セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

動画配信サービス

「YouTube」-楽曲の歌詞の字幕表示ができます




「YouTube」-楽曲の歌詞の字幕表示ができます


YT-jimaku-003

あまりGoogleでもアナウンスしていないようですが、「YouTube」にアップされている、音楽アーチストのPV(プロモーション映像)等、一部のコンテンツ「歌詞」等「字幕」が表示できる機能があるようです。
一部の動画では「歌詞」字幕も表示できます
YT-jimaku-001

対応している動画であれば、画面下の「設定」ボタンをクリックすると「字幕」の表示がでますのでクリックします。

YT-jimaku-002

動画によって異なるようですが、「日本語」にチェックが入っていますが、必ずしも「日本語」で表示するとは限らないようです。



スマホ・タブレット「YouTube」アプリの場合、右上の「︙」タップすれば「メニュー」が表示されます。

YT-jimaku-006

アプリ版でもPC版と同じように歌詞「字幕」が表示されています。

YT-jimaku-007

「字幕」のない動画には自分で入れる事もできます
とはいっても、最近追加された機能なようなので、わりと最近の「動画」でも対応されていないものが多い印象です。

YT-jimaku-005


しかし、こうした動画に、自分の好みに「字幕」を挿入する機能もあるので、「お気に入りの動画」自力で「字幕」を挿入することができるので、自分で編集して「プレイリスト」などに追加して楽しむ事も可能です。

(関連記事)


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村





動画「.flv」ファイルを「.mp4」ファイルに変換するには




動画「.flv」ファイルを「.mp4」ファイルに変換するには

f-m-c-001

一時は動画ファイルフォーマットと言えば「flv」(アドビシステムズが開発している動画やゲームなどを扱うための規格のファイル拡張子)というイメージでしたが、「flv」に対応しないスマートフォンが広く普及したことや、「HTML5」が登場し、「flv」を使わずともWebサイトで動画の描画が可能になったことなどから「flv」を利用するサイトは減少していて、「アドビシステムズ」リリース・サポートの中止を公表しています。
「flv」ファイルは今のうちに「mp4」化しておいた方がいいかもしれません
この「flv」に対し、主流となりつつあるのが「MP4」(MPEG-4 動画・音声全般をデジタルデータとして扱うための規格のひとつ)で、スマートフォン、一部の「スマートテレビ」「ブルーレイレコーダー」でも再生できるようになっていたり、「DLNA」環境には欠かせない存在となりつつあるようです。

我が家でも「DLNA」ソフト、アプリに「Plex」を採用しているので、「flv」ファイルを順次、「mp4」に変換中です。

変換作業に利用しているのが、Windows用の「Free Media Converter」なるフリーソフト

「Free Media Converter」のダウンロードはこちら

f-m-c-003

私がダウンロードしたバージョンは「英語版」でしたが、「日本語化ファイル」公開されているようです。



f-m-c-004


設定画面「Video HD」→「HD MPEG 4 Video」選択します。

f-m-c-005

変換したい「flv」ファイルを選択し、変換方式「MPEG4」にします。

f-m-c-006

対象ファイル「.mp4」になっていることを確認の上、作業を進めます。

f-m-c-007

変換時間「等速」ではないものの、結構時間はかかります。

f-m-c-008

変換作業が完了
すると、「チェックマーク」が入るので確認できます、

f-m-c-009

「Plex」アプリで確認してみると、ちゃんと「mp4」ファイルとして保存されているのが確認できます。

テレビキャストして画像・音声を確認してみても、他の「MP4」動画と違和感なく視聴できました。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村











通信料の節約にもなる「YouTube」動画をiPhone,iPadでオフライン視聴するーClipple




通信料の節約にもなる「YouTube」動画をiPhone,iPadでオフライン視聴するーClipple

clipple-000


「YouTube」「FC2動画」のMP4ファイルなら無料アプリ「Clipple」で保存・視聴が可能


clipple-001

動画「iTunes経由」端末内に保存するアプリです。

アプリ内で「YouTubeのサイト」へ移動し、保存したい動画を選択するだけなので表示してくれるので、余計な手間がかかりません。


保存した動画フォルダごとに仕分けできますので、自分好みにカスタマイズすることが可能です。

バックグラウンドでの再生も可能なので他のアプリを起動させながら、音楽などを視聴できるのも便利です。



clipple-002

アプリ自体がブラウザになっているので、「YouTube」アクセスして、保存したい動画を選択し、「再生」、一度「再生を中断」すると、「ダイアログ」が表示されます。

clipple-003

選択した動画
が下記のように表示されますので、「GO」タップすると、端末内の「任意のフォルダ」に保存されます。

clipple-004
保存「ファイル名」も変更できますが、だいたい何もしなくても適当なファイル名を表示してくれますので、「開始」タップして保存します。

clipple-005


フォルダファイル保存できているか確認します。


clipple-006

該当するファイルタップすると「再生」が始まります。

clipple-007

【FC2動画】についても、同様の操作で保存ができました。

clipple-008
「YouTube」と同じ、MP4形式なので、「連続再生」「プレイリスト作成」などの編集が可能です。

clipple-009

「Gyao」「ニコニコ動画」はMP4ではないので非対応
MP4形式で配信されている「YouTube」「FC2動画」については、保存の確認ができましたが、独自のファイル形式で配信している「Gyao」「ニコニコ動画」は、情報は読み込むものの動画保存はできませんでしたので、他の方法を模索中です。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村





「ニコニコ動画」を保存する




「ニコニコ動画」を保存する


niko-dl006

一時期は、「Youtube」と並びネット動画の代名詞的存在であった、「ニコニコ動画」ですが、「FaceBook」「LINE」などでの「動画アップ配信」にその座を奪われ、その存在自体を危ぶむ声もあるようです。

しかしながら、「YouTube」で削除された動画や、過去、淘汰された動画配信サイトの映像が残っている、いわゆる「お宝映像」を公式に閲覧できる唯一な存在なので、貴重な映像を削除される前に、PCに保存しておきたい、というケースもあるでしょう。
「ニコニコ動画」は特殊な再生方法なので、多くのダウンローダーが非対応
「ニコニコ動画」はかつてライバル的存在であった「YouTube」は異なるAdobe Flash Player」(2020年末に生産・配布を終了予定)という再生方式を採用しているサービスのため、巷に出回っている、フリーソフトなどの「ダウンローダー」には対応しておらず世界中ほとんどの「動画サイト」が「YouTube」方式なので、海外製の「動画変換サイト」でもエラーとなってしまいます。

niko-menu

PCの状況によっては、「Flash」有効でないと、動画の再生自体ままならない場合もあります。

その際は、ブラウザ「設定」「Flash」「有効」に設定しておく必要があります。

niko-dl001


では、ダウンロードはあきらめなければならなのか、という訳ではなく、今、一番使われている、人気のWebブラウザ「Google Chrome」「拡張機能・アドオン」として、3種類配布されており、もちろん無料で、この機能を組み込む事によって、動画のダウンロードが可能になります。

niko-choku001

「Chrome」
の設定「︙」→「その他のツール」→「拡張機能」に進むと、「拡張機能の一覧」が表示されますので、「ニコニコ動画ダウンローダ」のチェックボックスを「有効」に、「+Chromeに追加」をクリックすると、ブラウザのツールバーアイコンが追加されます。

niko-choku002

この拡張機能を有効にするための設定があります。

アイコンクリックし、「Flash」最初に確認する(推奨)にします。

niko-dl002

「利用規約」「同意します」へ変更します。

niko-dl004

以降、機能「ON」にすると、ダウンロードする画面が表示され、保存名も自動的に表示されます(もちろん変更もできます)。

niko-dl005

デフォルトでの保存先は、「PC/ダウンロード」になっていますが、私の場合、「ビデオ」フォルダ変更しました。

niko-ex

他のムービーファイルと同様
「MP4」形式の動画ファイルとして保存されます。
ダウンロード出来たファイルは通常の「MP4」動画として扱える
ダウンロードした動画汎用のMP4なので、PCをDNLAサーバ化して、液晶テレビなど、大型画面で楽しむことも可能です。
また、動画ファイル「DVD化」して、持ち出して視聴することもできます。

ただし、ダウンロードした動画は、個人で楽しむ分には問題ありませんが、サーバ等へのアップロードなど、「著作権侵害」など「違法」になるケースもありますので、注意が必要です。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村







デスクトップキャプチャソフト-oCam




デスクトップキャプチャソフト-oCam

oCam-top

録画視聴に対応していない「VOD(ビデオ・オンデマンド)」サービスで、せっかくお金を払っていても番組視聴を制覇するのは容易ではありませんよね。

そこで、以前下記のツールを利用して、PC上に「MP4」ファイル化する方法を紹介しました。


この方法も便利なのですが、「録画が完了するまでPC前で待機」する必要がありました。

毎日寝る前や外出前にセットして、録画を終了させる方法はないかと探していたところ、「oCam」なる、デスクトップキャプチャソフトを発見したので、早速試してみました

デスクトップキャプチャ「oCam」を試してみる
oCam001


「Vector」から「oCam」をダウンロード

oCam002

「PC / ダウンロード」に保存したら、インストールファイルクリック

インストールする言語を「日本語」に選択します。

oCam003

インストールが完了したら起動し、まずは、録画形式「コーデック」から選択します。

ファイル形式は、MP4、AVI,WMV,TS,FLVなどから選択できます。


oCam004

続いて、左上の「ツール」から「オプション」を選択して、録画の保存先、終了時間を設定して、「保存」。

oCAM005

設定が完了したら、録画したい範囲に囲みを合わせて「録画」をクリック。

これで作業は完了です。

oCam006

再生自体は、「VLCメディアプレイヤー」などを使うと便利でしょう。



他のデスクトップキャプチャソフトにも共通して言えるのは、あくまでも指定した範囲をキャプチャーするので、操作画面や「ポップアップ」が表示されてしまうと、一緒に動画の中に入ってしまうので、くれぐれも注意が必要です。


ネットで気軽にDVD・CDレンタル「ゲオ宅配レンタル」








家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村





スポンサーリンク
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場
Amazonのおすすめガジェット





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...