セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

音楽配信サービス

【検証】「YouTube Music」ー「Google Play Music」から移行して感じた事



【検証】「YouTube Music」ー「Google Play Music」から移行して感じた事

yt-gpm-000

2020年末にサービス終了予定の「Google Play Music」ですが、いち早く「YouTUbe Music」に移行してみました。

しかし、「後継サービス」というより、「別サービス」にデータを移行したという印象の上、インターフェイスを含め、イマイチ使い勝手に戸惑っています

 
↑「移行作業」自体は至極簡単なのですが・・・。
以前のように自前でアップロードした楽曲を「MP3」としてダウンロードできないようなので「バックアップ先」を別に確保する必要があるかも知れません
同じ「Google」のサービスなのですが全く「別物なインターフェイス」ですので「自分でアップロード」した「楽曲ファイル」がなかなか見つかりません。

yt-gpm-001

さらに「自分の手持ちの楽曲をバックアップつもり」なのに「再ダウンロード」して楽しむには有料の「YouTube Prmium」に契約しなければ端末に保存できないよう。

この辺、Google 側の概念として「再ダウンロード」ではなく、「一時的に端末に取り込んでオフラインで聴ける」というものらしい。

それも汎用の「MP3形式」ではなく「アプリ内でのみ再生可」という「Spotify」や「Amazon Music」楽曲と同様の扱いになるようです。

yt-gpm-002

個人的に「音声ファイルのバックアップ」先として「Google Play Music」を愛用していましたが、どうも「Google側」とは違う考え方のようなので「データのバックアップ」には別のクラウドサービスを探す事になりそうです。

年内は「Google Play Music」上でデータが残っているようなので、必要な楽曲を再度PCにダウンロードしておいた方が無難でしょう。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

【検証】「Google Play Music」終了「YouTube Music」への移行方法



【検証】「Google Play Music」終了「YouTube Music」への移行方法

g-p-m-yt-000
2020年に入ったあたりから「Google Play Music」の終了、「YouTube Music」への統合がアナウンスされていましたが、やっと「移行方法の案内」の「メール」連絡がきました。
「移行完了」まで約「24時間」ほどかかりますがその間「両方」のサービスとも使用できました
↓「メール」に「移行リンク」が貼ってありましたので「クリック」するとブラウザが立ち上がります。

g-p-m-yt-001
あとは、「アカウントの移行」の画面に従って進んで行きます。

g-p-m-yt-002

「アップロード」してある楽曲、「プレイリスト」などの「データ移動」にけっこう時間がかかるようです。

g-p-m-yt-003

↓下記のような画面表示になれば、ゆっくりですが「データの移行」が始まっています。

g-p-m-yt-004

なお、「データ移行作業中」でも「Google Play Music」「YouTube 」の視聴も可能です。

g-p-m-yt-005

今後、統一した後の「使い勝手」については今のところ情報が少ないので「こうご期待」といったところではありますが、「動画」含めこの手のサービスも「群雄割拠」といった感がありますので「注目」したいものですね。

g-p-m-yt-006





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Amazon Prime Music(Unlimitedではないプライム特典)の対象楽曲が約200万曲に拡大



Amazon Prime Music(Unlimitedではないプライム特典)の対象楽曲が約200万曲に拡大

8a3b99663cad2103cf3fb53651213ecf_s

同様の「音楽サブスクリプションサービス」としては「Spotifi」に次ぐ利用率と言われる「Amazon Prime Music」「プライム会員特典版」ですが、以前は約「100万曲以上配信」と有料版の「Amazon Prime Music Unlimited」にアップグレードして欲しい戦略なのか「楽曲数が抑えられていたり」「オルゴール曲」や「他アーチストによる歌唱・演奏」で「楽曲が水増し」されているという指摘がされていましたが、Amazon側としての答えがコレなのかも知れません。


「話題作」「人気アーチスト」をおさえつつあるようですが「プライム会員特典範囲内」なら我慢できる楽曲数かも・・・
今回の「提供楽曲数アップ」については、他の「音楽サブスクリプションサービス」でも「キラーコンテンツ」と言われる日本発のアーチスト、Perfumeベストアルバム「Perfume The Best P Cubed」BABYMETALの新アルバム「METAL GALAXY」、Offciaal髭男dismのファーストアルバム「Traveler」などの「ボーナストラックなど一部楽曲を除く楽曲」、2018年話題になった映画「ボヘミアン・ラプソディ」や、ディズニー「アラジン」「ライオン・キング」サウンドトラックアルバムなども「プライム特典」内で楽しむ事ができるので、「音楽サブスクリプションサービス」を試してみたい向きには「体験版」として利用してみるのも良いかも知れません。







サブスクに慣れてきたら「プライム会員」であれば、月額980円が「会員特典月780円」になる他、「30日間無料キャンペーン」もありますので検討する価値はあるかと思います。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「YouTube Premium」契約する前に-「YouTube Music」と「Spotify」の「無料版」



「YouTube Premium」契約する前に-「YouTube Music」と「Spotify」の「無料版」


yt-spo-000

「YouTube Premium」と契約すると、「YouTube Music」という、「Spotfi」や「Amazon Prime Music」のような「音楽サブスクリプションサービス」の「有料版」も使用する事ができるという事ですが、こと音楽アプリとしてだけの側面だけみると、ちょっと「発展途上感」がありそうで「レビュー評価」も賛否があるようです。


「無料版」は色々と評価が分かれるようですが、同じ広告付きなら「Spotify」の方が「一日の長あり?」

Google Play で手に入れよう

yt-spo-002

「Googleアカウント」でログインすると、アカウントに紐づけされている「再生リスト」などが反映されます。

yt-spo-003

登録されている「楽曲数」は非公開ではありますが、「音質」にけっこう差があるものの、けっこうカバーできているように感じます。ただ、この辺個人的な好みによるかも知れませんが・・・。

yt-spo-004

「プレイリスト」や「リコメンド機能」など、「見劣り」する印象は否めないところは、まだ「発展途上」感があります。

yt-spo-005

全体的なアプリの「レビュー評価」は「上」のほうのようですが、厳しい意見もあるようです。


yt-spo-001

同じ「無料版」だと、「Spotify」のほうが、「プレイリスト」「リコメンド機能」「提供楽曲数」に「一日の長」があるようです。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「YouTube Premium」契約する前に-「バックグラウンド再生アプリ:MixerBox」を試してみる



「YouTube Premium」契約する前に-「バックグラウンド再生アプリ:MixerBox」を試してみる


youtube-000

「YouTube」で動画を再生しようとすると、2019年7月現在、「関係のない、長い広告」が流れ、スマホの場合、「バックグラウンド再生」非対応の上、このタイミングで「YouTube Premiumを使ってみませんか?」という「ポップアップ」が表示され、思わず、契約しそうになってしまいますが、月額、1,180円と、この手のサービスでは、けっこう強気の料金です。

ただ単に「バックグラウンド再生」だけが目的であれば、使い勝手は異なるものの、「MixerBOX」なる「無料アプリ」で「YouTube」再生画面を「最小化」し、他のアプリを同時操作できる「疑似バックグラウンド再生」が可能ですので、プレミアム契約する前に一度体験してみるものアリかも知れません。
スマホの場合「画面最小化アプリ」で疑似バックグラウンド再生も

Google Play で手に入れよう
既存の「ブラウザ版」や「スマホアプリ版」で使用していた「プレイリスト」なども「インポート」でき、継続して利用できます。

mixerbox-001




mixerbox-002


mixerbox-003


mixerbox-004


mixerbox-005


mixerbox-006
mixerbox-006


mixerbox-007

このアプリでは「フローティングプレイヤー」という機能で、「他のアプリに重ねて表示」する事により、「アプリの同時起動」を可能にしますので「設定」を「オン」にします。

mixerbox-008

すると、↓下の画像のように、「YouTube」アプリ画面が「最小化」された状態で他のアプリを利用できるようになりますので、「YouTube」を「BGM」「ラジオ代わり」に聴く事が可能になります。

mixerbox-010

この「MixerBox」なるアプリは、「YouTube Premium」登場以前から存在するもので、「中華製」ながら「Appストア」「Playストア」でも、都度アップデートされ「レビュー評価も高い」ようです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク