セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

スマートテレビ

もはや「グレイ」ではない、最近メジャーになりつつある「Android TV」とは?



もはや「グレイ」ではない、最近メジャーになりつつある「Android TV」とは?

and-tv-000

一時期「AndroidTV」と名の付く製品は、海外製の「何でも観れてしまうちょっとグレイなセットトップボックス」のイメージがありましたが「動画サブスクリプション」サービスの利用が一般的になりつつ現在、「標準の機能」として採用するテレビが増えてきているようです。


数年前には「怪しいTVBOX」のイメージがありましたが今や標準機能になりつつあるようです
従来より「怪しいBOX」でなくとも「HDMI」端子に差して視聴する外付けの「Chromecast」「FireTV」「AppleTV」を使用すればこれらのサービスを利用する事ができましたが、「テレビ自体にChromecastなどを内蔵」し「テレビのリモコンで操作できる」という分かりやすい製品が増えてきています。



ちなみにこうした視聴方式は「AppleのiOsを搭載したAppleTV」「AndroidTVと呼ばれるChromecastやAmazonのFireTV」がありますが、国内で販売されているテレビに限っていえば、Chromecastを内蔵したモデルがほとんどのようです。(もっとも観れるコンテンツはあまり変わらないのでユーザー側としては気にする必要はありませんが)

出始めは「Amazonプライムビデオ」に非対応な機種がほとんどでしたが、GoogleAmazon「和解?」によってなのか対応しているテレビも増えてきているようです。

and-tv-001

テレビによっては利用できるサービスが限られていたり「ブラウザ機能が使えない」場合も多いのですが↓「外付けBOX」を利用する事によりより「スマート」なテレビ環境が構築できます。

PIXELA(ピクセラ) Smart Box 4K HDR対応(KSTB5043)
by カエレバ

新型 Amazon Fire TV Stick ニューモデル アマゾンファイヤーtvスティック ファイヤースティックtv YouTube Amazonビデオ アマゾンビデオ Netflix hulu 映画 海外ドラマ ファイヤtvスティック ファイアtvスティック
by カエレバ

【キャッシュレス5%還元店】グーグル Google クロームキャスト ウルトラ Chromecast Ultra ブラック GA3A00416A16
by カエレバ
個人的には「動画サブスクリプション」視聴には「FireTV」スマホ・タブレット画面のミラーリングキャストには「Chromecast」を使い分け愛用しています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「YouTube Premium」契約する前に-うっとうしい「再生前広告」をカットするブラウザの拡張機能「Enhancer」



「YouTube Premium」契約する前に-うっとうしい「再生前広告」をカットするブラウザの拡張機能「Enhancer」

yt-cmcut-000

「うっとうしい再生前広告がなくすぐ再生される」というのが「YouTube Premium」の「売り」ですが、感覚とした決して「完全に」ではないものの、「Chrome」「FireFox」ブラウザの「拡張機能」「アドオン」として「Enhancer」が公開されており、実質「無料」で近い環境で実際使用できるか検証してみた感想を報告します。
「完全にカット」とは言い切れませんが、「Chromecast」「FireTV」を通せばテレビの視聴でも快適です
↓「Chrome」ブラウザ版「Chromeストア」から入手するようになります。


↑上記の「ストア」から「Enhancer for YouTube」を検索、検索結果で「Chromeに追加」をクリックすれば、それぞれのブラウザに「追加」されます。

yt-cmcut-001

最初に、ブラウザの「ツールバー」のアイコンから「Enhancer for YouTube」のボタンをクリックして「設定」を行う必要があります。

そこから「プレーヤー」の項目を探します。

そこで、「広告を自動的に削除する」「注釈を自動的に削除する」左側のチェックボックスを「オン」にして、下にスクロールして「保存」をクリックすれば設定は完了です。

あとは通常通り「YouTube」を再生すれば、再生前に数秒流れる「広告」をカットする事ができるようになるのですが・・・。

検証してみると、「すぐ消えるものの広告が一瞬表示」されたり、再生前途中に挟まれた「広告」の再生が始まるケースも確認できました。

yt-cmcut-002
なお、「途中広告の再生」に関しては「Ctrl」+「Del」「ショートカットキー」操作ですぐ消えるようですが・・・。

ただし、こうした「拡張機能」」「アドオン」についてはYouTubeを管理している「Google」の「さじ加減」のようなので「Premium」加入者増を目指す側としては何としても「無効化」に向かう可能性はあるかも知れません。

なお、テレビキャストデバイス「Chromecast」でPCのブラウザ上から「キャスト」すると「PC画面をキャスト」するため、PCのタブと同じように再生されるようです。

また「因果関係」は確認できません「FireTV」の内蔵アプリからでも「PCと同じアカウント」で使用すると「再生前広告」が非表示になる場合もあるようですが、理由は不明です。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「YouTube Premium」契約する前に-「動画ダウンロード」の現状



「YouTube Premium」契約する前に-「動画ダウンロード」の現状

11437eaa7033ab8b1f0d4ce1f22d238a_s

「YouTube Premium」の説明では動画を「ダウンロード」といわず「一時保存」といういい方をされているようです。

2020年に入って「一部の動画」が「ダウンロードソフト」で読み込まない、とか「動画自体はダウンロードできるものの音声が入らない」という声を聞くようになりました。

確かに「5KPlayer」「WinX YouTube Dounloader」など「定番のダウンローダー」でも「一部動画」については上記のような症状が確認されている上、ブラウザの「アドオン」「拡張機能」ですと「Chrome」用についてはほぼ全滅、「FireFox」向けについても、じわじわと同じ動きになりつつあるように感じます。
「公式チャンネル」「PV」など一部完全に保存できない動画が増えてきているようです
特にこうした症状が出る動画については「公式チャンネル」と呼ばれる配信形態、ミュージシャンの「PV」「MV」について顕著にみられる現象のようです。

以前から「CBS」「SONY」「axex」などネット配信に消極的な会社の動画に、「一定期間しか配信しない」「短縮バージョンのみ配信」など指摘されていたところですが、おそらくですが「ダウンロード規制信号」が入っているような印象を感じざるを得ない動画も見受けられるようです。

↓このページで紹介した「定番ダウンローダー」でも現在「保存できない」場合も・・・



↓「どがれこ」の場合、「一部動画の最後部分が切れてしまう」という報告もあるようですが、わりと「ダウンロードできる」との評判が聞かれます・






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

4Kテレビー周辺機器が揃っていれば「Hisense」もコスパ良しかも



4Kテレビー周辺機器が揃っていれば「Hisense」もコスパ良しかも

hisence-000

我が家の居間のテレビは、2011年「地デジ化」前の「2009年」に購入した、SHARPの「AQUOS」なのですが、さすがに10年以上前の製品ですと「フルHD(2K)画質でない」「外付けHDDに対応していない」「ファミリンクなるひと昔前の接続規格でHDMI端子が足りない」など、そろそろ「物足りなく」感じるようになり、家電量販店に出向く際にはいろいろ比較検討してみています。

さすが国内、海外メーカー問わず「有機EL」はとてもきれいで各社その差は感じられないのですが、それもそのはず、ほとんどの「液晶」「有機EL」パネルは韓国の「LG製」のOEMなので画面の差はほとんどないと言えるでしょう。

国内メーカーの特徴としては「タイムシフト再生」「AndroidTV内蔵」「音質の改善」などで「付加価値」をつけて「差別化」を図っているようですが、「4K液晶タイプ」で、実売10万円以上、「有機ELタイプ」で、約20万前後から単価を上げて売りたい価格設定のように感じます。
「タイムシフト不要」「レコーダーあり」「FireTV」「サウンドバー」など揃っていれば「ほぼREGZA」なので割安かも
ただ、我が家の場合、「BDレコーダー」「サウンドバー」「FireTV 4K」を追加して今のテレビの足りない部分はカバーできているので、国内メーカー製だと「オーバースペック」気味。

そこで選択肢に入ってくるのは「海外勢」

余計な(というか既にもっている)機能が不要なのであれば交渉次第かも知れませんが、「液晶」で「数万円台」「有機EL」で「10万円台」で購入できる可能性があります。

ちなみに海外勢で注目なのは「東芝」のテレビ事業を買い取った中国の「Hisense(ハイセンス」製「有機EL」テレビ。

東芝といえば「REGZAエンジン」「ゲームモード」が売りでしたが、その技術もしっかりと「Hisense」に持っていかれています。

例えば今回店頭で見かけたHisenceのテレビではさすがに「ゲームモード」には非対応でしたが「REGZAエンジン」はしっかり積んでおり、「EPG(電子番組表)」「メニュー画面」はまったく同じでした。

hisence-001


hisence-002

中身が同じようには感じますが、さすがに「リモコン」は別デザインのようです。

hisence-003


hisence-004





↑「FireTV 4K」をもっているのであれば何も「ネット動画対応テレビ」にする必要もありません
別売りといっても「1万円以下」で購入できるうえ、テレビによって利用できるサービスが異なるのでいずれ購入する可能性もあります。


確かにいろいろ出揃って、価格もこなれてきている感はありますが、個人的に「東京オリンピック」にはあまり興味はないのと、競技によっては前回の「北京」同様、「テレビ放送側が非対応」の場合も多いに予想されますので、現状のまま我慢して「五輪後販売不振時」の値下げを待つ、という方法もありそうな雰囲気ではあります。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「TVer」「Gyao!」動画をダウンロードする「Chrome」「FireFox」の拡張機能-現在は「Ant Download Manager」が有効のよう



「TVer」「Gyao!」動画をダウンロードする「Chrome」「FireFox」の拡張機能-現在は「Ant Download Manager」が有効のよう

tver-gya0-roku-001

人気の動画ストリーミングサービス「TVer」と「Gyao!」ダウンロードについては、過去様々な方法が公開されては無効化される、のイタチごっこを繰り返していますが、「ソフト型ダウンローダー」については全滅ブラウザの「拡張機能」「アドオン」として、あまりアナウンスされず細々と対応されていましたが有用とされていた「ダウンロードヘルパー」「ストリームレコーダー」でも現在、非対応の上、公式には配布されていない状態です。


現状「ストリームレコーダー」が無効なのでこの方法が有効のようですが今のうちかも知れません
そんな中、現在「Chrome」「FireFox」ブラウザの「拡張機能」として配布されているのが「Ant Download Manager」になります。

「Ant Download Manager(Chrome版)」

「Ant Downloa Manager(FireFox版)」

↓「海外語」ですが紹介動画がアップされていましたので「参考」に導入しました。



「言語」が多数選択できるのですが、「日本語」には対応されていません。
有志が「日本語化ファイル」を作成し公開してくれているので、ありがたく利用させてもらいました。



使用方法は「TVer」「Gyao!」の動画を再生すると、画面右上に「ダウンロードボタン」が表示されます。

tver-gyao-roku-003

「MP3」「MP4」と作成ファイルの選択ができますので、ここでは動画なので「MP4」をクリックします。

tver-gyao-003

取り込まれたファイルは、Windows10の場合、「PC」→「ビデオ」のフォルダに保存されます。

tver-gyao-roku-002

↑汎用の「VLCプレイヤー」で再生してみました。MP4ファイルなので、Windows標準搭載の「映画&テレビ」「Windows Media Player」でも当然のように再生が可能です。

tver-gya0-roku-005

厳密には「ソフト型ダウンローダー」がバックグラウンドで動作していて「ブラウザ上で操作している」仕組みになっています。

ただし、現状でも「YouTube」動画はほとんど不可であったり、「TVer」「Gyao!」動画も一部しか対応しておらず、他の「拡張機能」同様、いずれダウンロードできなくなる可能性も大ですので、保存できるうちにダウンロードしておいたほうが良いかも知れません。

このような問題はあるものの、他の動画サイト(海外サイト)にはかなり対応されているようなので、心配なサイトの登録をしなくてもダウンロードできる場合もありそうですが、あくまで「自己責任」で試してみる価値はあるかも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク