セガレの知恵袋

電器屋のセガレです。 テレビやパソコンなど、デジモノにちょっと詳しいおじさんです。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。
トップ>>

スマートテレビ

「動画配信サービス」と汎用STB(セットトップボックス)




「動画配信サービス」と汎用STB(セットトップボックス)

液晶テレビ

現在、販売店店頭で販売されている「テレビ」の多くが、何らかの「動画配信サービス」を利用できる事を「売り」にしているようですが、既存の「液晶テレビ」を利用されている、もしくはこれから「低価格帯」のテレビの購入を予定している場合も、「HDMI端子」さえあれば「スマートテレビ」化できる「STB(セットトップボックス)」出揃ってきています。

「低価格テレビ」でもいろんなコンテンツを楽しめる便利な「箱」
「Chromecast」

現在、一番多くの「動画配信サービス」に対応しているデバイスだと思われます。
他のSTBと違う点は、「専用のホーム画面」がなく、スマホ・PCからの操作で「Chromecast」対応アプリの画面をテレビに表示して視聴するスタイル。

専用のリモコンはなく、スマホ・PC等で操作する形式です。

「4K番組」については、上位機種「Ultla」で対応しています。

「サポート外」ネット動画についても、「Chromeブラウザ」経由すれば視聴する事が可能ですが、「HD画質番組」「SD画質」になってしまう場合もあるようです。


「Firer TV」(Amazon)

4Kおよび4K-HDRに対応したSTB。
「Amazon Prime Video」「Prime Music」「Prime フォト」など、プライム会員ならサービスの連携が充実しているので、「プライム特典」を堪能したい向きにはぜひとも欲しいSTBです。

ただ、「Chromecast」はじめ、Google等、他のSTBはAmazon内では販売されていませんし、「YouTube」の視聴ができないのが難点とも言えそうです。


「Apple TV」(Apple)

据え置き型で、4Kおよび,4K-HDRに対応、各動画の再生は「AppleTV」用の「App Store」からダウンロードするスタイル。
「バンダイチャンネル」「auビデオパス」にも対応しています。

Air Play」に対応しているので、「Mac」「IOs端末」があれば、アプリのない「動画配信サービス」も視聴可能です。


「Air Stick」(CCC)

小型の本体HDMI端子に接続して使用する「スティックPC」型STBで、「Chromecast機能」対応スマホアプリをテレビにミラーリングするという仕組みの製品です。

4K,および4K-HDRにも対応。

特徴としては、「有線LAN」接続時には「ルーター」としての利用も可、という点。

ただ、付属のリモコン「音声検索」ができるものの「音量調整」が出来ないのは残念なところ。
「ドコモテレビターミナル」

ドコモの各動画サービス「Google Play Store」ダウンロードしたGAMEも楽しめる、「Android TV」を搭載した据え置き型STBです。
4K、4K-HDR,Dolbyにも対応。
アプリがない「動画配信サービス」も、スマホのミラーリング機能視聴が可能です。

「PlayStation 4」(SIE)

本来は「ゲーム機」ですが、「スマートテレビ用STB」機能があることを知らずに使っている方も多いのでは?。

上位モデルの「PlayStation 4 Pro」「4K対応テレビ」とを組み合わせれば、一部サービスでの「4K画質」での視聴も可能です。

(関連記事)



利用したい動画サービスで選ぶ必要があります
STB(セットトップボックス)を選ぶ時のポイントとしてまず確認が必要なのが、「対応動画アプリ」。

「見放題サービス」にこれから加入を検討しているなら、先にサービスを決めてしまえばSTBもおのずと「コレ」と決まることとなるでしょう。

ただ、漠然と、「無料サービス」から始めてみようと思われるなら、対応サービスも多く、価格も「5,000円以下」で手に入る、「Chromecast」から試してみるのも良いかも知れません。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



4K対応セットトップボックスーU NEXT TV




4K対応セットトップボックスーU NEXT TV

「音声認識リモコン」や4Kにも対応「YoTube」も観れるSTB
u-next-tv


4K対応セットトップボックス U-NEXT TV

有料動画配信サービス「U-NEXT」用の「4K対応セットトップボックス」「音声対応リモコン」になっている、他社に先駆けた仕様の製品です。




「U-NEXT」のユーザーに限っての製品ですが、「USEN音楽配信」「カラオケ」等も楽しめるようです。

ただ、他の配信サービス「YouYube」のみしか対応していないようなので、Amazon「Fire TV」的な位置づけになるのでしょうか?。

ライバル(?)になるであろうと思われる「Chromecast Ultra」も、配信サービスによって「賛否両論」あるようなので、4K対応テレビをお持ちの「U-NEXT」ユーザーにとっては現在、唯一の選択肢の製品かも知れません。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



4K対応チューナーーピクセラ




4K対応チューナーーピクセラ

ピクセラチューナー

「ASCII.jp」によると、先日のハイセンス「REGZA」に続いて、新4K衛星放送用チューナー「PIX-SMB400」の発売を発表しました。
10月初旬発売予定と発表
この製品は、現在出回っている「4K対応テレビ」に接続して使用する「外付けチューナー」「地デジ(パススルー方式)」「BS/110°CS」「新4K衛星放送」対応するとアナウンスされています。

他の「スマートテレビデバイス」と同じように、OS「Android TV」を採用し、「YouTube」「Netflix」にも標準で対応との事。



気になる販売価格「3万円未満」を予定しているとの事なので、「4K対応テレビ」を既に導入されている方にはチェックしておきたいところです。



前回紹介した「ハイセンス」製品はアンテナ設備の更新は不要としていますが、この製品は対応する受信アンテナが必要としています。

2011年の「地デジ」化の際、こうした「外付けチューナー」製品は「マスプロ」「YAGI」などアンテナ製造メーカーから始まりましたが、「ピクセラ」PCサプライメーカーです。

今回の発表により、こうした製品が各メーカーより発表される事が予想されます。

今後の各社の動向が期待できる製品です。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



4K対応チューナーーHisense「REGZA」




4K対応チューナーーHisense「REGZA」

2018年12月1日に開始される「BS4K放送」に対応するチューナーが市場に出回っていないので、どうなっているのかと思っていたところ、業界ではいち早く、東芝の「REGZA」ブランドを引き継いだ「ハイセンス」概要を発表したようです。

愛読している「週刊アスキー」に同社の「4K対応チューナー」の記事が掲載されていました。


2018年秋頃を目標に対応チューナーを発売予定



同社の発表によると、「対応チューナー」は、8Kには非対応4K放送のみ「シングルチューナー」USB外付けHDDを増設する事で4K番組の録画が可能2TBのHDD容量であれば、88時間分の4K番組の録画が可能とされています。

気になる販売価格はチューナーのみで、「5万円を切る設定」との事。
現在のアンテナ設備でも4K視聴可能とアナウンスされているが・・・

記事によると、既存のアンテナ設備のままでも、「NHK」「BS朝日」「BS-TBS」「BSフジ」「BSジャパン」「BS日テレ」の6チャンネル視聴可能としています。



業界内では、「4K受信対応パラボラアンテナ」に変更する必要が発表されており、家電量販店でも、同対応アンテナが発売されていますが、実際どうなるのか始まってみないと分かりそうもなさそうです。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



ドンキのジェネリック「情熱価格」テレビが再発売




ドンキのジェネリック「情熱価格」テレビが再発売

donki-tv001

2017年7月に突如として登場「ジェネリックREGZAでは?」という声が上がり、即完売されてしまった、ドンキのPB(プライベートブランド)「情熱価格4K液晶テレビ」ですが、追加生産された、同シリーズの製品が、2018年2月現在、ポツポツと店頭に並ぶようになりました。




今回発売された製品は「ジェネリックREGZA」ではないという噂もありますが・・・


donki-tv002

今回投入された「情熱価格テレビ」シリーズですが、ネット上でも「国産ボード使用」の噂もなく、あくまでも「中国製」との表示のみの製品になります。

ただし、4Kではないものの、「32V液晶テレビ」ラインナップされており、格安液晶テレビ購入選択肢が増えた形にはなっているようです。

これはドンキに限らず、多くの「ジェネリックテレビ」に言えるところですが、「確かに4K画質には対応されているのでしょうが、肝心の地デジ画質が暗かったり、逆に白身がかっているケースがある印象」がありますので、よく確認してから購入された方が間違いはないと思われます。
また各安の大型テレビの場合、「音質を落として安くしている」といった指摘もうけていますので、下記の記事のように対応する必要もあろうかと思います。




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村



スポンサーリンク
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
逆アクセスランキング











楽天市場
Amazonのおすすめガジェット





スポンサーリンク









参加中のブログ
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...