セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

スマホ/タブレット

【製品レビュー】意外な伏兵「業務スーパー」の「3in1モバイルケーブル」がコスパ良し-今のところ最安値か?



【製品レビュー】意外な伏兵「業務スーパー」の「3in1モバイルケーブル」がコスパ良し-今のところ最安値か?

gyoumu-usb-000

「業務スーパー」と言えば思い浮かべるのは、たくさんの「食料品」「飲料」などの「まとめ買い」をする店舗とのイメージがありますが、ごく少数ですがいわゆる「デジモノの激安販売」が密かに行われているのでこまめにチェックしています。



最近(2020年9月現在)「業務スーパー」レジ前でよく見かけるのが、スマホ・デジタルガジェット複数持ちには、ひとつは欲しい「USB 3in1モバイルケーブル」「480円(税抜)」で販売されているので購入してみました。
「在庫限り」かも知れませんが2020年9月現在「最安値」かと思われます
値段が値段だけに「海外製の安っぽいガジェット」的な先入観で入手してみたのですが、同じ生産は「海外工場」ながら企画・販売は国内メーカー「ヒロ・コーポレーション」。



「ネット通販」でも同製品が出回っていますが、2020年9月25日時点で調べた限り「業務スーパー」が一番安値でした。

gyoumu-usb-001

製品としては「コード・コネクタ部分がけっこう丈夫」で断線にも強そうな構造、さらに「100円ショップ商品でありがちな弱弱しいMicroUSB」もすぐ曲がってしまうような代物でもなく割と安心して使えそうな印象。

gyoumu-usb-002

特徴として、一度に「Micro USB」「USB Type-C」「Lightning」の3台の「規格が異なるガジェットの充電ができる」スグレものです。

また、外出時にも、このケーブルと「モバイルバッテリー」がひとつあれば事足りますね。

3in1モバイルケーブル DLSJX20041
by カエレバ

ただし、現在「最安値」で販売しているとはいったものの、おそらく「在庫限りで終了」となる可能性大ですので、見かけたら「即買い!」的な「掘り出し物」かも知れません。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「格安ワイヤレスイヤホン」に「高級機のイヤーピース」を取り付けて「音質アップ」させてみた-「JVC Spiral Dot」



【検証】「格安ワイヤレスイヤホン」に「高級機のイヤーピース」を取り付けて「音質アップ」させてみた-「JVC Spiral Dot」

jvc-sp-000

個人的に「手頃な価格」ながら「まあまあな音質」で気に入っているメーカー「SoudPeats」て、現在3台目の「TrueFree+」。それなりに「愛用」していますが、ネット上で「TrueFree+」に「JVC」の交換用イヤピースSpiral Dot(スパイラルドット)をプラスして「高コスパで高級機並み」に使用する「裏技」記事がちらほら・・・。
イヤホンとの「相性」もあるかも知れませんがピッタリ合えば「ここまで音が変わるとは」という印象です
早速、プラス1,000円弱で「高級機感」を試せるならと「取り寄せ」て「検証」してみました。


JVC EP-FX9ML-B 交換用イヤーピース スパイラルドット 6個入り MLサイズ ブラック
by カエレバ

SoundPEATS TrueFree+ ブラック【本体4時間再生】【片耳4.7g】ワイヤレスイヤホン カナル型 TRUEFREE+
by カエレバ


6個入りで、1セット400円前後なので、費用対効果は高いと思われます。

jvc-sp-001

「スパイラルドット」とは、大きめの開口部とその内側に等間隔で刻まれた「ドットパターン」

これで反射音を制御して音をクリアにするという発想の「イヤピース」になります。

jvc-sp-002

「TrueFree+」付属の「イヤーピース」もいい感じで気に入っているのですが、「音量をアップするとキンキンと割れる」のと、いわゆる「ドンシャリ音が強い」のが、この「イヤーピース」と交換するだけで「劇的に高級感」があるとは個人的感覚とは思います「高音にしても柔らかく広がる」「音の細かいところまでしっかり再現」されているので正直「イヤーピース」だけでこんなに改善されるのかと、改めて気づかせてくれる組み合わせと思います。

最初、イヤーピースを交換した時点で使ってみると「音が小さくなった」感じを受けますが、おそらく「今まで聞こえていた音声のノイズが取り除かれた」ようで、慣れれば「音質の変化」を感じるようになるようです。

特に「’80年代のDISCOナンバーのキラキラした音源」「ロック音楽ライブ音源」など「音の深み」を感じられるように思います。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【製品レビュー】3ヵ月遅れで「Rakuten MINI」到着!ー開封報告



【製品レビュー】3ヵ月遅れで「Rakuten MINI」到着!ー開封報告

raku-mini-008

2020年6月8日に注文が確定してから、約3ヵ月弱、すっかり忘れていた9月17日に届いた「Rakuten MINI」

届くまで「様々な情報・噂」が流れていて、一抹の不安もありました「開封」「設定」してみた感想を報告します。

私の周りでもここ数日で端末が届いているとの報告が来ています。


とりあえず「テザリング」「おサイフケータイ」専用にして様子を見てみます
raku-mini-002

内容物は「端末本体」「充電器」「充電ケーブル(USB Type-C)」「Type-C⇒イヤホンジャックアダプタ」および「説明者」のセットになっています。



製品のスペックとしては「1280X720pのHD液晶」「3.6インチ」という思ったよりコンパクトなサイズで重量も「79.3g」という持ち歩いている事自体忘れてしまうくらいの一時期かなり小型化が進んだ「ガラケー」を彷彿させるミニスマホ、という印象です。

raku-mini-003

あらかじめ接着されている「液晶保護フィルム」かんたんにはがれるような「安物」ではなく、とりあえずはこのまま使用できそうです。

raku-mini-004

「セットアップ」は、Android端末にありがちな、メーカー独特な設定方法で、本人認証は「Windows10」と同じような4桁「PINコード」認証が標準で、最近の「iPhone」で採用されているような「顔認証」「指紋認証」には対応されていないようです。(アプリによって顔認証できるとの情報もありますがまだ確認できていません)

raku-mini-005

ホーム画面は「縦スクロール」で次々アプリアイコンが表示される「独特なインターフェイス」で、慣れるまで操作に戸惑うかも知れません。

raku-mini-006

今回この「Rakuten MINI」を購入した目的として「NFC」「Felica(フェリカ)」対応なので「電子マネー」「QRコード決済」「ポイント」アプリをひとまとめにして「おサイフケータイ専用機」として使用する事。

raku-mini-007

さらに先立つ多くのユーザーが便利だとしている「ポケットWiFi」としての利用期待しています。



「液晶保護フィルム」はとりあえず問題なくしばらくは使えそうなので、次はケース選びなのですが、「市販の汎用ケース」だと「大きすぎる」感がありいろいろ探してみましたが、結局手持ちの「ウォレット・カードケース(GUで購入)」にスッポリと収まるので、文字通り「おサイフ代わり」としてこれから「検証」できそうです。

raku-mini-009

「バッテリー持ちが悪い」「通常使用には画面が小さい」などメインの機種として使うにはやや厳しい面が多い意見もあるようですが、確かに「テザリング」するとバッテリーが「激減」する感は否めません。

正直、朝100%でも、「テザリング」30分程度使用しただけで夜21時あたりで50%まで減ってしまいます

最小サイズの端末なので、ある程度覚悟しておいたものの、新品端末なのに「モバイルバッテリー」必須なのはどうかな、という感じはします。


もっとも「キャッシュレス」に重点を置くと考えれば、「おサイフケータイ」は電池が切れても使えるので、電池もちが悪かろうと問題なく、画面が小さくても残高さえわかれば問題ないので「デジタル財布」
として期待できそうです。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【注意喚起】「SMS」宛ての不審なメッセージー「スミッシング詐欺」が多発



【注意喚起】「SMS」宛ての不審なメッセージー「スミッシング詐欺」が多発

sms-sagi-000

最近、「SMS」(ショートメッセージサービス)あてに「宅配の不在メッセージ」「ケータイキャリアからの案内」など「怪しいURLへの誘導メッセージ」受信が多発しているようです。

この手のいわゆる「フィッシング詐欺」は今まで「メール」で送付されていましたが「セキュリティソフト側で詐欺メールをブロック」したり、連絡手段が「メール」から「SNS」へ移行したりと「誘導メッセージ」がやりにくくなっているため、現状「セキュリティソフト」対策「あまりにも様々なメッセージが多すぎて見落としがちなメール」から「SMS」に活動の場を移しているようです。

過去にも「SMS」宛てに以下のようなメッセージが来たケースもあります。↓



「メール」と違い「セキュリティソフト」に引っかからないので最近出回っています
最近多く報告されているのが「身に覚え」がありそうな「宅配便の不在メッセージ」

しかしながら、本来「不在メッセージ」は「不在票」がポストに投函されているのが一般的です。

「ヤマト運輸」「ゆうパック」など「ネット会員」になっている場合「LINE」などで連絡を取る形式になっており「SMS」にメッセージを送るのはまずあり得ないこと。

sms-sagi-001
うっかり記載しているURLにアクセスしてしまうと入力を促す画面が現れ「個人情報」を抜かれてしまう恐れが・・・。

そもそも記載された「URLの形式」が「業者さんでは使われない」けっこう怪しいものなのかチェックしたいもの。

こうした「フィッシングメッセージ」はPCプログラムで自動的に発信し続けていて「無差別攻撃」ですので「無視」するのが無難でしょう。

Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、サンドストーン
by カエレバ



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【情報共有】「ドコモ」などスマホの一部対象機種で「LINE」アプリがまもなく「使用不可」になる件



【情報共有】「ドコモ」などスマホの一部対象機種で「LINE」アプリがまもなく「使用不可」になる件

nojima-docomo-000

国内のあらゆる公的、民間企業サービスのプラットフォームとして増えつつあるのが「LINE」の機能ですが、2020年9月現在に於いて、一部の「iOs」「Android」端末で、本体を買い替える必要があることがアナウンスされています。

いち早く「ドコモ」が「LINEサービス提供終了」を発表していますが、これは「LINE」側の都合が原因のようなので、今後「他社」も追髄されていくものと思われます。





line-cocoa


↑「LINE」
に限らず、今話題の「COCOA」アプリも端末の「OS」により対応されないケースがあるようですので注意が必要です。
政府も「LINE活用」を普及させたいようですが「対応機種が限られる」のはいかがなものかと思います #ドコモ #LINE #機種変更 #FIreOS #iOs #Android
「ドコモ」からの正式な発表として、今後Android/iOS:ver.8.17.0未満のLINEアプリ」「非対応」になる他、一部「ブラウザ」で作動できていた「LINE」機能も既に「無効」になっています。

nojima-docomo-001

今回対象となる機種いわゆるスマートフォンではない「ガラケー」「フィーチャーフォン」と呼ばれる機種はもちろん、機能を簡略化した「らくらくスマホ」や業務用に特化した「ビジネススマホ」など独自の機能がある端末です。

nojima-docomo-002

対策としては、Android/iOS:ver.8.17.0」以上の「スマホ」に買い替えるしかないのですが「らくらくスマホ」ユーザーの場合、「疑似画面化するアプリ」を導入する方法が「LINE」「COCOA」にも対応可能なので現実的な選択かも知れません。



いずれにしても従来の「ケータイ」「古いバージョンのOS」には対応する気はなさそうなので今後「他社」端末も同様に変更するしかなさそうです。

なお、Amazonのタブレット「Fire HD」シリーズは独自の「FireOS」を使用しているため、現在でも「LINE」をインストールする事ができません。

今後の対応に期待したいところです。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク