セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

Windows10

「Windows10」と「Android」スマホとの連携機能






「Windows10」と「Android」スマホとの連携機能


win10-suma-000


「iPhone」「iPad」など「iOs」端末の場合、PCとの「データ同期・管理」は、Appleの「iTunes」が用意されていて、利用されている方も多いと思いますが、「Android」端末では「iTunes」は利用できません。

しかし、現在の「Windows10」の機能のひとつとして、「スマホ同期」が追加され、Android端末「画像」などのファイルをPCに同期、さらに「SMS」の内容を確認できるようになっています。
WiFi連携でPCでスマホ内の画像ファイルやSMS内容を確認できるようになりました
win10-suma-002

「PC」と「スマホ」を同期させるために必要なのは、PC側では「Windows10」を最新版にアップデートしておく事と、「Playストア」から「スマホ同期管理アプリ」のダウンロードです。


win10-suma-004
Google Play で手に入れよう
「ダウンロード」→「インストール」」されると以下の画面表示になりますので、「PCに接続します」タップします。

win10-sum-005

PC側では「スタ-トメニュー」から「スマホ同期」クリックします。

すると「WiFi」につながっていれば、自動的に「スマホを検知」してくれます。



win10-suma-010

これで、スマホ内「画像」などのデータを「同期」できるようになります。

win10-suma-011

個人的な感想として、「メール」「SNS」、同一アカウントで、スマホとPCで「同期」できていたのですが、わりと頻繁に利用している「SMS」PC上で確認できる点が非常に便利だと感じています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






ドンキの「激安ストイックPC」の対抗馬が注目






ドンキの「激安ストイックPC」の対抗馬が注目


donki-p-000

約2万円で手に入る、ドンキの「情熱価格MUGAストイックPC」

低価格故に「スペック不足」が指摘されていましたが、この価格帯で「フルHDディスプレイ」を搭載し、最新機では、メモリが4GBにアップし、「ネット閲覧」や「かんたんな書類作成」程度であれば「何とか使えるレベル」との評判のようです。

「3万円台」でも、「ストレス」あまりを感じない他社製品も今なら見つかるようです
とは言うものの、「ネット閲覧」「SNS」「メール」をメイン「タブレット代わり」に使いたい場合、安く購入できますが、「力不足感」は否めないようです。



スペック的に、内蔵ストレージ32GBは、ミドルクラスのスマホ・タブレット機が64~128GBなので、「クラウド」メインにするとしても、前モデルでも問題となった「OS更新がうまくできない」点などはそのままなので、「携帯端末」と割り切って使うか、1年くらい持てばOKという考えるならば「買い」でしょう。

OS
Windows10 HOME (64it)
CPU
Intel Atom x5-Z8350(1.44GHz)
ディスプレイ
15.6型フルHD液晶
メモリ
4GB(増設・変更不可)
ストレージ32GB eMMC


対して、「音声」「動画」編集したい場合には、正直「使い物にならない」ので、似たスペックで、約1万円ほどプラスすれば、「MS-Office非搭載」機を探せば結構見つかるようです。


HP HP-15-db000


OS
Windows10 HOME (64it)
CPU
AMD E2-9000eデュアルコアAPU
ディスプレイ
15.6型フルHD液晶
メモリ4GB
ストレージ
大容量1TB HDD

この価格帯で、ストレージが大容量「1TB」あるので「動画ファイルの編集・管理」したい向きには、この手の機種を選んだほうが、「ストレス」なく、あとあと後悔しない選択肢かも知れません。


GLM 超軽量ノートPC FullHD(14.1インチ SSD240GB)




OS
Windows10 Pro (64it)
CPU
INTEL Celeron J3455 1.5GHz
ディスプレイ
14.1インチIPSフルHD液晶
メモリ6GB
ストレージSSD:240GB

「MS-Office」が搭載されている上、メモリも「6GB」もある、「ビジネス用途」には、ストレージ「SSD:240GB」ながらも「クラウド」ベースならば充分使用に耐えられる機種だと思われます。

この他、「MS-Office」非搭載であれば、割と新品でも、3万円台でも見つかるものです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






スマホの「SMS」などPCで閲覧・書き込みができる-Windows10の新機能






スマホの「SMS」などPCで閲覧・書き込みができる-Windows10の新機能


suma-douki-001

「Windows10」の2018April アップデートから追加された機能として、PCで「Androidスマホ」の「SMS」、端末内の「写真」など閲覧できる、「スマホ同期」機能が追加されました。
意外に便利、Windows10の「スマホ同期」
PC側の環境は、Windows10「ストア」からダウンロードします。
suma-douki-002



「iPhone」でもリンクできるように表示されていますが、私の環境では「Androidスマホ」しか認識できませんでした。


suma-douki-004
スマホ側でも「Playストア」からアプリをダウンロードします。


Google Play で手に入れよう
suma-douki-006

スマホ同期アプリに接続することを「許可」にタップします。



suma-douki-007

PCとスマホとの連携が成功すると、下記画面のように、PCで、スマホ内の「SMSメッセージ」が表示されました。

suma-douki-005

Windows10のPC上で「SMS」メッセージの「送受信」ができます。

これで、スマホの「SMS」も他の「メール」「SNS」同様、PCで「マルチタスク作業」が可能になりました。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村








導入した覚えのない「LINE」などのアプリが勝手にインストールされる現象?






導入した覚えのない「LINE」などのアプリが勝手にインストールされる現象?


win-store-000


「Twitter」のタイムラインで「情報」が流れてきたので、ようやく原因がわかりました。

11月中ばくらいから、「Windows10」搭載マシンを起動したら、インストールした覚えのない、「LINE」のログイン画面が表示されるようになり不思議に思っていました。

「Windows10」の最新機能で「マルウェア」等、不正なアプリが強制インストールされるわけではないようですが
win-store-001

原因としては、Microsoft側で、Windows10ユーザーのニーズに合わせたお勧めアプリを自動でインストールするという、「ありがた迷惑」なリコメンド機能らしく、事前に「インストール」の案内などなく実行されてしまい、ユーザーに「混乱を招いている」おせっかい機能らしいです。

私のPCの場合、「LINE」「Amzon Prime Music」「Facebook」が、いつの間にかインストールされていました、環境によってインストールされるアプリが異なっていたり、インストールされなかったり、と異なるケースがあるそうです。

一番多く報告されているパターンとしては、「LINE」と「Candy Crash」との組合せが多いようで
す。

win-store-002

これを防ぐ方法としては、「ストア」画面から、「設定」→「アプリ更新」「オフ」にすれば止まる、との説明ですが・・・。

win-store-003

しかし、この「設定」を「オフ」にしてしまうと、必要なアプリの「自動アップデートも無効化」されてしまうというおまけ付きなので、対応に悩まされる「ありがた迷惑な便利機能」な印象を受けます。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村








「WeChat」をアンインストールしたらPCがダウン-「チャイナリスク?」






「WeChat」をアンインストールしたらPCがダウン-「チャイナリスク?」

we-cha-img

「Facebook」から、「LINE」へ誘導するのは、よく見かける行動パターンですが、最近、目立って増えている気がするのが、中国版LINEという位置づけの「WeChat」への誘導。

これ、うっかりインストールしてしまうと「後悔」するので、私の体験談をレポートします。

相手は日本人名を名乗っていても「なりすまし」アカウントのケースが散見されます
we-cha-000

私の場合、とある著名人が「WeChat」を利用して安全性を「公共の電波」で、うたっていたことを丸呑み信じてこんでしまい、ノートPCの1台にインストールしてしまったが「運の尽き」。

症状としては、「画面通知」が「WeChat」だらけになってしまい、慌ててアンインストールしても「ゾンビ」の如くPC内に居座り続け、特殊なソフトで「強制アンインストール」かけると、今度は、PC自体起動しなくなりました。

どうやら「BIOS」自体書き換えらえてしまったようで、PCはHDDを再フォーマットして「クリーンインストール」し直すしかなさそうです。

幸い、「写真」や「文書」「音楽ファイル」等は「クラウド」にバックアップしてあるので「実害」は、最小限ですが、気付かなかったのは、うかつでした。


私の場合、PC1台の被害で済みましたが、スマホアプリの「レビュー」でも「乗っ取り」「個人情報流出」など、「散々な評価」のようです。


we-cha-001

冷静に考えてみれば、そもそも「Facebook」や「LINE」を使えないお国のサービスなので、「日本人名」を名乗っていても、言語は「翻訳ソフト」、写真はネットで適当なものを「コピペ」するだけ「なりすまし」は簡単にできるはずですので「WeChat誘導」は正直、信用に欠ける思いをさせられました。

家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村









スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...