セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

訪問サポートレポート

天井シーリングライトのリモコンが効かなくなったら確認してみる事



天井シーリングライトのリモコンが効かなくなったら確認してみる事

pana-rimo-000

新築時、備え付けだった照明器具のリモコンが効かなくなったので「電池を交換」しても改善されないという案件で対応。

pana-rimo-001

まあ、リモコンの寿命は5年目から、と言われていますが、基本的に使用頻度を考えると「電池」の問題ではなさそうです。
あらゆるリモコンが5年経過すると壊れる可能性があると言われていますが、念のためこの部分の確認してみると改善されるかも
pana-rimo-002

各メーカーの多くのリモコンでは、「チャンネル」という切り替え機能が装備されていて、同じ照明器具が近くにあっても片方だけを操作できるように、それぞれのリモコンで「チャンネル設定」して切り替えて使えるようになっています。

例えば「リビングはチャンネル1」「キッチンはチャンネル2」というように使い分けできるようになっていますが、これが「リモコンが効かない原因」のようでした。

確認したところ、「同一器具」は無く、「チャンネル設定」が必要ない状態であったのですが、何かのタイミングで「チャンネル3」に設定されています

pana-rimo-003

これを標準の「チャンネル1」に戻すと改善する可能性があるので、「チャンネル設定を変更」してみます。

これは「メーカー・機種」にもよりますが、サービスマンにしかわからないような場所にある場合もあります。

pana-rimo-004

このケースの場合、「チャンネル設定を1に変更」してあげたら、通常通りに戻りました。

故障?と思う前にこの辺、確認してみる価値はあるかも知れません。

ただ、場所がなかなか見つからない場合が多いのもわかりにくい点ではありますが・・・。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

自力で「スズメバチの巣」を駆除してみた



自力で「スズメバチの巣」を駆除してみた

suzumebachi-000

我が家の庭に「スズメバチの巣」ができていると、ご近所さんからご指摘を受け、確認したら、けっこうなサイズで、周りに「ハチが飛び回っている」状態でした。

付き合いのある「造園業者」さんに聞いてみると「4,000円~2万円ほど」の費用がかかるかも、という話だったので「ダメもと」で自力で「駆除」にチャレンジしてみました。
安全には充分気を付けなければなりませんが「自己責任」でやれば格安で駆除可能ではあります
suzumebachi-001

相手が「スズメバチ」なので、刺されたら「大事」なので万全な対策が必要です。

作戦としては、「スズメバチ用殺虫剤」で巣ごと全滅させ、ごそっと巣を取り外すということにします。




suzumebachi-002

帽子・顔・首回りにタオル、長袖、手袋でなるべく肌の露出を避けるようにします。

これだけの装備
で挑みます。

suzumebachi-003

ハチたちが飛び交う中、巣全体にスプレーを吹き付けまくり、飛んでいるハチも追っかけて処分します。

suzumebachi-004

落ちたハチたちにも、動かなくなるまで、トドメを刺します。

この手順で全面駆除するのに「スプレー1本」まるまる使用しました。

suzumebachi-005

落とした「巣」と「ハチたち」念のため、3重のゴミ袋に詰め「燃えるゴミの日」に出すことにします。

けっこう「リスキー」な方法ですが、何とか自力で処分できました。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


「ワンセグ」NHK料金についての問い合わせの件



「ワンセグ」NHK料金についての問い合わせの件


one-seg

多くの方が勘違いされているようなところが、「ワンセグ対応携帯・スマホ」を持っていたら「NHK受信料を必ず払わなければならない」と思われている点。

NHKの受信料については、あくまで「受信機器」に対してではなく、「世帯」に対してになりますので、仮に1件の家で10台テレビがあったとしても、「受信料」は1件分のみになります。

ちなみに私の「お客様宅」で、1件5人世帯なのに、計11台のテレビ受像機を設置されているお宅も実在しますが、あくまでも「NHK受信料」は1件分のみになりますので「ワンセグ携帯・スマホ」も同様の考え方になります。

この裁判例では、「テレビの受信環境がワンセグしかない」というレアなケースなので、すべての「ワンセグスマホ」所持者にあてはまるものではない、という説明が抜けている感はあります。


個人的には、「お金」取るなら「NHKオンデマンド」や「ネットサイマル放送」の「無料化」すべきと思うのですが・・・


あくまでも個人的見解にはなりますが、「Netfllix」「WOWOW」など、同じ「お金」を払う「テレビサービス」なのであれば、「NHKオンデマンド」の無料化「らじるらじるネットラジオ」などの「エリアフリー」「タイムフリー」などに対応してくれるのであれば、皆さん喜んで支払ってくれると思うのですが・・・。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

北米版AQUOSでテレビが観れない?



北米版AQUOSでテレビが観れない?


hokubei-aruos

海外生活から戻ってこられたお宅で、「日本製テレビ」なのに、テレビ視聴ができない、という相談を受けました。

テレビは、SHARPAQUOS55型です。

日本製品でも国内においては「B-CASカード」がないと視聴できない
海外生活が長かった方なのでご存知なかったようですが、同じ「デジタルテレビ」でも、日本国内に於いては「B-CASカード」がないと、テレビ自体視聴できません。

BCAS

そこで、「出入力端子」部を確認してみると、「HDMI端子」が3つ確認できたので、「デジタルチューナー内蔵レコーダー」を介してテレビ視聴ができる旨をご提案させていただきました。



それにしても、海外からこの大きさのテレビを持ち帰るのには結構「運賃が馬鹿にならない」と思われるので、テレビは現地で処分して、日本に戻って来てから「買い直し」ても、金額的にかえって安い可能があると思うのですが、悪いので口には出しませんでした・・・。









家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


「ブロックノイズ」-降雨減衰でもないのに発生



「ブロックノイズ」-降雨減衰でもないのに発生


b-nois-001
 
降雨減衰の際、「BS,110°CS」が映らなくなったことがあるので、「アンテナ調整」「配線の一新」など対策をとっていたので、安心しきっていたところ、ある晴れた日中、「地デジ放送」を見ていたら、突然「ブロックノイズ」が発生、時たま画面自体が真っ暗になったり、またすぐ復旧したりの繰り返しが続きました。

「配線」「アンテナ」位置など対策済みなのに何故か発生、その原因は?
「BS、110°CS」のパラボラアンテナなら原因が分かるのですが、「地デジ化」の際、「ブースター」「分配器」「ケーブル」等、最近でも交換していたので、おかしいとは思っていましたが、30分ほどで回復して、数日経っても同じような症状は発生していません。

b-nois-002

思い当たるのは、ちょうど同時刻に自宅の庭で、「造園業者」が伐採作業をしていて、その「作業中」に限って、このような症状になっていた、という点。

それを裏付けるように、その「作業自体」が終了してから、1週間ほど経っていますが、電波状況は良好で問題はないようです。



「造園業者さん」が使用していた機器を我が家の「コンセント」から電源をとっていたので、それが原因で「電波干渉」したのではないかと考えられます。

「地デジ」化の際、「電子レンジ」「アイロン」など、室内でも「電波干渉」するので、「配線環境」の交換が必要アドバイスしていた覚えがあるくせに、自分でも実践していたつもりでしたが、まさか宅内コンセントが原因の可能性があるとは思いもよりませんでした。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク