セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 現在は店は構えず、ネット通販コンサルタント、人脈を活かした「マリッジアドバイザー(仲人業).仕事の「パートナーマッチング」のお仕事がメインになりつつあります。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

ジェネリック

「電動給湯ポット」が保温できなくなったので「Peacock」製品を購入してみた



「電動給湯ポット」が保温できなくなったので「Peacock」製品を購入してみた

peacock-000

10年ほど使用していた「Zojirushi」「電気給湯ポット」「お湯は沸かせるが保温されない」状態になってしまったので、そんなに高価なものでもないので新品を購入することにしました。

幸い「JCBギフトカード」が5,000円分余っていたので、このカードが利用できる「ヤマダ電機」で「Peacock」製の「電気給湯ポット」を見つけ購入してみました。
「ピーコック魔法瓶」ブランドは「ジェネリック」にあらず、「アラジン魔法瓶」同様わりと「老舗」
「Peacock(ピーコック)」というブランドはあまり馴染みのない名前かも知れませんが、いわゆる「ジェネリック」や「海外製」ではなく、「魔法瓶メーカー」としては「アラジン魔法瓶」同様、わりと歴史のある製品です。

この市場に於いては「Tiger」「Zojirushi」がほとんど独占している印象がありますが、「家電量販店」や「ホームセンター」などで見かける事もあります。

↓壊れた「Zojirushi」の「電気給湯ポット」
peacock-001

製品の特長としては「Tiger」「Zojirushi」製品は機能が豊富なのは良いのですが、「ボタン等操作が分かりにくい」のに対し「Peacock」製品は本当に「シンプル」「沸かす、保温」だけなので逆に物足りない印象を受けますが、もっとも「それだけ」しか使わないので「高齢の親」でも「説明せずに使いこなして」いるようです。

ピーコック WMZ-22 電動給湯ポット 2.2L グレー
by カエレバ


peacock-002

ただ、気になる点もなくはなく、材質のプラスチックに高級感がないところと、気にしなければ何でもないのですが「上蓋がしっかり閉まっていない気がしないでもない」ですが、1週間ほど使ってみて、特段「機能に影響」がでるわけでもないようなので、これも「慣れ」次第なのでしょう。

peacock-004

「電気給湯ポット」に限らず、こうした「白物家電」品が「機能が確立」されており、どこのメーカーでも機能、耐久性に大差はないので、「自分にとって使いやすいもの」を選ぶという選択肢もアリでしょう。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

最近量販店などで見かける白物家電ブランド「AQUA」-じつは元「SANYO」で国内製造であるらしい



最近量販店などで見かける白物家電ブランド「AQUA」-じつは元「SANYO」で国内製造であるらしい

aqua-000

ここのところ、我が家の「冷蔵庫」の調子がおかしいので「家電量販店」で「物色」しているところですが、「小型、中型」の冷蔵庫で手ごろな価格感があり、複数の店舗で見かけるのが「AQUA(アクア)」というブランド。
中国企業傘下ながら国内生産にこだわるかつての大手ブランドが「白物家電市場」で出回っています
あまり聞いたことのない「AQUA」というブランド、一見「海外メーカー」やいわゆる「ジェネリック家電」のような印象を受けますが、製造はかつての大手家電ブランドであった「SANYO(三洋)」白物家電部門が一度「松下(現Panasonic)」に吸収合併されたのち、中国の「Haier(ハイアール)」傘下になり、存続しているものです。



この「AQUA」は、旧三洋電機東京製作所の機能を継承したハイアールアジアR&D(埼玉県熊谷市)に開発本部を置き、またハイアール傘下で新たに設立されたR&D京都(京都府京都市)で洗濯機を開発しているようです。

洗濯機の製造は、半世紀にわたって三洋電機の洗濯機の製造を担当していた湖南電機(滋賀県草津市)が引き続いて担当しており、中国メーカーの傘下となった後も日本国内で洗濯機の製造にこだわっています。

aqua-001

「ジョーシン」や「ビックカメラ&コジマ」など「家電量販店」の「PB(プライベートブランド)」の製品の「製造元」としての役割も担っているようです。

AQUA アクア 《基本設置料金セット》AQR-8G-S 冷蔵庫 ブラッシュシルバー [1ドア /右開きタイプ /75L][冷蔵庫 小型 一人暮らし 静音 AQR8G_S]

by カエレバ


さまざまなメディアで「単身者向け」としてプッシュされている他、「白物家電のセット販売」のラインナップにも加わっているのも見かけます。

AQW-FV800E-W アクア 8.0kg ドラム式洗濯機【左開き】ホワイト AQUA Hot Water Washing(乾燥機能なし) [AQWFV800EW]
by カエレバ
↓ちなみに湖南電機本社工場(滋賀県草津市)はハイアールグループの日本随一の生産拠点となっており、湖南電機本社工場の製造分だけで「コインランドリー」等の業務用洗濯機の国内シェアの約4割を占めるといわれています。

aqua-002

簡単にいうと、かつての「三洋電機」が「AQUA」という名称になっていると思ったほうが分かりやすいかも知れません。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「ゲオ」で「チューナーなし4K・HDR対応テレビ」投げ売り?中!



「ゲオ」で「チューナーなし4K・HDR対応テレビ」投げ売り?中!

4k-geo-000

最近、「ゲオ」に限らず「ホームセンター」などで「4Kチューナー」非搭載ながら「国産映像エンジン搭載」のいわゆる「ジェネリック」ブランドの「4K液晶テレビ」格安で「投げ売り?」と思われるほどの価格帯でひっそりと販売されているのを見かける事があります。

背景には「4Kチューナー内蔵テレビ」が普及し価格がこなれてきている事実に加え、2018年12月の「4K/8K本放送開始」以前に製造・販売された「チューナーなしモデル」が割り高になり、在庫がダブついているのでは?と勘繰りたくなりますが「4Kコンテンツ」にこだわらない向きには注目すべき製品かも知れません。
2019年に入り有力メーカーの高機能テレビの価格もこなれてきている中、いわゆる「ジェネリックテレビ」の在庫がダブついてきているのかも知れません
4k-geo-001

「ジェネリック」で知られている「WIS」の「43型」の4K・HDR対応テレビがなんと税抜29,800円という製品も発見!!!。



東芝製の「REGZAエンジン」ではないものの「国産ソシオネクスト」製チップ搭載「映像エンジン」が搭載されているのも見逃せない点でしょう。

4k-geo-003

この製品は「ゲオ」でしか見かける事がない製品ですがネット通販上で↓の製品が一番近い製品のようです。



4k-geo-002


4k-geo-004




参考まで同ブランドで近い製品もネット通販で見つける事ができました。

2019年現在、店頭で見かける最新テレビの多くが、「4Kチューナー内蔵」の上、「YouTube」「Netflix」など「ネット配信サービス」にも対応していますが、2台目や、とりあえずテレビがあればいいという向きならば「今が買い」なタイミングかも知れません。

もちろん「ネット配信サービス」を観たい場合、「FireTV」などを追加購入しても充分「格安」なテレビ視聴環境を満喫できそうです。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「楽天スーパーポイント」で「ヘアドライヤー」を購入



「楽天スーパーポイント」で「ヘアドライヤー」を購入


koizumi-000

母が使用していた「ヘアドライヤー」のコード部分が「断線」してしまい、直すため「部品」を取り寄せようと、「楽天市場」で探していたところ、「楽天スーパーポイント」が「3,000ポイント」たまっていたので、その範囲内の値段の製品があれば、「直すより得」と気づき、新製品とポイントを交換することにしました。
「楽天スーパーポイント」も3,000Pほどあれば、けっこういい製品と交換できるケースもありそうです

今回見つけた製品は、いわゆる「ジェネリック家電」で、「美容家電」の分野で定評のある、「コイズミ」の「マイナスイオン機能付きヘアドライヤー」。

koizumi-001

アウトレット価格で、税込み、2,480円ですが、「3,000ポイント」あるので、全部「ポイント交換」を選択しました。

koizumi-002

部品を購入して、十数年前の製品を修理するより、実質「無料」で新製品を入手できたので「お得感満載」です。

「楽天スーパーポイント」に限らず、ポイントをためている覚えがあるなら、今一度確認してみると、意外に「欲しいモノが手に入る」可能性があるかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「ジェネリック4Kテレビ」が登場-楽天市場でダントツ人気の「maxzen」



「ジェネリック4Kテレビ」が登場-楽天市場でダントツ人気の「maxzen」


max-4k-000

「家電量販店」では見かける事がない、ジェネリックメーカー「maxzen」「4Kテレビ」が思いのほか「楽天市場」で「上位ランキング」を独占しているようです。

「ジェネリック」ながらも「49型」で5万円台からラインナップネット
必要な機能を「最低限にしぼったジェネリック」品ではあるものの、4K映像チップを、Pnasonic富士通の合弁「ソシオネクスト」製を採用4Kパネル世界トップシェア「LG」製を採用、この価格でありながら「地デジ・BS・110°CSのWチューナー」搭載の上、この手の「大型テレビ」の弱点でもある「音質」の良さにこだわっているようです。




さすがにこの価格帯なので「スマートテレビ機能(ネット配信など)」には対応されていないですが、「HDMI端子」が4つありますので「Chromecst」「FireTV」を接続すれば済む話。

「録画」「外付けUSB-HDD」に対応しているので、基本的な機能は充分満たされていると思われます




ほぼ、「楽天市場」など「ネット販売」なので実機を確認して購入というわけにはいきませんが、「量販店」などで同サイズの「LG製テレビ」を参考に購入を検討されても良いかも知れません。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク