セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

動画配信サービス

「プレイリストおじさん」-「MP3+m4a混載プレイリスト」を作る






<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

「プレイリストおじさん」-「MP3+m4a混載プレイリスト」を作る


pm-pl-000

私のスマホには、MP3再生用に「Google Play Music」、「音楽サブスクリプション」として「Amazon Prime Music」アプリをそれぞれインストールしていますが、「サブスク」の楽曲は「専用アプリ」でか再生できないので、それぞれ切り替えて聴くしかないと思い込んでいましたが「Amzon Prime Music」アプリでも、端末内の「MP3ファイル」が再生できるので、「MP3+サブスクのm4a」混在の「プレイリスト」を試しに作ってみたところ、意外と簡単に作成できたので、その方法を紹介します。
Amzon PrimeMusicアプリなら「MP3+m4a」混載して認識して「プレイリスト」が作成できます



Google Play で手に入れよう

こんな感じの「混在プレイリスト」「Amazon Prime Music」側で作ってみます。

pm-pl-001

注意しなければならない点は「Amazon Prime Music」は、通常の「MP3ファイル」に比べ、かなり「音量が高い」ので、「MP3ファイル」も、なるべく近い音量に合わせる事。

下記の方法で、音量を変換しておきます。




この「MP3Gain」で、Volume「98dB」に変換しておくと、正確とはいえないものの、アプリ側で、適当に合わせてくれますので、「連続再生」しても、あまり違和感なく聴く事ができる印象です。

pm-pl-002

端末内の「MP3」ファイルを追加するには、「Amazon Prime Music」を「オフライン」にすると、楽曲が表示されますので、「プレイリスト」に入れたい曲名の右側の「:」をタップします。

pm-pl-004

次に、操作方法で「プレイリストに追加」タップ

pm-pl-005

既存の「プレイリスト」に追加するには、プレイリストを選択します。

pm-pl-006

画面右上をタップすると、プレイリストの操作が可能になりますので、「編集」を選択すると、「曲順」の変更が可能です。

pm-pl-007

気になる「音質」ですが、個人差があり、それぞれ好みの分かれるところですが、「サブスク」に合わせてくれているようなので、個人的にはあまり違和感なく聴けています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






スマホ・タブレットでテレビを観る-「Amazon Prime Video」






<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

スマホ・タブレットでテレビを観る-「Amazon Prime Video」

a-p-v-001

CS放送に代わるテレビ番組視聴方法として、最近増えつつある「動画サブスプリクション」サービスですが、今一番「安価」で利用できるのが「Amazon Prime Video」です。

頻繁にAmazonで買い物をする人の多くが加入している「プライム会員」であれば、追加料金なしで視聴できるのも大きな魅力です。

「配信番組数」は正確に公表されていませんが、一度視聴すると「リコメンド機能」で次々と「メニュー」には表示されていない作品が出てくるので、かなりのコンテンツがラインナップされているようです。


「30日間無料お試し期間」があるので、一度覗いて「体感」してみるのをお勧めします。


個人的には「スカパー!」いらず、ただし「音楽コンテンツ」はほとんどなし

Google Play で手に入れよう



a-p-v-002

「映画コンテンツ」については「邦画」「洋画」とも、「レンタルDVD」「スカパー!」解禁とほぼ同じタイミングで配信されます。

ドラマについては国内コンテンツは「TBSオンデマンド」「テレビ朝日」系は新旧揃っている印象ですが、オリジナルドラマは少し弱い印象。「WOWOW」ドラマの人気作を配信する事で補っている感はあります。

海外ドラマも「FOX」系に強く「吹き替え版」が多いのも個人的には気に入っています。

一方、オリジナル番組では「バラエティ」系ではかなり高評価なコンテンツが揃っているのも特徴です。
非推奨ながら「Chromecast」で何とか視聴も可能
PC版の「Chrome」ブラウザに限られますが「キャスト」機能テレビにキャスト視聴が可能ですが、動作が不安定なのと、「HD番組」でも「SD画質」になってしまいますが、コンテンツによっては充分視聴に耐えられるという印象で利用できています。



いち早く「4K番組」にも対応
「Netflix」同様、この手の「動画サブスプリクション」サービスとしては、いち早く「4K番組」も配信されています。
「4K対応テレビ」をお持ちであれば Fire TV Stick 4K」を接続すれば「4K番組」を堪能できます。




利用価格的には、「スカパー!」や「ケーブルテレビ」のCS放送に比べ「お得感」はありますが、「音楽系」はほとんど皆無ですので、私の場合、やはり「WOWOW」は解約できずにいます。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村







スマホ・タブレットでテレビを観る-「Dlife」






<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

スマホ・タブレットでテレビを観る-「Dlife」

Dlife-001
「ディズニー系」で運営している、「無料BSデジタル放送」チャンネルである、「Dlife」ですが、テレビ自体に「BS/110°CS」放送が受信できる環境であれば視聴できる貴重な「無料チャンネル」です。
Dlife-002

この「Dlife」もネットでの「映像配信」をしていますので、PC,スマホ・タブレットでコンテンツを楽しむ事が可能です。
「ディズニー」制作番組ばかりと思いきやバラエティに富んだ編成になっているようです

Google Play で手に入れよう

Dlife-003

アメリカ発のチャンネルなので、「ディズニー系」の番組ばかりかと思いきや、米国の人気番組で他のサービスで人気だった過去作品や、「韓流ドラマ」、日本国内モノでは「WOWOWオリジナルドラマ」の一部も配信されています。

Dlife-004

ただ、他のサービスとの違いは、「テレビ放映と同じように、番組の途中でCMが入る」という点。

しかし、他の「有料配信サービス」の人気作品を「無料」で視聴できるので、致し方ないところでしょう。


Dlife-005

自宅のテレビが「地デジ」しか観れない環境だったり、テレビ自体持っていないけど、「話題の作品」をちょっと観てみたいという向きには試してみる価値はありそうなサービスです。

家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






スマホ・タブレットでテレビを観る-「ネットもテレ東」






<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

スマホ・タブレットでテレビを観る-「ネットもテレ東」

tereto-000

「教養・ドキュメンタリー」「低予算ながらも好評なバラエティ」「いち早いアニメ作品」などで定評のある「テレビ東京」の人気番組ですが、視聴できるのは地上波放送では「関東圏」に限られてしまいます。

一部の番組においては、同系列の「BSジャパン」でも放映されている番組もありますが、「BSオリジナル」の番組が中心なので、実質すべて「全国区」でカバーできているとは言えないようです




これらの番組は一部の「有料サブスプリクションサービス」でも放映されているほどのコンテンツなので、「無料」で観れるのは魅力です。
「BSジャパン」でも放映されていない話題の番組を関東圏以外でも楽しめます。

Google Play で手に入れよう

このアプリでは、「リアルタイム視聴」ではなく、「見逃し配信」のみになりますが、ジャンルごとの「人気ランキング」が表示されるので、番組を探しやすいよう画面が工夫されているのが特徴です。

tereto-001

提供される番組は地上波の「テレビ東京」BSの「BSジャパン」から厳選した「外れ」のないコンテンツがメインな印象です。


tereto-002

「メニュー画面」「縦型表示」ですが、番組が始まると「横型表示」に切り替わるので、スマホ・タブレットの画面一杯で視聴することができます。

tereto-003

残念ながら、録画には対応していません。

「見逃し配信」対応のサービスなので、過去1週間放映の作品のみの配信となるようです。

「Chromecast」「Fire TV」等、STBにも対応されていないので、視聴はスマホ・タブレットのみになります。

とは言え、「通勤・通学」など移動中の空き時間で「見逃し番組」を録画せずに視聴できるのは便利です。

なお、視聴するために「ユーザー登録」なども必要なく利用できます。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






意外と知らされていない「YouTube」裏技-ショートカットキー






<
私も愛用しています。↓↓↓
マカド! Amazon総合管理システム

意外と知らされていない「YouTube」裏技-ショートカットキー

youtube-sc-001


「YouTube」に限らず、「Gmail」「Googleカレンダー」でも有効「ショートカットキー」操作機能ですが、何故かGoogleはこの機能を積極的にアナウンスしていないようです。


操作が格段に楽になる「ショートカット」で効率よく快適に視聴できようになります効率よこう快適に視聴できようになります

【F】を押すと「フルスクリーン」表示になります。戻すには再び【F】を押すか【Esc】通常の画面に戻ります

youtube-sc-002

機能が有効である事が確認できたのは表の「ショートカットキー」

「YouTube」のショートカットキー
【F】フルスクリーン【M】消音
【K】or【Fn】
+【Space】
一時停止・再生【Fn】+【↑】音量を上げる
【→】5秒進む【Fn】+【↓】音量を下げる
【←】5秒戻る【HOME】動画の最初に
【L】10秒進む【END】動画の最後へ
【J】10秒戻る【/】検索窓へ移動
【0】~【9】全体の0~90%に当たる
再生位置にジャンプ
【C】字幕のオン・オフ


【C】の字幕の「オン・オフ」に関しては、今のところ、対応している動画自体が少ないので、決して「無効なキー」という訳ではないようです。

youtube-sc-003

検証環境「Windows10」「GoogleChrome」「Firefox」ブラウザでの動作が確認できています。

ちなみに「iPad」アプリ版では「Bluetooth」キーボードを接続してみましたが、反応してくれませんでした。




【Chromecast】対応のサービスです
スマホ・タブレット用のサービスですが、大画面テレビで視聴する事ができます。

スマホ・タブレットがリモコンになります。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...