎用・互換」を謳っていますが、稀に非対応の機種も存在するので、メーカーサイト「互換表」が掲載されていますので、確認してから購入したほうが無難でしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






エアコン処分は回収業者は高く付くので「量販店」に相談してみるのが得策






エアコン処分は回収業者は高く付くので「量販店」に相談してみるのが得策


AC-001

転居や不要になった部屋の「エアコン」の処分に困っていませんか?。

こと「エアコン」に関しては、個人で分解、取り外す事が困難なので、必然的に「業者」に依頼するしか選択肢がないのが現状ですよね。



「取外し工賃」が安くても「運送費・人件費」がプラスされるケースも多く見られます
AC-002


「不用品回収業者」
や、いわゆる「便利屋さん」でもこうした「取り外し、回収」を依頼すればやってはくれますが、チラシなどを見ると「取り外し9800~1,500」の表記がされているケースをよく見かけます。

しかし、チラシなどに明記されていない部分では、表示金額はあくまで「取外し費用」で、その作業に係る「人件費(人数によっても異なる)」「処分料」を別途請求されるので、チラシの金額だけだと思いこんでうっかり依頼してしまうと、思わぬ出費が待ち構えているようです。

とくに、専門業者ではない、「なんでも屋さん」的な「便利屋さん」の場合、持ち運びのための「レンタカー代」まで請求されるのも珍しい話ではないようです。


業者選びの基準は「産業廃棄物収集運搬免許」を持っているか
高い料金を取って引き取ってくれるまではいいのですが、「処分費用」をケチって引き取った機器を「不法投棄」している業者も減ったとは言え、まだまだ存在しているのは確かなので、電話などで依頼の確認をする際、「産業廃棄物収集運搬免許」を受けた業者である事も確認したほうが、あとあと「不法投棄」の当事者とされないために重要な事だと思われます。




新たに「エアコン購入」を検討しているのであれば、「不要エアコンの下取り」をしてくれる店舗に引き取ってもらうのが賢明な選択といえそうです。たた、下取りといっても、こと「エアコン」に関しては、引き取っても修理して再販することはなく、処分を代行してくれるだけというスタンスの製品なので、「値引き」などは期待出来ません。

「家電リサイクル」を割安で代行してもらえる手段として割り切って利用するべきサービスです。

当然、「リサイクル料金」を払う必要がありますので、何社かあたってみて、一番お得な店舗を選ぶのが無難でしょう。



少しでも「お金に替えたい」「リサイクルショップ」「フリマアプリ」での出品も不可能ではないですが、実際買い取ってもらえるのは、せいぜい発売から1~2年の製品くらいなのと、取外し、配送、取り付け費用を負担するのが前提でないと、そもそも買い手が付きませんで、かえって「損」する結果になりますので、勿体ないと思うのが人情ですが、自分でお金を払って処分するしか手はなさそうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...