セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

コピペ

「Music Bee」ーアルバムアートワークが読み込めない場合の対応



「Music Bee」ーアルバムアートワークが読み込めない場合の対応

album-art

音楽CDからPCで読み込んで「MP3」化する際。「タグ情報」などあらかじめ細かく取り込んでくれる「Music Bee」ですが、ここ最近「アルバムアートワーク」情報がうまく取得できないケースが報告されています。


ちょっと「グレイ」な手法かもしれませんが「個人的コレクション」として楽しむ分には「アリ」でしょう


この辺り、「Music Bee」側としての明確な説明はありませんが、「アートワーク」以外はほぼ取得してくれるので問題は表示する「アルバムジャケット画像」をどこからか「調達」すれば、「Windows Media Player」「iTunes」に」比べ「コピペ」するだけなで解決する問題なので、「自作」してもよし、ネット上から調達するという方法もあります。

art-mb-001

本来はCD情報を取り込む際、「インターネットを検索」してくれるのですが・・・。

art-mb-006

「画像を検索できません」というケースの場合。

「A●azon」などで「アーチスト名+アルバム名」で検索をかければ「販売されているCD」のジャケット画像が表示されます。


art-mb-002

これらの画像を「コピー&ペースト」して「Music Bee」の編集画面に取り込む方法もあります。

art-mb-003

対象の「画像」を「右クリック」して「画像をコピー」して。

art-mb-004

アートワーク欄に「ペースト」するだけで「ジャケット画像」が追加され「画像データを含めてCDを取り込んで」くれます。

art-mb-005

基本的に市販の音楽CDであれば、「アルバムジャケット」画像が見つかるものですが、「一部ネット上に情報提供を拒否をしているアーチスト」作品や、海外アーチストの「日本国内でのみリリースされている作品」など、ネット上で流通されていない作品は見つからないケースも実際ありますので、その場合、個人的には「似たようなイメージの画像」を見つけて「貼り付けて利用」しています。

まあ、自分で楽しむだけであえて人に見せるものでもない「自己満足」な領域なので、これも「アリ」だと思っています。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「Win10」の新機能-「クリップボードの履歴」が思いのほか便利



「Win10」の新機能-「クリップボードの履歴」が思いのほか便利


win10-cb-000

2018年11月にリリースされた「Widows10 October 2018 Update (バージョン1809)」ですが、リリース直後に「不具合」が発見、撤回されたという緯があり、リリースされた「便利機能」があまりアナウンスされていないようです。

その中、けっこう便利に改善・追加された機能のうち、私の周りでもほとんど使っている人がいない機能として、「クリップボードの履歴」機能です。

正直、使わなくても困りませんが、あると確実に便利に使えます
この機能の存在がマイナーな理由のひとつとして、「デフォルトの設定のままでは使えない」事も影響しているようです。

win10-cb-001


この機能を有効にするには、「設定」→「クリックボード」→「クリックボードの履歴」「オン」にする必要があります。

win10-cb-003

通常の「クリップボードの履歴」だと「直前のもの」しか記録してくれないのですが、これをさかのぼって記憶してくれる機能です。

使い方としては、いつも通り「Ctrl」+「C」でコピーしていくだけで次々と「クリックボードの履歴」に記録され、試した限りでは、25個までの保存が可能なのを確認できました。

もちろん、保存はテキストだけではなく、画像もOKペーストするには、「Windows」+「V」で一覧が表示されるので、使いたいものを選ぶだけです。

履歴は一括でクリアできるほか、「ピン留め機能」を使い残しておく事も可能です。

「住所」「定型文」「ピン留め」で残しておくと、入力の手間が省け、作業を効率化できるので便利でしょう。


win10-cb-004


実際、使わなくても困らない機能かも知れませんが、頻繫にコピペ作業をされているという人であれば試してみる価値がある機能だと思います。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「メール」や「ブログ」に簡単に「表」を貼り付ける-「Google Sheets」



「メール」や「ブログ」に簡単に「表」を貼り付ける-「Google Sheets」

g-sheet-001
「表計算ソフト」で作成した「表データ(スプレッドシート)」を、面倒な「変換」などなく、「そのまま」メールやブログ記事に貼付けできたら便利ですよね。

表計算ソフトとして「Excel」を利用されている方も多いと思いますが、「Googleアカウント」さえ持っていれば「無料」で使える「Google Sheets」作成した「表」であれば、そのまま「コピペ」するだけで、「メール」や「ブログ記事」に貼り付ける事ができるので便利に使っています。

「HTML対応」のメールソフトやほとんどの「ブログ」で対応していますが「SNS」サービスにはすべて非対応のようです
g-sheet-000

「Excel」を利用されている方であれば、直感的に表を作成できると思います。

g-sheet-002

貼り付けたい「表の範囲」を「選択」「右クリック」でコピーします。

「メール」に貼り付けるには「記事作成欄」に「貼付け(ペースト)」します。

私の環境では「Thunderbird」を愛用していますが、「Windows10」の「メール」機能も「HTMLの有効設定」をしてあれば、下記のように表示されます。



g-sheet-000-thun

「iPad」「Spark」でもこの様に表示できました。

g-sheet-002-ipad

Android端末「Gmailアプリ」でも同様に・・・。

g-sheet-002-and


当ブログ「Livedoor」ですが、結構この機能を使っていますが、便利に利用させていただいております。

その他の人気ブログサービスでも「検証」してみた結果。

g-sheet-004-fc2


「FC2」ブログではこんな感じ。

g-sheet-006-ninja

「忍者ブログ」でも同様。

g-sheet-005-hatena

「はてなブログ」も当然対応。

g-sheet-007-blogger


意外な伏兵「GoogleBlogger」も当然対応されているのを確認できました。

確かに「便利な機能」ではありますが、「Facebook」「Twitter」「Instagrom」「LINE」など「SNS」には非対応のようです。

おそらく「画像として保存してアップロード」すれば可能かも知れませんが、「そこまでの」必要は今のところ感じないので試していません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク