セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

電器屋さんのアドバイス

【100円ガジェットレビュー】ー「液晶保護フィルム」はスマホ使用年数を考えればコスパ高いという説



【100円ガジェットレビュー】ー「液晶保護フィルム」はスマホ使用年数を考えればコスパ高いという説

100en-film

「スマートフォン・タブレット」を買い替えたなど、まず考えなければならないのが、「液晶の保護」。

私も「スマートフォン」入門時には「二つ折りケータイ」のクセが抜けず、よく落としたり、ポケットにそのままい入れてしまって「液晶画面にヒビがはいったり、細かいキズが付く」などしていたものです。

特に、「頑丈」とされている、2,000円前後で販売されている「ガラスタイプ」の「保護フィルム」など、確かに付けてみると「安心」なのですが、スマホの「買い替えのサイクルが約2~3年」と考えてみると「コスト的」に「割高感」を感じていました。

そこで「100円ショップ」でも「数多く販売」されている「液晶ガラスフィルム」を最近では利用しています。


実際「硬度ガラスフィルム」が2,000円ほどすると考えればある意味正しい考えかたかも知れません
「前提」として、「保護フィルム」のほか「手帳タイプの液晶が隠れるタイプ」の「保護カバー」と併用する必要はありますが、「落としてヒビが入る」ケースも減りましたし、こうした使い方であれば「1,000円以下」の保護フィルムとほぼ遜色なく使えているのが実感です。

100en-film-001

ただ、「確実な違い」として「気泡が入りやすい」「そのうちズレが出てくる」という欠点は確かにありますが、「高いもの(とは言っても500円~1,000円程度)」も似たりよったりの製品な印象ですので、同じ「どうせ貼りなおす」前提であれば「100円ショップ」の「保護カバー」という選択肢もアリだと思います。

ただし、画面の大きい「iPad」など「タブレット端末」に関しては「テレビ代わり」に頻繁に触る頻度が高く、ピタッと張り付いていないと「画面へのストレス」がたまるケースもあったので、少し贅沢したほうが、あとあと「市販の家庭用カラスクリーナー」で「汚れ落とし」「艶出し」などもできるので、要は「使い分け」て使うのがベターな選択だと思われます。

AQUOS R ケース 本革 SH-03J SHV39 604SH 手帳ケース レザー アクオスアール カバー 手帳 スマホケース 手帳型 携帯ケース スマホ スマホカバー アクオスr カバー SHARP スマートフォン ストラップ カード収納
by カエレバ

iPad 9.7ガラスフィルムiPad Pro9.7 ipad air ipad air2 iPad 10.2インチ ガラスフィルム ブルーライトカット 表面硬度9H 強化ガラス 高透過率液晶保護フィルム ラウンドエッジ加工 気泡レス 耐指紋 撥油性 高透過率 耐衝撃 飛散防止処理 反射防止気泡防止 超薄 透明
by カエレバ




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「電動給湯ポット」が保温できなくなったので「Peacock」製品を購入してみた



「電動給湯ポット」が保温できなくなったので「Peacock」製品を購入してみた

peacock-000

10年ほど使用していた「Zojirushi」「電気給湯ポット」「お湯は沸かせるが保温されない」状態になってしまったので、そんなに高価なものでもないので新品を購入することにしました。

幸い「JCBギフトカード」が5,000円分余っていたので、このカードが利用できる「ヤマダ電機」で「Peacock」製の「電気給湯ポット」を見つけ購入してみました。
「ピーコック魔法瓶」ブランドは「ジェネリック」にあらず、「アラジン魔法瓶」同様わりと「老舗」
「Peacock(ピーコック)」というブランドはあまり馴染みのない名前かも知れませんが、いわゆる「ジェネリック」や「海外製」ではなく、「魔法瓶メーカー」としては「アラジン魔法瓶」同様、わりと歴史のある製品です。

この市場に於いては「Tiger」「Zojirushi」がほとんど独占している印象がありますが、「家電量販店」や「ホームセンター」などで見かける事もあります。

↓壊れた「Zojirushi」の「電気給湯ポット」
peacock-001

製品の特長としては「Tiger」「Zojirushi」製品は機能が豊富なのは良いのですが、「ボタン等操作が分かりにくい」のに対し「Peacock」製品は本当に「シンプル」「沸かす、保温」だけなので逆に物足りない印象を受けますが、もっとも「それだけ」しか使わないので「高齢の親」でも「説明せずに使いこなして」いるようです。

ピーコック WMZ-22 電動給湯ポット 2.2L グレー
by カエレバ


peacock-002

ただ、気になる点もなくはなく、材質のプラスチックに高級感がないところと、気にしなければ何でもないのですが「上蓋がしっかり閉まっていない気がしないでもない」ですが、1週間ほど使ってみて、特段「機能に影響」がでるわけでもないようなので、これも「慣れ」次第なのでしょう。

peacock-004

「電気給湯ポット」に限らず、こうした「白物家電」品が「機能が確立」されており、どこのメーカーでも機能、耐久性に大差はないので、「自分にとって使いやすいもの」を選ぶという選択肢もアリでしょう。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「ひかり電話」「ケーブルプラス」は「盗聴」されにくいと言われていますが・・・



「ひかり電話」「ケーブルプラス」は「盗聴」されにくいと言われていますが・・・

touchouki

「ひかり電話」プロバイダの仕事にかかわっていた数年前に訪問した顧客宅(個人事務所)で、「電話が盗聴されている」という苦情に対応した事があります。

ただ、当時の話なので現在、違う手口が出回っている可能性もあるので、古い情報かも知れませんのでご承知おきを。
怪しい?「通販」で入手できる「電話盗聴器」は「NTTメタル回線向け」がほとんどなので「ひかり電話」「ケーブルプラス」には非対応とは言われていますが・・・
状況としては、「ひかり電話」の一種で「光ファイバー」ではなく「同軸ケーブル」に「eMTA」という端末からモジュラーでつながった「ケーブルプラス」で端末がお客様手持ちの「コードレス電話機」。

通話内容が「SNS」で晒されているという事で、お客様自身で電話機自体を買い替えられ、「盗聴器発見業者」に宅内を確認してもらったが盗聴器等発見されず、「屋外の回線上で盗聴されているのではと言われたのでなんとかしろ!」というもの。

念のために「技術スタッフ」と同行し、「テクニカルサポート」と連絡をとりあいながら再度確認することに・・・。

あらかじめ調べておいた「外部からの盗聴方法」として、個人レベルで、秋葉原や一部の「ネット通販」で入手できる「電話線にかませる盗聴可能な機器」は「NTTのメタル回線(アナログ)」用のもので、「宅内→幹線間同軸ケーブル」+「幹線→電話網光ファイバー」のデジタル経路では「盗聴不可能」とされています。

ただし、「政府機関」「捜査機関」では可能かも知れませんが、とんでもなく「高価」なものらしいので、とても「個人の誹謗中傷」に使うレベルのものでもなさそうです。

ちなみに、いかに回線が「盗聴しにくい構造」であったとしても「コードレス電話機」の「親機と子機」の通信がアナログ電波がほとんどなので、そこを「盗聴」される可能性も注意しなければなりません。

  

あくまで「個人的見解」なのですが「お客様」自身「被害者妄想が強い」「人間不信」感のある方に思われたので、おそらく「盗聴器発見業者」を信じ切ってしまっているかなとも見受けられましたので「深追い」はしませんでしたが「単なる勘違い」であってほしいと感じます。

気になる「その後」このお客様、何故だか「盗聴リスク」の高い「NTTのメタル回線」に変更されましたが、「誰かに騙されている」のかなあ、とあとあと心配になりましたが、もう「お客様」ではありませんので、今度の「通信業者さん」も同じ思いをするのであろうと、要らぬ心配をしたものです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「ひかり電話」がよく使えなくなるお宅の理由



「ひかり電話」がよく使えなくなるお宅の理由

hikaridenwa-000

自宅などの「固定電話」「インターネット」「光回線」「ケーブルテレビ」に変更した際、「固定電話」を、月々の基本料金・通話料金が安くなるから、という理由で「ひかり電話」「ケーブルプラス」「J:COMプラス」などに変更されるお宅も多いと思います。

しかし、こうしたお宅からよく相談依頼がくるのが「電話が使えなくなった」というもの

これらの「原因」は、「単純」な勘違いであることがほとんどなので「壊れた」「品質が悪い」と考え前に「一度確認」してみましょう。
単純にモジュラーを差す「ルータ」「eMTA」の電源落ちがほとんど。壁のモジュラー端子は「NTTメタル線」用しか利用できません
こうした従来の「NTTのメタル回線以外の電話」の場合は壁に「電源コンセント。テレビ端子などと一緒に設置されているモジュラージャック」にコードを接続するのではなく、「ひかり回線」では「ルーター」と呼ばれる端末「ケーブルプラス」の場合「eMTA」と呼ばれる機器に付いている「モジュラージャック」に接続する形式になります。

よく勘違いされるのは「インターネットもNTT」だから今まで通り壁の「モジュラージャック」でいいと思われている方も多いのですが「電話の仕組み自体が違う」ので、こうした機器を経由する必要があるのです。

hikaridenwa-001

こうした電話のトラブルで訪問する際、ほとんどの場合「ルーター」「eMTA」の電源が入っていなかったり、わざわざ「壁のモジュラージャック」に差しなおされているケースがほとんどのように見受けられます。

原因としてよく聞かれるのが「掃除中によくわからず邪魔になるので機器を外した」「機器が熱も持っているのでこわいので電源を切ってしまった」というもの。

こうした原因の場合「インターネット自体」も使用できなくなっているはずです、ごくごく単純なので、まずこのあたりの原因を確認してみる事をおすすめします。

また、「電気屋さん」によってはこうした「ひかり電話は停電時使用できない」と説明する業者さんもいるようですが、そもそも市販の電話機自体「停電したら使用できない」ので、「携帯電話」など、別の通話手段をあらかじめ確保しておく必要はあるかと思います。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

最近量販店などで見かける白物家電ブランド「AQUA」-じつは元「SANYO」で国内製造であるらしい



最近量販店などで見かける白物家電ブランド「AQUA」-じつは元「SANYO」で国内製造であるらしい

aqua-000

ここのところ、我が家の「冷蔵庫」の調子がおかしいので「家電量販店」で「物色」しているところですが、「小型、中型」の冷蔵庫で手ごろな価格感があり、複数の店舗で見かけるのが「AQUA(アクア)」というブランド。
中国企業傘下ながら国内生産にこだわるかつての大手ブランドが「白物家電市場」で出回っています
あまり聞いたことのない「AQUA」というブランド、一見「海外メーカー」やいわゆる「ジェネリック家電」のような印象を受けますが、製造はかつての大手家電ブランドであった「SANYO(三洋)」白物家電部門が一度「松下(現Panasonic)」に吸収合併されたのち、中国の「Haier(ハイアール)」傘下になり、存続しているものです。



この「AQUA」は、旧三洋電機東京製作所の機能を継承したハイアールアジアR&D(埼玉県熊谷市)に開発本部を置き、またハイアール傘下で新たに設立されたR&D京都(京都府京都市)で洗濯機を開発しているようです。

洗濯機の製造は、半世紀にわたって三洋電機の洗濯機の製造を担当していた湖南電機(滋賀県草津市)が引き続いて担当しており、中国メーカーの傘下となった後も日本国内で洗濯機の製造にこだわっています。

aqua-001

「ジョーシン」や「ビックカメラ&コジマ」など「家電量販店」の「PB(プライベートブランド)」の製品の「製造元」としての役割も担っているようです。

AQUA アクア 《基本設置料金セット》AQR-8G-S 冷蔵庫 ブラッシュシルバー [1ドア /右開きタイプ /75L][冷蔵庫 小型 一人暮らし 静音 AQR8G_S]

by カエレバ


さまざまなメディアで「単身者向け」としてプッシュされている他、「白物家電のセット販売」のラインナップにも加わっているのも見かけます。

AQW-FV800E-W アクア 8.0kg ドラム式洗濯機【左開き】ホワイト AQUA Hot Water Washing(乾燥機能なし) [AQWFV800EW]
by カエレバ
↓ちなみに湖南電機本社工場(滋賀県草津市)はハイアールグループの日本随一の生産拠点となっており、湖南電機本社工場の製造分だけで「コインランドリー」等の業務用洗濯機の国内シェアの約4割を占めるといわれています。

aqua-002

簡単にいうと、かつての「三洋電機」が「AQUA」という名称になっていると思ったほうが分かりやすいかも知れません。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク