セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

スマホ/タブレット

「ガラケー(フィーチャーフォン)」で使える「格安SIM」



「ガラケー(フィーチャーフォン)」で使える「格安SIM」

garakei-000

「ガラケー(いわゆるフィーチャーフォン)」の人気も根強く、現在でも現役で使い続けている方も多いようですが、端末自体は「生産終了」、回線の提供は「NTTドコモ」が2026年、「au系(UQ含む)」が2022年、「ソフトバンク系(ワイモバイルも)」が2024年に終了の予定ですが、スマホ全盛の現在、機能に比べ「スマホより割高」感は否めないところで、実際、母の「ドコモのガラケー」で月々2,200円もかかるのでスマホより高くなるので解約した経緯もあります。

とはいえ「電話をかけるだけでいい」という向きにも、スマホと同じように「格安SIM」がないかと探していたら、2020年4月現在、「MVNO(格安SIM)」「IIJmio」「音声通話機能専用SIMケータイプラン:月々920円~」というサービスが有効なようです。
いつまで利用可能かは分かりませんが「通話」だけしかできない現在「最安」の「ケータイ」契約でしょう
このプランで気を付けたいところは、本当に「通話とSMS(ショートメッセージサービス」だけしか使えず、「メール」「SNS」「インターネット」「テザリング」「iモード」「EZweb」は端末が対応していても使えません。もっともだからこそ「安く利用できる」のですが・・・。

garakei-001

さらに、申し込みや切り替え作業は「ネットで申し込み」「自分で作業」する必要があるので、「ケータイ・スマホに詳しい家族や知人」の手助けは必要でしょう。



「基本的に安くなる」契約なのですが「Amazon」などのキャンペーン商品としてお得な「パッケージ販売」されていたり↑。

「IIJmio」公式サイトでも「キャンペーン」をしているケースもありますので、いろいろ検討してみても良いでしょう。




「ガラケー(フィーチャーフォン)」と呼ばれる以前のケータイは日本独自に規格で「バッテリーの持ち」や「防水」「防塵」など優れた機能を持っている機種も少なくなく、「電話はガラケー」「ネットはタブレット」などの2台持ちや、「家の固定電話代わりの安い回線」として端末の寿命を全うさせることも、今のうちならできそうです。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Xiaomi(シャオミ・小米科技)製品の日本での正規販売は「Amazon」のみ?



Xiaomi(シャオミ・小米科技)製品の日本での正規販売は「Amazon」のみ?

m-i-c

スマートバンド「Mi Band 4」のヒットや、au「5Gスマホ」のラインナップに名前が挙がるなど「快進撃の中華メーカー」な印象な「Xiaomi(シャオミ)」ブランドですが、ここにきて「新コロ」問題が原因なのか定かではありませんが、発表されていた、日本国内での「実店舗」による「公式ショップ」展開が延期になったり、現状「Amazon」でしか手に入らないともされていますが・・・。




「ウィルス騒動」が修了して「公式ショップ」が国内展開されれば安心できる問題ですが、どうなるのか気になるところですね
2020年3月27日現在、巷の噂になっているのが「楽天市場」に於ける「公式ショップ」が「開店」したと思ったら、ショップのページ自体が↓下記の状態。

rakuten-xiaomi

じつはこの「オフィシャルストア」について、当初から良からぬ噂は存在されているようで、どうも「Xiaomi本体」ではなく、取次の日本企業が運営しているとか、「スマホとは別の会社らしく」で、かつ、Amazon以外での「問い合わせ窓口」が「本物かどうか疑わしい」との指摘はあったようです。



もっとも「実店舗による公式ショップ」が展開されればハッキリ解決する問題ではあると思うのですが、今の情勢下では、しばらく時間はかかりそうです。



現状、正式には「Amazon」に於いては在庫自体は「FBA倉庫」からの発送になっているようで「問題」はないとされているようですが、「サポート体制」など「Xiomi」に限らず「OPPO」「ZTE」など、いわゆる「大陸系メーカー」「日本の商習慣とは異なる考え方」が少なからず存在するようで、「製品自体は素晴らしいもの」なので、今後改善が期待されるところです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「激安」「中古iPad」など「1万円以下」のタブレット端末は使えるのか?



「激安」「中古iPad」など「1万円以下」のタブレット端末は使えるのか?

tab-app-000


先日、知人が「ドラレコアプリがインストールできない」と持ち込んだ「中華製」新品で7千800円で購入したという「タブレット端末」。

よく確認してみると、Andoroidのバージョンが「4.4」内蔵ストレージが「16GB」しかないというスペックで、アプリ自体が「OSのバージョンに対応していない」というものです。

AndoroidOSは、2020年3月現在、バージョン9になっているので「OSが最低でも【8】以上アップデートできない機種」では「Instagram」「LINE」Webブラウザの「Firefox」など定番のアプリもインストールさえできないようです。


ちなみに「iPad」の場合、「iOs9」までの機種が「同様」の状態です。↓




こうした「型落ち」「中古品」はOSが対応してないので、予算が1万円以下ならAmazon「FireHD」も選択肢かも知れません
「Andoroidタブレット端末」では、「MediaPad」「dTab」など、さかんに販売されていた時期がありましたが、この市場に限っては「iPad」の独り勝ち状態で、売れ残った「ひと世代前のスペック」のタブレット端末が、秋葉原などの店頭や、ネット通販、フリマアプリで出回っているのが現状で、「格安」と思って飛びつくと「安物買いの銭失い」となってしまうケースが散見されるようです。

一方「中古のiPad」は、現状「OSアップデート可能」な機種はそれなりに「高価」ですので「1万円を切る」機種には手を出さないほうが賢明のようです。



ただ、「iPad」も「数万円」で購入できるモデルも発売されてはいますが、予算的に「1万円以下」で押さえたいという向きには、Amazon「FireHD」という選択肢もありますが、使いこなすには、それなりの知識と「保証対象外」になる場合も覚悟する必要はありますが、数千円で「iPadに負けないスペック」の機種が手に入るので「検討してみる価値」はあるかも知れません。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「5G」サービス開始「3G」ガラケー終了についてーケータイの電波のはなし



「5G」サービス開始「3G」ガラケー終了についてーケータイの電波のはなし

5G-000

このところ「ケータイ・スマホ」の話題のひとつとして「5G」のサービス開始「3Gガラケー」の終了が話題になっているようですが、通信規格としての「3G」が修了するというだけ「ガラケー型スマホ」は相変わらず販売されるという事なので「混乱」されるような報道、広告が多数見受けられるのでおさらいしてみましょう。

とはいうものの、こと「ケータイの電波」については、「売っている人間でさえ説明できない、またはまったく理解しないで販売している」世界なので、私も同類としての知識が前提での説明になることはご承知おきいただいて「コメント」「反論」等いただいても「何もお答えできません」のであしからず。

まず、この「〇G」なる「ケータイの電波」についてみてみましょう。
そう言えば以前は「病院内」「飛行機内」では「携帯電話」使えませんでしたよね
ちなみに、「iPhone」が日本に入って、「スマートフォン」市場が形成されてから【〇G】という表現をするようになりました。

【1G】
いわゆる「アナログ携帯回線」、当時は「盗聴し放題」とも言われてましたね。

【2G】
1995年「阪神淡路大震災」を契機に普及したともいわれる「デジタル回線」で、NTTでは「FOMA」KDDI(当時はIDO)では「CDMA」の名で知られていました。この時代の日本の携帯電波はそれぞれ「独自」のものでその後「ガラパゴス」とよばれる一因ともされています。

これで実質「盗聴不可能」になったと思われましたが「捜査機関」などは別のような噂もあるようです。

ちなみに時期はずれるものの両方のテレビCMに俳優の「織田裕二」さんが出演されていましたね。

【3G】
実際には、2001年、NTTドコモで「iモード」KDDI系で「EZWeb」等、「メール」「Webサービス」等が使えるようになった「第3世代通信規格」ですが、2008年「iPhone3G」が日本に入り普及したのも記憶に新しいところでしょう。

このころから「病院や航空機の機器」に干渉しなくなったと思われます。

【4G】LTE
「スマートフォン」がメインになった、2010~2011頃からスタートした「第3.9世代通信規格(名称上4G・LTEと呼ばれる)」で、それまで「携帯電話の弱点」と呼ばれていた「通話音質の悪さ」が大幅に「改善」されたもので、「ネット接続が前提のアプリ」利用がメインの機器で、現在のメイン規格。
【PHS】
実際には「携帯電話」と似て非なる通信機器。
「携帯電話」が「自動車用無線電話」の進化したものであるのに対し、「PHS」は「コードレス電話の子機」を進化させたという規格で、携帯電話が【1G】~【3G】の時代の「病院や航空機の機器」の干渉対策病院内の連絡用に利用されたり、極端に「音質が悪かった携帯電話」に比べ「クリアな音質」が好評でしたが、【4G】LTE化された端末からこれらの問題が解決され、「サービスの終了」がアナウンスされています。

記憶が定かではありませんが、【1G】~【2G】までの期間は「携帯電話の電波が病院内の生命維持装置や航空機の操縦システムに干渉する」と言われていたのを覚えている方も多いと思いますが、「スマートフォン」になってから、そういう声を聞かなくなった気がします。

もっとも、マナーとして「病院内」「狭い飛行機の座席」で使用を控えるべきなのは言うまでもありませんが・・・。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

プレゼントなどに手頃なスマートバンドーXiaomi(シャオミ)の「Mi Band 4」



プレゼントなどに手頃なスマートバンドーXiaomi(シャオミ)の「Mi Band 4」

mi-band-000

2019年頃から「就職」「進学」などのプレゼント用価格的に「手頃な」デジタルガジェットとして、「スマートウォッチ」「スマートスピーカー」「ワイヤレスイヤホン」などが選ばれているようです。

私も今回「進学祝い」「スマートバンド」として人気の「Xiaomi」の「Mi Band 4」を贈りました。
確かに「AppleWatch」は魅力ですが、気軽なプレゼント・返礼品としてならこの製品も「手頃」でしょう
この分野では「Apple Watch」を贈りたいところですが、けっこう「高価」なのと、相手のスマホが「iPhone」ではないケースも多いので、わりと「OS」に関係なく「気軽に使って」もらえそうなのもポイントです。

ちなみにこの「Xiaomi(シャオミ)」「中華ブランド」ではありますが、本国では「スマホ本体」のみならず「生活家電」の取り揃えも多く、日本で例えるところの「無印良品の中国版」という表現をする場合も多いようです。

【ポイント10倍】【レビュー投稿特典】【日本語版】Xiaomi Mi スマートバンド 4 【国内発送】 活動量計 歩数計 心拍計 健康管理 睡眠モニター スマートウォッチ 5ATM防水 着信通知 連続20日間使用 高精細カラー有機ELパネル iPhone&Android対応 Mi band 4
by カエレバ

製品自体も「ウォレット機能」こそ対応していないものの、話題の「有機ELパネル」「5ATM防水」「連続使用時間増加」など「本家AppleWatch」に負けずとも劣らね製品との評判のようです。


ただし、こうした「中華ガジェット」にありがちな「取説が理解しにくい」点は「Xiaomi」も同様ではありますが、皆さん考える事は同様で「YouTube」に多数「説明動画」が上がっていますので「動画検索」で何とかなるものです。↓



Amazonでも「人気トップ」に上がっている製品なので「替えバンド」なども手頃な価格、多数選択可能で入手しやすいのも「プレゼント」しやすい点で、仮にすでに何等かの「時計」を持っている相手でもこうしたものはいくつあっても「コレクション」としても楽しめそうなので「もらったものの」とか思われず使ってもらえそうなのでおすすめです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク