セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

ケーブルテレビ

「ケーブルテレビ」元関係者のテレビの「台風」「雪害」被害のはなし



「ケーブルテレビ」元関係者のテレビの「台風」「雪害」被害のはなし


block

2019年10月の台風により、「アンテナ」「ケーブルテレビ」に限らず、「BS放送」が一時的に「ブロックノイズ」がでたり「信号が止まってしまった」お宅も多いようです。

本来、「ケーブルテレビ」の「売り文句」として「アンテナと違い安定した受信環境」と言われていますが、こと「BS放送」については「事業者・地域」などにより差はあるかと思いますが「対応できていない地域」もあったようです。
「共同アンテナ」を謳っていても「アンテナ」には代わりはないので大元の「強風によるアンテナズレ」「降雨減衰」「断線」「停電」など、「有線ならでは問題」もあるようです
01e99f44

基本的に「ケーブルテレビ」の仕組みとして、「CS放送」「PPV(ペイ・パー・ビュー)」「VOD(ビデオ・オンデマンド)」「共同アンテナ」ではなく「番組配信事業者」と基地局を「有線」でつなげているので「気象状況」は関係ありません「地デジ」「BS放送」については大型の「集中アンテナ」から各「送信基地局」へ送り、各世帯に「再送信」という方法をとっている業者もまだあるようで、今回の「台風」や「大雪」の際、こうした症状があらわれるようです。

もとが「アンテナ」なので「自然現象には逆らえない」のも致し方ないところでしょう。

また「有線」であるが故、災害等で「断線」「停電」にはめっぽう弱く、「ケーブルテレビ」に限らず「電話回線」「ひかり回線」も同じ事が言えます。

いずれにしても「停電」したら「テレビ」に限らず「電気を使うもの」はすべて「アウト」になりますので誰にも文句は言えないでしょう。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

2019年の「ケーブルテレビの雄」ー元関係者としての感



2019年の「ケーブルテレビの雄」ー元関係者としての感

jcom-000

個人的に2011年「地デジ化」時にパートナーとして関わっていたいて、かつサービス圏内に在住していた時には「ヘビーユーザー」でしたので(現在は圏外在住)あまり触れたくない部分ではありますが、先月1か月の間に3件、60歳代以上のかたから「グレイな営業」についての相談を受けましたので、「誤りのない」「間違って契約」しないためアドバイスさせていただいた内容相談者、事業者さんに迷惑のかからない範囲「注意喚起」として報告します。
確かに「地域密着のサポート体制はダントツ」ですが、いわゆる「情弱者」にはけっこう「グレイな営業」が問題かと思われますが・・・
かんたんに言うと「ケーブルテレビ」とは、あくまで「CS放送(有料チャンネル)」を契約するためのひとつの手段であって、「契約しなければ、地デジ、BSの無料放送が見れない」というのは間違いです。

「CS放送」をアンテナを立てずに「有線」で観るのが「ケーブルテレビ(CATVともいう)」パラボラアンテナを立てて観るために契約するのが「スカパー!」と言ったほうがわかりやすいでしょう(厳密には違いはありますが・・・)。

つまり、「地デジ、無料BS放送」の送信は「有料チャンネルを契約してくれる世帯」への「おまけ」のサービスであって、けっして「アンテナ代わり」ではなく「有料」テレビの「付帯サービス」であるということです。

さらに「高齢者など情報弱者」が混乱しているのが「ケーブルテレビ事業者」も「固定電話」「インターネット接続サービス」も一緒に展開しているので、「テレビ買い替え時」や「スマートフォン」購入時に「追加特典」として「ネットの切り替え」や「ケーブルテレビの解約」など余技なくされ、あげく「テレビが映らなくなった」「固定電話が使えなくなった」「2重のネット契約がなされていた」などの問題が、ここのところ頻繁に相談が舞い込んでいます。

「ケーブルテレビ」
擁護する立場ではありませんが、他社の「光回線」「スマホ・携帯電話会社」と比べれば、基本的に「サポート体制」はダントツに整備されており、「自宅に訪問」が基本の「地域密着型」なので「情報弱者にはやさしい」はずなのですが、いかんせん「事業社側の問題」というよりは、個々の「営業担当者のスキル不足」「売り逃げ常習(短期間稼いだらすぐ辞める渡鳥型営業マン)」が存在するのも残念ながら「事実」のようですので、このあたり、双方勘違いなく契約できれば、非常に便利なサービスと感じていますので、今後、この話題を追って行きたいと思います。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由=知人の「店長さん」に直接聞いてみた



「4Kテレビ」なのに「画質が期待外れ」なケースが多い理由‐知人の「店長さん」に直接聞いてみた

4K-dub-000

以前、「朝日新聞」で掲載された「4Kテレビの画面が暗い」という問題ですが、また特集が組まれていましたので店舗側ではどう感じているのか、かつて一緒に「Windows10アップグレード案件」の仕事をしていた知り合いの「某家電量販店員さん」と会う機会があったので「本当のところ」を聞いてみました。


「外付けチューナー」や「ケーブルテレビのSTB」は「地デジ化」時からも問題がありましたよね
件の店長さんいわく、確かにこういったお客様からの声はあるそうで原因としては、4K画質のかかわる「HDR(ハイダイナミックレンジ)」と呼ばれる値が、放送側で製作された映像の半分しか、市販のテレビでは再現できないからであろうと予測される、というもの。

「4Kチューナー内蔵テレビ」ももちろん、「チューナー非搭載テレビ」と「対応チューナー」との接続した場合、とくに顕著にこうした傾向にあるとのこと。

販売側としては、正直「格安4K」は、メーカーにもよるようですが、「売上げ」のためには仕方なく販売しているものの、個人的に私にはおすすめできない、との事。

4K-dub-001

「ケーブルテレビ」の「スマートボックス」「STB」の多くが、韓国の「HUMAX」製なので、お世辞にも国産テレビとの相性が良いとは言えませんが、肝心の国内メーカー各社製品も、相性に問題があることは現状、否定できないようです。




お互いに一致した見解では、「地デジ化」時の混乱と同様、状況が収まるまであと数年かかるであろうと思われる、という点ですか。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村


「4K放送番組」録画-ケーブルテレビ利用の場合



「4K放送番組」録画-ケーブルテレビ利用の場合


smartbox-000

「ケーブルテレビ」に加入している場合、ほとんんどの会社で「4K・8K」放送に対応されているようですが、「衛星放送の配信形態」により、市販のBDレコーダーなど録画対応されない場合もあるので、契約する前に「ケーブルテレビ会社」に「録画方法」について、よく確認しておかないと、あとあと「無駄な買い物」になるケースもあり得るので注意が必要です。
「ケーブルテレビ」の多くは基本的に市販のBDレコーダーは使用できないと言われているが・・・
これは、テレビ放送の「地デジ化」にも混乱を招いた問題ですが、ケーブルテレビにおける、「BS/CS衛星放送の送信形態」2種類あり、「パススルー」という、一般の「パラボラアンテナ」同様の形式の電波であれば、市販のテレビチューナー、BDレコーダー内蔵チューナーで「番組視聴・録画」が可能なのですが、ケーブルテレビサービスのほとんどが、「トランスモジュレーター」方式という、独自の電波送信方式をとっており、ケーブルテレビ会社よりレンタルされている、「SmartBox(スマートボックス)」「STB(セット・トップ・ボックス)」という専用のチューナーを通さないと視聴できない仕組みになっているため、手持ちのテレビ・BDレコーダーを有効活用されたい場合、別途アンテナを立てるなど対策が必要になります。

これは「ケーブルテレビ会社」だけではなく「ひかりTV」など「STB」を利用した「テレビ配信サービス」であれば同様になります。


smartox-001

こうした問題もあり、「レコーダー」によっては、配線方法で対応できる機種も数種存在するものの「主流」とはいえず、「ケーブルテレビ会社」としては、「録画専用HDDのレンタル」などで対応していますが、機器、会社によって方式が異なるようなので、よくよく確認は必要でしょう。

smartox-002

まあ、これも、サービス開始当初には、「規格が統一されていない」ことは多々あることなので、いずれ時間が解決してくれるものだろうと思われます。(もっともその頃には、次世代規格になっているかも知れませんが・・・)。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「WOWOW」とBS・CSの「ドラマ専門チャンネル」を比較する



「WOWOW」とBS・CSの「ドラマ専門チャンネル」を比較する

私が、BS・CS放送を視聴するようになったきっかけが、1970年代の国内外のテレビドラマをもう一度見てみたい、という理由でした。

往年の
「名作ドラマ」と言わる作品の多くが、現在では、「放送コード」に引っかかり、「地上波」では再放送出来無い状態という中、こうした作品をみれるのは、「WOWOW」「CS放送」では、「この作品は現在では不適切な表現が含まれておりますが、製作者の意図を尊重し当時の内容のまま放送いたします」等のメッセージが入り、堂々と放送されています。

当時、住んでいたアパートでは、
「パラボラアンテナ」をベランダに立てても、方角の関係で、BS/・CS受信出来ないという事だったので、地元の「茅ヶ崎ケーブルビジョン」(現J:COM湘南)に加入し、「WOWOW」にも加入し、BS・CS放送視聴生活が始まりました。



スカパー_海外ドラマ

仕事上、
ケーブルテレビ無料で視聴できる環境にいた時期があり、CSチャンネルを利用して国内・海外ドラマを楽しんでいましたので、元々加入していた「WOWOW」と比較してみました。

最近は、
ネット配信「ストリーミング放送」も盛んで、「Crhomecast」などで、大画面TVで視聴する事もできるのですが、こうした、1970年代の作品はほとんど配信されておらず、この分野のコンテンツの視聴では、BS・CS放送軍配が上がりそうです。


主なBS・CSの国内ドラマが見れる専門チャンネル
スカパー001


ファミリー劇場
「スカパー!」の前身、「ディレクTV」「パーフェクTV」時代からある、「これぞCS」という老舗のチャンネル。

私がCS放送に興味も持ったのもこのチャンネルで放送されていた、「キイハンター」「プレイガール」「非情のライセンス」等の、70年代前半のアクションドラマが見たかったからでした。

主要株主である
東映東宝をはじめ、円谷プロダクション国際放映日本アニメーションイザワオフィスなどで制作された作品を中心に放送されています。

主に
日本テレビ系列テレビ朝日系列TBS系列テレビ東京系列フジテレビ系列といった主要民放テレビ局NHKで放送された番組をはじめとして、自社オリジナル作品も多く放送するほか、TVKなどのローカル局で放送された作品も放送する、放送局映画会社垣根を越えたバラエティに富んだ番組構成なのが印象。


ホームドラマチャンネル
かつては、川内康範原作の愛の戦士!レインボーマンコンドールマンPプロ制作のスペクトルマンなど、コア珍品特撮番組を放送することが多かったが、アニメ・特撮番組の枠は2014年現在、削除されているのは残念

現在は、松竹のグループ会社のため、必殺シリーズ・鬼平犯科帳・剣客商売をレギュラーで放送している他、時代劇の放送タイトル数が多い。

また、韓流ドラマ台湾ドラマの放送比率が高いので、韓流ファンには、おなじみのチャンネルでもある。


TBSチャンネル

チャンネル名とおり、TBS系列で過去に放送された人気のドラマ作品を厳選して放送。ドラマ番組は編成の大多数を占めている。

TBSチャンネル1 最新ドラマ、TBSチャンネル2過去の名作ドラマ、というチャンネル分けがされている。

TBSが制作した作品の他、大映テレビドリマックス・テレビジョン旧木下プロダクション)テレパックカノックスなどTBSと関係の深い有力制作会社の主管・共同制作の作品も多く放送。


特に『
スクール☆ウォーズ』や宇津井健、山口百恵の『赤いシリーズ』堀ちえみの『スチュワーデス物語』などの一連の、大映テレビが制作した作品や、『水戸黄門』や『江戸を斬る』といった時代劇シリーズも独占放送中である。なお、大映テレビが製作したドラマには大映テレビ劇場タイトルレーベルが付く。


「テレ朝チャンネル1」 ドラマの放送をしている。

過去にテレビ朝日(旧称号のNET・日本教育テレビ時代に制作したものを含む)やBS朝日、および全国各地の系列局で放送された各種テレビ番組を総合的に編成・放送している。

過去の放送といっても、比較的近年の「相棒シリーズ」「2時間サスペンス」の再放送が多い、といった印象があるが、アニメ作品には、独自編集のものが多いのが特徴。


日テレプラス
石原裕次郎主演の太陽にほえろ!ファミリー劇場でも放送)渡哲也主演の大都会」シリーズ( 闘いの日々 /-PARTII/-PARTIII)、
あぶない刑事/もっとあぶない刑事(ファミリー劇場でも放送)、「刑事貴族(ファミリー劇場でも放送)、萩原健一主演の前略おふくろ様、水谷豊主演の「熱中時代」など、往年の人気ドラマが放送されている、ドラマ好きには人気のあるチャンネルのひとつです。

フジテレビONE・TWO・NEXT
フジテレビONE TWO NEXT(フジテレビ ワン ツー ネクスト)は、フジテレビジョン総合メディア開発 メディア推進局ペイTV推進部が運営するCS放送チャンネルの総称である。

懐かしいドラマというよりは、最新ドラマ人気ドラマの映画化劇場公開前の、再放送特番が多いという印象を受けるチャンネルです。


チャンネル銀河
『もう一度、テレビに「輝き」を。』スローガンとし、NHKアーカイブス、地上波民放、またBBCなど海外メディアからセレクトした編成の総合エンターテイメントチャンネル。

「大河ドラマ」など、NHKの番組が多いので、NHK系列と勘違いしてしまうが、実際は、民間企業である。

海外ドラマは、懐かしいというより、かなり昔の古き良き時代のアメリカドラマばかりという印象です。

2008年の開局当時、某ケーブルテレビと仕事をしていたも、「開局説明会」に参加することができましたが、局側のターゲットとして、当時、50代~60代を「銀河世代」とした発言をしており、同世代の方々から、かなり反発を食らっていたような記憶があるチャンネルです。


時代劇専門chHD
CSチャンネルで長年、トップの接触率視聴率占有率)を記録する人気チャンネル。

大株主である フジテレビ東宝の制作番組、制作映画が放送の主体であるが、NHKなど他のメディアの制作番組なども放送している。

古い時代劇映画やドラマだけではなく、時代劇アニメなどもあり、徹底したコンテンツが充実しています。

このチャンネルを観るためだけに、「ケーブルテレビ」に加入している人も多い。


主な海外ドラマが見れるCS専門チャンネル
スーパー!ドラマTV
かつては、「スーパーチャンネル」として開局。アメリカの懐かしいドラマが見れるチャンネルとして人気を集めていたが、2006年頃から20世紀の古い番組の放送が激減し、番組編成が新作準新作偏りだして今に至る。

この局の特徴として長編ドラマを好んで放送する傾向があり、本国で早期に不評打ち切りとなった番組はほとんど放送されない。

往年の人気シリーズ、「スタートレック」など、放送を中止してみたり、再開したりと、コンセプトがはっきりしない印象がある。



AXN
アメリカで放送されたテレビドラマを中心に、映画リアリティ番組などを放送しており、またエミー賞授賞式を日本独占放送している。

日本国内では、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPEJ)とジュピターテレコム(J:COM)の合弁によって設立されたAXNジャパンスカパー!(東経110度CS放送)やJ:COMなどの主要ケーブルテレビ局で新旧作海外ドラマシリーズや映画を中心に放送している。




FOX

20世紀フォックス配給映画やFOXのグループ会社(主にフォックス放送)が制作したドラマやバラエティ、リアリティ番組などを放送する。グループ会社の強みを活かした編成が特徴。

本家の米国でのFOXチャンネルで放送された作品のみならず、製作サイドのFOXが絡んだ作品も放送できるという大きな強みを持つ。そのため他局よりもバラエティに富んだラインナップを組むことができ、コメディリアリティ番組の割合が高い。また、一度編成にのせた番組は日本側の都合で打ち切ることはせず、ほぼ確実に最終シーズンまで放送するという特徴がある。

過去には、「アメリカン・アイドル24 ~TWENTY FOURプリズン・ブレイクXファイル等が目玉であった。



%htmlEscapedText%




これらのBS・CS放送を視聴するには、「パラボラアンテナ」などでBSを視聴できる環境であれば、 スカパー! と契約するのが手っ取り早い方法ですが、「屋根にアンテナを立てたくない」など、そうでない場合は、ケーブルテレビ局と契約するか、インターネットをNTTの光回線で契約しているなら、 ひかりTVを契約すれば視聴する事が可能です。

詳しくは↓。






WOWOWプレミアム・シネマ/オンデマンド
WOWOW

私は、現在、ケーブルテレビのない環境に居住しているため、「WOWOW」しか契約していませんが、私のテレビ視聴頻度であれば、特に不満もなく、国内外のドラマ鑑賞を楽しめています。

WOWOW制作のオリジナルドラマ放送番組が多くあり、時間がなくて、見きれないケースでも、加入者には、「WOWOWオンデマンド」が、利用できるので、外出先からでも、コンテンツを楽しめる事ができるので、概ね満足しています。

興味のある方は↓を確認して見て下さい。


スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク