セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

ジェネリック・PB

最近量販店などで見かける白物家電ブランド「AQUA」-じつは元「SANYO」で国内製造であるらしい



最近量販店などで見かける白物家電ブランド「AQUA」-じつは元「SANYO」で国内製造であるらしい

aqua-000

ここのところ、我が家の「冷蔵庫」の調子がおかしいので「家電量販店」で「物色」しているところですが、「小型、中型」の冷蔵庫で手ごろな価格感があり、複数の店舗で見かけるのが「AQUA(アクア)」というブランド。
中国企業傘下ながら国内生産にこだわるかつての大手ブランドが「白物家電市場」で出回っています
あまり聞いたことのない「AQUA」というブランド、一見「海外メーカー」やいわゆる「ジェネリック家電」のような印象を受けますが、製造はかつての大手家電ブランドであった「SANYO(三洋)」白物家電部門が一度「松下(現Panasonic)」に吸収合併されたのち、中国の「Haier(ハイアール)」傘下になり、存続しているものです。



この「AQUA」は、旧三洋電機東京製作所の機能を継承したハイアールアジアR&D(埼玉県熊谷市)に開発本部を置き、またハイアール傘下で新たに設立されたR&D京都(京都府京都市)で洗濯機を開発しているようです。

洗濯機の製造は、半世紀にわたって三洋電機の洗濯機の製造を担当していた湖南電機(滋賀県草津市)が引き続いて担当しており、中国メーカーの傘下となった後も日本国内で洗濯機の製造にこだわっています。

aqua-001

「ジョーシン」や「ビックカメラ&コジマ」など「家電量販店」の「PB(プライベートブランド)」の製品の「製造元」としての役割も担っているようです。

AQUA アクア 《基本設置料金セット》AQR-8G-S 冷蔵庫 ブラッシュシルバー [1ドア /右開きタイプ /75L][冷蔵庫 小型 一人暮らし 静音 AQR8G_S]

by カエレバ


さまざまなメディアで「単身者向け」としてプッシュされている他、「白物家電のセット販売」のラインナップにも加わっているのも見かけます。

AQW-FV800E-W アクア 8.0kg ドラム式洗濯機【左開き】ホワイト AQUA Hot Water Washing(乾燥機能なし) [AQWFV800EW]
by カエレバ
↓ちなみに湖南電機本社工場(滋賀県草津市)はハイアールグループの日本随一の生産拠点となっており、湖南電機本社工場の製造分だけで「コインランドリー」等の業務用洗濯機の国内シェアの約4割を占めるといわれています。

aqua-002

簡単にいうと、かつての「三洋電機」が「AQUA」という名称になっていると思ったほうが分かりやすいかも知れません。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「WiFi」対応で「ネット動画視聴」や「カーナビ」にも使えるポータブルDVDプレイヤー-wizz「DV-PTB1080」



「WiFi」対応で「ネット動画視聴」や「カーナビ」にも使えるポータブルDVDプレイヤー-wizz「DV-PTB1080」


wizz-dvd-000

最寄りの「ヤマダ電機」で見つけた、「コレは欲しい!」と思った製品。

10.1型/1,024×600ドットの静電容量方式タッチパネルディスプレイを備えたポータブルDVDプレーヤーで、Android 7.0搭載が特徴、無線LAN機能(IEEE 802.11b/g/n対応)でインターネットに接続して、YouTube動画再生をしたり、地図アプリやインターネット、メールの利用、SNS投稿などが可能みたいです。
「タッチパッド」「Android7.0」採用で「タブレット」端末としても使えそうな万能プレイヤー
wizz-dvd-001

ダイニチwizzDVDプレイヤー

「DV-PTB1080」



wizz-dvd-002

DVDプレーヤーでは、DVDビデオとDVD±R/RW(VRモード、CPRM対応)、音楽CD、MP3/JPEGファイルを書き込んだCD-R/RWを再生可能。マルチアングル表示やマルチ音声/言語字幕表示などに対応する。HDMI出力端子を搭載(タブレットモードのみ利用可能)。micro SDカードスロット(最大32GB対応)やmicro USB端子、ヘッドフォン出力も装備。1W×2chのステレオスピーカーも内蔵している。

ストレージは16GBBluetooth機能も備えるが「ブルーレイ」に対応していにのは残念なところくらい。

「車載キット」も付属しているので「カーナビ兼車載タブレット端末」としても期待できそうです。

早速、Amazonの「ほしいものリスト」に登録追しました。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「100円ショップのシェービングフォーム」-何故か最後まで使い切れない?



「100円ショップのシェービングフォーム」-何故か最後まで使い切れない?


100-shabe-000

ここ半年ほど、「シェービングフォーム」は「ダイソー」「キャン・ドゥ」「セリア」「ローソン100」の商品ばかり使っていて、今日気付いたのですが、「100円のシェービングフォームは、1/3の容量になると、スプレーから泡が出なくなる」症状。

結局、スプレー缶の中身を放出させ捨てなければならないのですが、いかに「100円」の商品とは言え「コスパ悪すぎ」と思っていたところ、「例の爆発事故」。

「安い買い物の銭失い」結局「ドラッグストア」のほうが「コスパ高し」
一見、「割高」と思っていた「ドラッグストア」などで販売している、300円~500円台のシェービングフォームも「容量」「使い切り感」からすれば、結果的に「割安」な場合がありそうです。

100-shabe-001

ちなみに、シェーバーは「コレ」を使っています。↓


そういえば、「100円前後」で売っている使い捨ての「ボールペン」も、インクが残っていながら最後まで使い切った事がないような気がします。


  1. 家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

ネット通販ガジェット-SIS「ハンディスチームアイロン」



ネット通販ガジェット-SIS「ハンディスチームアイロン」


iron-001

「アイロン」自体はもちろん持っていますが、「アイロン台」をひっぱり出す必要があるのと、あえて「ノーアイロン」のシャツばかり所持しているので、あまり気にもとめていませんでしたが、意外に「チノパン」が結構シワになっていることをある人に指摘され、「アイロン掛けなきゃな」と考えていたところ、「佐世保から生中継」のテレビ通販で「コードレスタイプ」が1万5千円ほどで販売されていて気になっていましたが、利用頻度として、そこまで金額を使いたくないので、「2千円程度」の「ハンディスチーマー」を探していたところ、この製品を見つけ、「2千円程度ならダメ元で」と購入してみました。
「デジモノ」ではありませんが「ジェネリック家電」なので紹介します
今回は、「Tポイント」が貯まっていたので「Yahooショッピング」で購入してみました。
ちなみに「ポイント利用」でなければ、若干ですが、「Amazon」「楽天市場」のほうが安く出品されていました。




iron-002

通常の「アイロン機能」に加え、「毛ブラシ」「布パッド」のアタッチメントが付属していますので、1台3役に使い分けられる製品になっています。

iron-003

ハンガーに掛けたままでも、「ワイシャツのシワ取り程度」なら、想定したより、短時間で納得の仕上がりになりました。

ただ、スチームの「プッシュ感」が思ったより大きくビックリしますが、「取説」にも記載されているとおり、「標準仕様」のようです。



20年ほど前に「National(現Panasonic)」製の似たような製品を持っていましたが、当時に技術が未熟だったせいかも知れませんが、あまり実用的ではなく、手放した経験があるのですが、「ジェネリック家電」でこの価格ながらも、より実用的な製品が手に入るのも「時代の流れ」を感じさせられます。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

ドンキ「情熱価格PLUS」-ジブン専用PC&タブレット3が6月8日に発売発表だが



ドンキ「情熱価格PLUS」-ジブン専用PC&タブレット3が6月8日に発売発表だが


donki-pc-001

実質、最安値「2in1」Win10タブレットとして評判だった、ドンキの「ジブンPC&タブレット」ですが、「メモリ容量が少ない」という声を受け、リニューアルして発売される予定です。

フルHDのディスプレイ10.1型1,280X800ドットIPS液晶パネルで視野角が広く発色が悪くないというのも支持されている製品でもあります。


価格据え置きでメモリが倍になるけれども・・・
今回の製品は基本スペックは一緒だが、メモリが従来の「2GB」から「4GB」へ容量を倍増。

さらにmicroSDカードスロットも32GB→最大128GBまで拡大し、大容量データに対応するようです。

ただ、キーボードについては「Enter」キーの小ささ「Delete」キーの配置など正直使いづらいというのは、価格上我慢せざるを得ないようです。

メモリが倍になるようですが、初期設定のままだと使いにくいと予想されるとの噂
こうしてみると「お買い得感」がある製品のようですが、Windows10の宿命のアップデートには、容量不足で、途中で失敗が頻発するケースが多いという製品とのレビューが多いのが問題点。

これを解消するためには、初期設定のままではなく、「プリインストールアプリ」をひたすら削除、「常駐アプリの無効化」を施さないと事実使えないという声も多いようです。

この辺、自分で解決できるのであれば、バッテリー駆動時間約5.5時間と長持ちする機種なので、用途を割りきった持ち運び用の「サブマシン」として使えそうです。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク