セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

スマートテレビ

「BOD(ビジネスオンデマンド)」契約する前に「無料視聴」できる番組を確認してみる



「BOD(ビジネスオンデマンド)」契約する前に「無料視聴」できる番組を確認してみる

bod-000

「BOD(ビジネスオンデマンド)」とは「テレビ東京系」の人気ビジネス番組を有料で「オンデマンド配信」するサービスで、スマホ・タブレットはもちろん、「Chromecast」「FireTV」にも対応していますが、そもそも地デジの「テレビ東京」BSの「BSジャパン」で放映されている番組ですので、自宅で観る分には「レコーダー」で「予約録画」すればいい話ですが外出先で、スマホ等端末で視聴するため、月額500円(税抜)の料金が「安い」のか「高い」か意見の分かれるところのようです。


Google Play で手に入れよう

bod-003

ただし、2019年1月現在、専用アプリの安定的な動作には改善を求むさまざまなレビューが存在しているようです。
基本的に「レコーダー」に録画すれば済みますが「TVer」でも割と視聴できるようです
メインのコンテンツとして、「WBS(ワールドビジネスサテライト)」「日経プラス10」「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」不定期ながら「池上ワールド」等がありますが、地デジで放映されている番組については「ワンセグ」対応機種ならエリアによってはこれで対応できますし、「Panasonic製レコーダー」の一部では録画した番組をSDカードなどに「持ち出し」機能で端末視聴できない事もないですが・・・。

bod-001

一番現実的に無料視聴できるのが見逃し配信「TVer」でしょう。

bod-002

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」は再送信していませんが、「日経プラス10」「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」等、人気ところは押さえてあるようですがあくまで「見逃し配信」なので遡って1週間の間に視聴する必要がありますが翌日にはチェックすべき「ニュース・報道番組」なので、そのあたりは問題ないと個人的には思いますが・・・。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


「Chromecast/FireTV」を使って「WOWOW」1台分の契約で他の部屋のテレビでも番組を楽しむ方法



「Chromecast/FireTV」を使って「WOWOW」1台分の契約で他の部屋のテレビでも番組を楽しむ方法

wow-wooo-000

「WOWOW」の契約は「世帯」ごとではなく「B-CASカード」ごとになるため、テレビを複数台所有していても「契約登録されたB-CASカード」搭載のテレビ・レコーダーでしか視聴できない仕組みになっています。

しかし、「WOWOW」加入者のみ利用できる、「WOWOWメンバーズオンデマンド」というアプリでスマホ・タブレットで「オンデマンド配信番組」はもちろん、一部の「WOWOWププライム」「WOWOWライブ」「WOWOWシネマ」の番組を「同時配信(リアルタイム視聴)」ができるようになっています。

2019年にこの「WOWOWメンバーズオンデマンド」アプリが「Chromecast」「FireTV」にも対応するようになり、仕組上、これらの「STBドングル」を「契約したB-CASカード」以外のテレビに「キャスト」して視聴が可能である事が確認できましたので報告します。




「同時配信(リアルタイム視聴)」には一部対応していない番組もあり「録画不可」ですが「アプリ」を画面キャストすることで「複数契約」することなく視聴可能でした
wow-wooo-001

↑本来、「契約B-CASカード」が搭載されていないテレビ「WOWOW」のチャンネルを合わせると「このチャンネルは契約されていません」というメッセージが表示されますが・・・。





このテレビに「Chromecast」を接続して「iPad」のインストールされた「WOWOWメンバーズオンデマンド」アプリを立ち上げて「キャストマーク」をタップします

wow-wooo-002

ちゃんと「オンデマンド番組」を再生することができました。

wow-wooo-003

次に「WOWOWライブ」「WOWOWシネマ」「WOWOWプライム」の「同時配信」を視聴してみましたが、特に違和感なく視聴できました。

wow-wooo-004

wow-wooo-005

ただし注意したいのがこのアプリの場合「Netflix」や「AmazonPrime Video」と違い「録画機能がない」ので「録画」は「B-CASカード」搭載機にまかせ「WOWOWメンバーズオンデマンド」で公開されているコンテンツを楽しむだけ、という点。

しかし私の環境の場合録画は居間の「メイン」のテレビレコーダーで行い寝室で「WOWOW」の映画・ドラマなどを「オンデマンド視聴」する利用方法なので、とくに不満は感じません。

画質はそれぞれのテレビ自体の「アップコンバート機能」の性能によるところが大きいようなので、テレビのサイズが「19~32型」ほどの「サブ機」であればほぼ「違和感」なく視聴できるレベルであるとの印象です。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由ー「DVDソフト」の画質の粗さが目立つ



「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由ー「DVDソフト」の画質の粗さが目立つ

4K-DVD

「動画サブスクリプションサービス」全盛の現在、「DVDコンテンツ」が結構「割安」で入手可能で「今が買い」的な雰囲気ではありますが、「フルHDテレビ」ではあまり気にならないのですが、「4Kテレビ」で視聴すると結構「画質の粗さ」が気になるケースを感じます。
「24倍」もの引き伸ばしになるのでどうしても「イマイチな画質」になってしまうのは致し方ないところ?
基本的に「DVD」「SD画質’(720ドットX480ドット)」なので、「24倍(3840ドットX2160ドット)の4K画質」「4Kテレビ」で再生すれば当然「24倍の引き延ばした」画像になるのでどうしても粗いところが目立つのは致し方ないところ。

多くの「4Kテレビ」で4K以外のコンテンツを4K画質に近づける「アップコンバート機能」が搭載されていますが、この機能あくまで「地上波」などの「HD」「フルHD」に対応しているものなので「SD画質のDVD」ですと、もともとの「ノイズ」が目立ったり、「解析度不足」が気になりやすくなります。

「過去の音楽ライブ映像」「デジタルリマスターされた旧作の映画作品」などはあまり気になりませんが新作の映画(とくにアニメ作品に感じる)、自然の景色、最新映像効果をふんだんに使用しているコンテンツですと「映像の落差」がかなり感じられるようです。

新たに「4Kテレビ」を購入する際、「お気に入りのコンテンツ」などは「ブルーレイ」などに「買い替える」という選択肢「コレクションを充実」させる手段かも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「YouTube Premium」契約する前にー「どがれこ」で動画ダウンロードして「オフライン視聴」(Windows10)



「YouTube Premium」契約する前にー「どがれこ」で動画ダウンロードして「オフライン視聴」(Windows10)

dareko-001

「YouTube Premium」の場合、「オフライン」でダウンロードされた動画は「Premium」アプリ内で「再生」する形式になるようですが、ファイル形式を汎用の「MP4形式」で保存できれば、PC,端末に関係なく使用できるので大いに利用したいところですが、「YouTube側」も現行の「ダウンローダー」で対応できない動画が増えているなど「無料ダウンロード」が難しいケースが多くなってきました。


「YouTube」の他「ニコニコ動画」はダウンロード確認、どうも「FC2」「Gyao!」はうまくできません


dorareko-000
「5KPlayer」など定番の「ダウンローダー」で多数の「YouTubeコンテンツ」が非対応になってしまっている現状ですが、意外な伏兵として最近気に入っているのが、ラジオ録音ソフト「どがらじ」から派生した「どがれこ」でかろうじて(すべての動画ではないようですが)現状有効な「ダウンローダー」のようです。

dreko-015

利用方法は、「動画」を選択すると、「YouTube」「ニコニコ動画」「FC2」「Gyao!」「bilibili(中華系?)」のボタンが表示されますので、それぞれ「ログイン」して「動画を再生」すると、画面右上の「ダウンロードボタン」をクリックすると「ダウンロード」が始まります。

dreko-012
「ダウンロード」が完了すると「ビデオライブラリ」に上記のように「サムネイル表示」されますので「アイコン」をクリックすると「どがれこ」内のプレイヤーで下のように「再生」されます。

dreko-010

「デフォルト」での「ファイル設定」は「動画」の場合、汎用の「MP4形式」「ダウンロード先」も変更できますので、自分の環境に合わせて変更も可能です。

dreko-011

「画質」「音質」もそれぞれ細かく設定可能ですが、最近のPC,スマホ・タブレットであればストレージ、メモリにけっこう余裕がありますので「最高値」でも問題ないと思われます。


dreko-013

「MP4形式」で保存できるので「VLCプレイヤー」などほとんどの「メディアプレイヤー」ソフト・スマホアプリでも「再生」できるのはありがたいところです。

↓「ニコニコ動画」でも同様に「ダウンロード」が可能でした。
dreko-003

dreko-004
しかしながら、表示されている「Gyao!」「FC2」ではいろいろ試してみても、肝心の「ダウンロードボタン」が表示されないので、私の環境下ではいずれも「ダウンロード」できませんでした。
dreko-005



「Gyao!」「FC2」については以前から「ダウンロード」には目を光らせているようで、「イタチごっこ」を繰り返している様相ですので、「いずれ回復」するのを期待するしかなさそうではあります。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


「どがらじ」が利用できなくなったーなので調べてみました



「どがらじ」が利用できなくなったーなので調べてみました

doga-non-001
10月に入って、radikoなどネットを介した「ラジオ番組」「タイムフリー録音」「録音予約」ができなくなり、しまいには下記のメッセージが表示され、ソフト自体起動すらしなくなってしまいました。

doga-non-002

2019年10月27日時点、Andoroid端末向けの姉妹アプリ「らくらじ」では「予約録音」に難があるものの「タイムフリー録音」はうまくできていますので、サービス自体終了したわけではないようです。

どうも気づかない間に機能分轄され新にリリースされていたようで

↑「どがらじ」公式サイトを確認してみると、どうも「どがれこ(Win用)「うぇぶれこ(Win用)」「らじれこ(Win用)」「らくらじ(Android用)」4つに分かれてサービスを継続しているようです。

doga-non-003

今回は、個人的に結構な頻度で利用していた「radiko番組を録音」するため、「タイムフリー」「予約録音」機能に特化した「らじれこ」で機能を検証してみました。(ちなみにWin版が使えない間、録音はAndroid用らくらじで利用していました)

doga-non-004

ダウンロード画面で注意したいのが「ダウンロードボタン」

画面中央の「ここから開始」ボタンは別ソフト(フリーソフトの同時ダンロード問題でおなじみのWinZIP)なので、「らじれこ」アイコン下の「ダウンロード」ボタンが正解のようです。


doga-non-005


doga-non-006

「らじれこ」のインストールが完了すると、おなじみのレイアウトながら「メニュー」が「radikoの録音に特化」した作りになっています。

doga-non-007

気になるのが「起動に時間がかかる」のは相変わらずですが・・・。




doga-non-011

使用方法としては「どがらじ」同様「番組名」左側の「タイムフリー録音」ボタンをクリックするだけ。

doga-non-010
「タイムフリー録音」は以前通り録音成功、対応しているチャンネルの番組は「録音」できましたが「NHK番組」は対象外なので「予約録音」するしかなさそうです。




doga-non-013


「予約録音」された番組については、「radiko」「NHK」に限らず「録音自体はできるものの、時間通りでなかったり、録音開始時間のズレ、録音時間が短いなど」問題点は相変わらずのようではあるようです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク