セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

ジェネリック・PB

ジェネリックテレビー薄型テレビ弱点の「音質」にこだわったTV




ジェネリックテレビー薄型テレビ弱点の「音質」にこだわったTV

orion-001

最近のテレビは「薄型」当たり前ですが、その「薄さ」を追求すればするほど「スピーカー」自体もスペースが限られてしまうのは宿命です。

そのため、「音質」にこだわりたい場合、「外付けスピーカー」などで対応するのが一般的です。



そんな中、「ジェネリック家電」メーカーとして定評のある、「オリオン」が、薄型テレビの弱点である音質強化にこだわった「極音」なる液晶テレビを発売しました。



大手メーカーでは手が届かない機能を追加してくれるのも「ジェネリック」ならではです



「4K対応」ではないものの、画質はそこそこで、低価格でも「音」にはこだわりたいといった向きには、「ジェネリックテレビ」としては、5万円前後として決して「格安」とは言えない製品ですが、後から「外付けスピーカー」を追加することを考慮すれば、あながち高い買い物でもないといえると思います。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



最近出回っているジェネリック液晶TV・DVDプレイヤー




最近出回っているジェネリック液晶TV・DVDプレイヤー

最近、ドン・キホーテなどのディスカウントストアや、ホームセンター、通販のチラシで、一見、「海外製」かなと思われるブランド「液晶テレビ」「DVDプレイヤー」を見かけるようになりました。

これらのブランドの多くは、「ファブレス」と呼ばれる「自社工場を持たないメーカー」で、製造はもちろん、時には商品企画まで国内外の外部企業にアウトソーシングしているメーカーも多く、国内外から売りたい家電を厳選する、いわは「セレクトショップ」的な役目を担っているというイメージな製品になります。

ドンキ・ホムセンで見かけるジェネリック液晶テレビメーカー
TEES 

jeneric-tees

ティーズ公式サイト
T’s network
は、東京都台東区に、2010年に創業された、主に家電量販店からの要望で「OEM」製品をメインに製造している企業です。 

家電量販店細かい注文も小ロットで対応できるというのがウリの会社なので、これからもちょくちょく見かけそうなブランドです。



WIS

jeneric-wis

WIS公式サイト

WISは、2012年、京都府京都市に、「AV機器関連製品輸入/販売と、およびユーザーサポート、修理」
を皮切りにスタートした、まだ若いブランドです。

しかし、「ユーザーサポート」からスタートした会社なので、海外製品といえども安心して購入できるブランドともいえます。

IRIE

MARSHAL公式サイト


HDDHDDケース専門メーカーとして知られる、「MARSHAL」社が、2017年に立ち上げた、液晶テレビを中心としたホームマルチメディアの新ブランド(アイリー)

東芝メディア社のテレビ用基板を採用した製品を発売しています。

HDDメーカーならではの強みで録画機能の充実ウリにしているようです。


bizz

ビズライフ公式サイト



生活家電(主にセラミックヒーターやスピーカーなど)を提供している、ビズライフ社液晶テレビブランド

国産(メーカーは公表されていない)メインボードを使用し、「スペックとバリューの両立」をテーマに掲げたLED液晶テレビをラインナップしています。


maxzen

maxzen公式サイト

もともと家電製品の卸商社であった「MOASTORE」が、2013年に誕生させたブランド。

「高画質で視聴する」ことに特化した、世界的企業(非公開)のA級パネルと、富士通Panasonicがタッグを組んだ新会社の国産映像チップを搭載した液晶テレビを販売。

テレビ以外にも、冷蔵庫や洗濯機など白物家電も扱う、「ハイコスパ重視」ブランドです。






わりと見かけるDVDプレイヤーブランド
EAST

jeneric-east-dvd

アズマ公式サイト
EASTは、1978年、埼玉県に誕生した、家電、AV製品の「OEM」製造でスタートした、株式会社アズマAV製品のブランド名です。

特に、ポータブルDVDプレイヤーの分野に於いては、ワンセグ放送対応モデルや、防滴モデルなど、幅広くラインナップされ好評をえているメーカーです。


ヒロテック

jeneric-ヒロテック

ヒロコーポレーション公式サイト

株式会社ヒロ・コーポレーションは、2003年、福岡県北九州市に、家電・家具・雑貨等、総合的に扱う会社だが、AV家電業界では、「OEM」業者としても知られた存在。



ベルソス

jeneric-ベルソス

ベルソス公式サイト

生活家電、生活雑貨などの企画、開発、輸入など、「ファブレス」精神を地で行く、2005年、広島県広島市に登場した会社。

「共同開発+OEM」得意としている。


カイホウジャパン

jeneric-カイホウ

カイホウジャパン公式サイト
ホームセンター売り場のカーナビ、車載レーダーなどでお馴染みのメーカー。

もともとは、1997年、液晶系の輸入商社としてスタートし、2002年からは、液晶機器を応用した、カーエレクトロニクスのメーカーとして売り出した実績のあるブランドです。

ある意味、ジェネリックとは言えないメーカーだと思います。


TMIジャパン

jeneric-tmjapan

TMIジャパン公式サイト
2008年、埼玉県富士見市に誕生した、「光ディスク」「プロジェクター」製品などに定評のあるメーカーです。

特に、大手家電メーカーがやめてしまった機能のDVDプレイヤーなど、あえて今現在も作り続けていく姿勢に好感が持てます。




ASPILITY

jeneric-asppility

エスキュービズム公式サイト
株式会社エスキュービズムの映像関連製品のブランド名。

同社
のモットーである、「小型・薄型」であること、「不要な機能を削減して納得品質、お手頃価格」を実現している会社です。


グリーンハウス

グリーンハウス(Wikipedia)よく見かけるブランドですが、何故か、公式サイトが見つかりませんでした。

1991年、東京都渋谷区で、パソコン関連機器、映像・オーディオ関連機器、キッチン・ライフスタイル関連機器企画・製造・販売と、ノベルティデジタルサイネージなどのセールスプロモーション関連製品、無線機器OEM製品の開発・提供する会社として活動しています。




ネットで気軽にDVD・CDレンタル「ゲオ宅配レンタル」






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村





「ジェネリック家電」とは何か?




「ジェネリック家電」とは何か?

*写真は「Qriom(山善)」ブランドのDVDプレイヤー
ジェネリック_Qriom

大手ブランドでなくても安くて高品質の製品
私のブログの中で頻繁に出てくる「ジェネリック家電」という言葉は、「近兼拓史氏とジェネリック家電推進委員会」が雑誌「週刊プレイボーイ」紙の記事の中で、「安くて優良な家電製品の地位向上と認知度アップを願ってつくった造語」です。

最近、「ドン・キホーテ」などでも、自社の「情熱価格」ブランドの製品を「ジェネリック」と称するようになったり、テレビなどでも紹介されるようになったので、このブログでも使わせて頂いています。(私個人的には、ドンキの情熱価格はPBプライベートブランドだと思っていますが)


近兼拓史氏のグループが提唱する「ジェネリック家電」とは以下のようなものです。

  • 有名ブランドという看板代を省き、ノーブランド化で価格を抑えた製品
  • 不必要な機能を省き、シンプル化で価格を抑えた製品
  • 高価な最先端技術を使わず、成熟技術と汎用部品で価格を抑えた製品
  • 家電の原点に通じる楽しさや便利さを追求した、ユニークな製品



現在活動している主な主なジェネリック家電メーカー

山善(Qriom) 本社:大阪府大阪市
「山善」という会社は、Panasonicなどの製品を扱う、いわゆる「問屋さん」というイメージがありましたが、現在は、家電メーカーとしての顔と、各家電メーカーとも大切なパートナーを組んでいる総合商社としての顔ももっています。

大手メーカーの得意な事はそちらに任せて、大手がやらない事(やらなくなった事)を自社ブランドでやる、という、「共存共栄主義」を第一に考えているようです。




オリオン電機 本社:福井県越前市
最近、このブランドを知った人も多いかも知れないが、創業60近くの老舗で、北米市場に於いて、主にブラウン管、液晶と続くテレビで成功を収め、「世界のオリオン」として知られる存在になった企業。




オリオンの液晶24型テレビは、「2013年ジェネリック家電大賞AV家電部門賞」を受賞しています。


ツインバード工業
 本社:新潟県燕市
冠婚葬祭や贈答品などで使われる「ギフトカタログ」には欠かせない「スキマ家電製品」の名門企業でもある。

大手メーカーが手を出さないジャンルを果敢に攻めるのも得意だが、「スタンド照明」分野では、国内第2位の実績を持つなど堅実な一面もあります。

防水CDプレイヤー、防水ポータブルテレビなど、手軽な防水家電に強いのが特徴で、同社の「ザバディシリーズ」女子人気も高いらしい。



アイリスオーヤマ 本社:宮城県仙台市

昔から、
プラスチック製品のクオリティの高さには定評があったメーカーですが、2017年には、国内のエアコン市場に参入するなど、今一番元気のありそうなメーカーです。

この自信からか、アイリスオーヤマ自信は、「ジェネリック家電メーカー」とは考えていないらしい。


しかし、同社の目指す路線とは少し違うかも知れないが、やはりアイリスオーヤマにはホームセンターがよく似合う。


AudioComm-オーム電機(OHM) 本社:東京都豊島区

もともとは、東京で創業された家電店であったが、1974年に。製造卸業者に転換。

現在は、携帯ラジオ、ラジカセ、ヘッドホンなどのオーディオ関連グッズから、乾電池、電球、電器スタンドなど、よく見かけるブランドです。


ちなみに社名は「オーム」だが、90年代に起こった、「オウム真理教事件」に際して、「オウム」「オーム」を混同され、風評被害を受けた企業で、混乱を避けるため、現在の「OHM」に変更されたということです。

イズミ(泉精器製作所)本社:長野県松本市
精密加工技術は世界屈指の実力と言われるメーカーで、特に電機シェーバー、電設工具の高い品質で評判があります。

1939年の創業後、電設工具で頭角を現し、その後電機シェーバーのOEMや自社ブランド製品をホームセンターやディスカウントストアなどで販売して実績を積み上げて来ています。




コイズミ(小泉成器)本社:大阪府大阪市

サイフの固い
女性顧客たちに支持され、ヘアドライヤー市場では、もはやブランド化しているし、調理家電の分野でも、高評価を受けているメーカーです。
 

どのジャンルの商品も、いたずらに高価格化を目指すのではなく、コストパフォマンスに優れた製品作り続けている姿勢には好感が持てます。


テスコム 本社:東京都品川区
同社の業務用理美容ブランド「Nobby」がヘアメイク業界で広く支持されていて、女性にはおなじみとなったメーカー。



最大の特徴は、女性向けビューティ製品の豊富なラインナップで、顔、爪、肌総合家電メーカーでは手が回らないような細やかな機能の製品を盛りだくさんに取り揃えているというところです。


シュアー(石崎電機製作所) 本社:東京都台東区
確かな技術でハイクオリティな電機製品を作り、思いっきり脱力するキャッチコピーとともに販売しているのが、「シュアー」ブランドです。

そんななか、キンキラに輝く代表作が、この「男前アイロン」



この「男前アイロン」の他、不器用な男の「モテナシベーカー」など、脱力コピーに磨きをかけ活路を見出しているかのようである。

TMY(ティー・エム・ワイ) 本社:栃木県足利市

日本メーカーで最初にポータブルDVDプレイヤー1万円を切る快挙を成し遂げたり、既成概念と価格にとらわれない発送が高く評価されているメーカーです。

ハードディスク6台まで接続可能なレコーダーや、USBメモリーに録画可能なテレビを大手メーカーに先がけて発売したり、デジタルレコーダーからブルーレイ、DVDを抜いて、「チューナー+HDD」のみの製品など、大手では思いつかないような製品を作ってくれるメーカーだと思います。


クマザキエイム 本社:神奈川県横浜市

バブル崩壊後の1992年の日本中が不況の真っ只中に、あえて反骨精神を象徴するかの如く創業された企業で、そんな社風を表すようなユニークな製品を次々と発表しています。
この製品も従来のレコードプレイヤーの形の常識をくつがえしたデザインコンセプトですよね。

どの製品がどの枠組みに入るのか微妙だけれども、まだまだこれからの成長が楽しみなメーカーです。


CCP(シー・シー・ピー) 本社:東京都台東区
かつては、「カシオ」傘下の企業であったが、現在は「バンダイナムコグループ」の一員として、ユニークな製品作りをモットーとしている会社です。


最近のヒット作はこの「ラクリート」というロボット掃除機が話題になりました。

「カシオ」と「バンダイナムコ」のDNAを受け継いでいるからか、なぜかガンプラっぽく見えるのはきのせいだろうか?。



他にも、かつては、【アルインコ】【マルマンなどの国内メーカーが、今で言う、「ジェネリック方式」で市場に参入していた事もあったが、今では諸事情あって撤退しています。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村






ジェネリック家電の取説事情




ジェネリック家電の取説事情

TB_取説

*例)「ツインバード」の浴室用テレビの取説

外国製?理解するにはちょっとコツが必要かも

「ジェネリック家電」が、「海外ブランド」と勘違いされる原因として、「取り扱い説明書が多国語表記」になっていたり、製品の音声案内が「英語」の製品があるので、そう思うのも仕方ないところです。


店頭販売している商品では、少なくなっていますが、「Amazon」「楽天市場」などで購入すると、国産ジェネリック家電の海外向け商品に当たる事もしばしばあります。

これは、「ジェネリック家電」を販売する企業に「ファブレス」と呼ばれる「自社工場を持たないメーカー」が多く、製造はもちろん、時には商品企画まで国内外の外部企業にアウトソーシングしているため、発生するという事らしいです。

この場合、販売するメーカーは、国内外から売りたい家電を厳選する、いわは「セレクトショップ」的な役目を担っているというイメージにになります。

このように、複数のメーカーから同一製品が出るような海外の人気製造元で作られた家電は、それこそ世界中からたくさんの引き合いが来て、当然、取り扱い説明書も多国語表記が必要になるわけです。

英語、中国語、ハングル語はもちろん、中東各国でも大きな需要があるため、「アラビア語」でも書かれている事も多いと聞きます。

製造元も各国向けの取説をいちいち分けて入れるのも大変なので、1つの取説に全部印刷してしまうというわけです。

箱を開けたら、スペイン語アラビア語などで書かれた取説が出て来ることがあるのは、こうした事情によるそうだ。

もちろん、日本語表記もありますが、多くは「自動飜訳ソフト」頼りのケースがあり、例えば、「あなたが右を押すことによって強くボタンが電源にはいりまう(?)」など、意味不明の文章に出くわしたときには、そういう事情なので、こちらも気を利かせて、「イマジネーションを働かせて」読み取るようにしましょう。






家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村 






DXアンテナのテレビの今後は?




DXアンテナのテレビの今後は?

倒産・解散したのではなく、吸収合併・撤退していたらしい
2011年7月「地デジ化」の際、高額、大画面、デジタル3波搭載の大手メーカーテレビに対応できない層に支持され、当時の「地デジ化」に貢献した、「船井電機」の子会社「DXアンテナ」「地デジチューナーのみ内蔵」格安液晶テレビですが、最近みかけないと心配していたら、こういう事情があったのですね。


DXアンテナ


ネット通販では、まだ販売している商品も・・・、これが最後のチャンスかも知れません。

親会社である、「船井電機」が家電大手の「ヤマダ電機」とタッグを組んで、「フナイの4K」として、国内テレビ市場に再登場する事になり、「地デジ化」も完了したので、「お役御免」という事で、「エレコム」に売却されたという事でしょうか?。

しかし、2017年10月現在、テレビ本体自体は製造していないものの、「アンテナ関連機器」事業は続けておられるようなので、安心しました。

(以下、DXのサイトより転載)

 DXブロードテック製品(液晶テレビ、レコーダー、プレーヤー)の取扱い終了について

拝啓

貴社ますますご清栄のこととお慶びいたします。平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

このたびDXアンテナ株式会社は、親会社の船井電機株式会社が弊社株式をエレコム株式会社へ譲渡することになり、エレコム株式会社のグループ会社となります。
それに伴い、弊社は2017年3月30日をもって、DXブロードテック製品(液晶テレビ、レコーダー、プレーヤー)の販売を終了いたします。3月31日より、同製品のサポートに関しましては船井電機株式会社の業務委託先;船井サービス株式会社が行います。
同製品の取扱い終了に際し、皆様にはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

DXブロードテック製品(液晶テレビ、レコーダー、プレーヤー)の修理に関しましては、船井電機お客様ご相談窓口へお問い合わせください。
また、ご不明な点が御座いましたら下記のDXアンテナ株式会社カスタマーセンターへお問い合せ下さい。

今後ともDXアンテナならび当社製品をご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

敬具

【今後のDXブロードテック製品(液晶テレビ、レコーダー、プレーヤ)に関するお問合せ】

船井電機お客様ご相談窓口
フリーコール 0120-952-932 (通話料無料)
http://www.funai.jp/jp/support/
受付時間 9:00~17:30
(土曜・日曜・祝日及び夏期休暇・年末年始を除く)

 

【取扱い終了に関するお問合せ】

DXアンテナ株式会社 カスタマーセンター
フリーコール 0120-941-542 (通話料無料)
携帯電話・PHS・一部のIP電話で上記番号がご利用になれない場合
03-4530-8079 (通話料有料)
http://www.dxantenna.co.jp/
受付時間 9:30~17:00
年中無休(夏季・年末年始休暇は除く)

※地デジチューナー及び地デジチューナー用リモコンは、DXアンテナカスタマーセンターへお問合せ下さい。
※お取引先各社様はお手数ですが、弊社営業担当にお問合せください。



(以上、DXのサイトより転載)

という事だったんですね。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



スポンサーリンク
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場
Amazonのおすすめガジェット





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...