セガレの知恵袋

「デジモノ好き」な電気屋のおじさんが、ちまたにあふれる「テレビ」「オーディオ」「PC」「モバイル」関係の検証、新しく見つけた情報の「忘備録」として公開しています。

現役の【電気屋】のはしくれとして、「情報弱者」を狙った、一部の「悪質商法」には憤りを感じています。

本来、もっとリーズナブルに送れるはずの「デジタルライフ」を、子供達、自分の親世代に伝えたいと、「オフライン」の場でも、地元の「PC・タブレット教室」を通じて活動していますが、伝えきれない現実の部分をこのブログを通じて発信していこうと、日々更新を心がけています。

現在、ネットショップを運営する傍ら、市内の出張PC教室、PC/スマホ・タブレットセミナーの講師としても活動しております。

デジタルガジェット

【100円ガジェットレビュー】ー「液晶保護フィルム」はスマホ使用年数を考えればコスパ高いという説



【100円ガジェットレビュー】ー「液晶保護フィルム」はスマホ使用年数を考えればコスパ高いという説

100en-film

「スマートフォン・タブレット」を買い替えたなど、まず考えなければならないのが、「液晶の保護」。

私も「スマートフォン」入門時には「二つ折りケータイ」のクセが抜けず、よく落としたり、ポケットにそのままい入れてしまって「液晶画面にヒビがはいったり、細かいキズが付く」などしていたものです。

特に、「頑丈」とされている、2,000円前後で販売されている「ガラスタイプ」の「保護フィルム」など、確かに付けてみると「安心」なのですが、スマホの「買い替えのサイクルが約2~3年」と考えてみると「コスト的」に「割高感」を感じていました。

そこで「100円ショップ」でも「数多く販売」されている「液晶ガラスフィルム」を最近では利用しています。


実際「硬度ガラスフィルム」が2,000円ほどすると考えればある意味正しい考えかたかも知れません
「前提」として、「保護フィルム」のほか「手帳タイプの液晶が隠れるタイプ」の「保護カバー」と併用する必要はありますが、「落としてヒビが入る」ケースも減りましたし、こうした使い方であれば「1,000円以下」の保護フィルムとほぼ遜色なく使えているのが実感です。

100en-film-001

ただ、「確実な違い」として「気泡が入りやすい」「そのうちズレが出てくる」という欠点は確かにありますが、「高いもの(とは言っても500円~1,000円程度)」も似たりよったりの製品な印象ですので、同じ「どうせ貼りなおす」前提であれば「100円ショップ」の「保護カバー」という選択肢もアリだと思います。

ただし、画面の大きい「iPad」など「タブレット端末」に関しては「テレビ代わり」に頻繁に触る頻度が高く、ピタッと張り付いていないと「画面へのストレス」がたまるケースもあったので、少し贅沢したほうが、あとあと「市販の家庭用カラスクリーナー」で「汚れ落とし」「艶出し」などもできるので、要は「使い分け」て使うのがベターな選択だと思われます。

AQUOS R ケース 本革 SH-03J SHV39 604SH 手帳ケース レザー アクオスアール カバー 手帳 スマホケース 手帳型 携帯ケース スマホ スマホカバー アクオスr カバー SHARP スマートフォン ストラップ カード収納
by カエレバ

iPad 9.7ガラスフィルムiPad Pro9.7 ipad air ipad air2 iPad 10.2インチ ガラスフィルム ブルーライトカット 表面硬度9H 強化ガラス 高透過率液晶保護フィルム ラウンドエッジ加工 気泡レス 耐指紋 撥油性 高透過率 耐衝撃 飛散防止処理 反射防止気泡防止 超薄 透明
by カエレバ




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Amazonなどネット通販で人気のガジェットがドンキなど店頭でも販売



Amazonなどネット通販で人気のガジェットがドンキなど店頭でも販売

soundpearts-000

一部の「悪質出店者」による「怪しいレビュー」「ステルスマーケティング」など、何かと話題になっている、いわゆる「中華製ガジェット」

入手してみると確かに「?」な製品も存在することは実感していますが、「Anker」「SoundPEATS」「Aukey」など「品質に定評あるコスパ良し」ののブランドも存在しており、私個人も実際愛用しています。
「ステマ問題」など何かと不安な「中華製品」ですが「店頭」に並んでいるというのは「確かな製品」の証しともいえそうです
最近、「ドン・キホーテ」「ビックカメラ」などでも、私個人で愛用している「Bluetoothイヤホン」が店頭に並ぶようになったり、「Anker」の「モバイルバッテリー」が販売されています。

特にイヤホンについては「SoundPEATS」、モバイルバッテリーについては「Anker」「高コスパ」で評判のようです。

soundpearts-002

同じ製品でも「ドン・キホーテ」より「Amazonの直販」のほうが「消費税」分安く入手できました。

↓更に「プライムデー」だと1000円近く安く購入できる場合も・・・。

soundbeats-003

同じ製品でも「ビックカメラ」では少し「高めな価格設定」のようです。

soundpeats-001



soundperats-004

Anker-bic





「ネット通販」の直販サイトでもAmazon「プライムデー」「エントリー」されるケースも多いブランドですので、そうした時期を狙って購入するのも「安く購入できる手」かも知れません。





家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

「キャンドゥ」で入手した「イヤホン落下防止ストラップ」は確かに便利



「キャンドゥ」で入手した「イヤホン落下防止ストラップ」は確かに便利

can-st-000

「Bluetoothイヤホン」はとても便利なのは気に入っているのですが、しょっちゅう、落としそうになってしまい、心配になることがあります。

そんなとき、100円ショップ「キャンドゥ」で見つけたのが「イヤホン落下防止ストラップ」

もちろん、100円(税抜)です。

製品本来の使いかたに反するかもしれませんが、無くしにくいのは確かです
can-st-001

基本的には、「コード型ワイヤレスイヤホン」のコード部分に挟みつけ、「落ちない」ようにするタイプのものですが・・・。

can-st-002

↓装着するとこんな感じです。

can-st-003

ところが、「完全分離タイプ」イヤホンですと、「引っ掛ける部分」がありません。

can-st-004

そこで、家に転がっていた、コード類の「結束バンド」を使って、「ワイヤレスイヤホン本体」に結び付け、引っ掛けることにしました。

can-st-005

写真では、分かりにくいと思いますが、「イヤピース」のくびれた部分と、ストラップを結び付けてみました。

can-st-006

「強度」が気になるところですが、「結び」をキツくすれば、何とかなりそうです。

can-st-007

「フック」部分が出っ張ってしまいますが、気にしなければ「簡単に落ちる」心配はなくなります。

 can-st-008

「充電時に邪魔」になるかと思いましたが、上記の通り、接続したままでも普通に「充電」きています。

「見た目」を気にする向きには「下記製品」もあります。

高いものではないので、購入するのも「アリ」かと思います。

(参考製品)




家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

100円ショップ-各社独自のUSB充電ケーブル(セリア/キャン・ドゥ)



100円ショップ-各社独自のUSB充電ケーブル(セリア/キャン・ドゥ)

100-cb

スマホモバイルバッテリー用に「100円ショップ」USBケーブルを数回購入してきましたが、「急速充電」できなかったり、「データ通信に時間がかかる」「すぐ断線」したりと、「緊急時の使い棄て」的にしか使えない印象を持っていましたが、最近この辺が対応がなされているUSBケーブルが販売されています。
100均USBケーブルは色々買ってみましたが当たり外れが多い印象でしたが、これらはアタリだと思います

「キャン・ドゥ」の「USB充電/通信フラットケーブル」

100-can-cb-001

「100円ショップ」の中でも、ここでしか販売されていないようです。

100-can-cb-002

以前からある、「フラット型LANケーブル」と同様に、ケーブルを折り曲げても「コネクタ」部分に負荷がかかりにくく「モバイルバッテリー」との接続など、折り曲げによる「断線」を防ぐ仕様になっています。

(比較参考製品)




「セリア」の「充電専用ロングブッシュ高耐久ケーブル」

100-seria-cb-001

この製品もここでしか販売されていないようです。

100-seria-cb-002

端子の根元部分「保護カバー」を長くし、折り曲げ時の負担を緩和。

さらに、「皮膜」が破れにくい「メッシュ素材」のケーブルという「100円商品」とは思えない「高コスパ」な製品です。

(比較参考製品)



「100均」ケーブルの選び方として、「iPhone用」「Androidスマホ用」では別々の仕様になっている点。

また、「充電専用」「充電/通信対応」と分かれているので、よく確認して購入する必要があります。

「100円ショップ」の特徴として、「商品の入れ替え時期が早い」という傾向がありますので、時期入荷が無い場合も多いので、見つけたら「即、買い」が原則です。



家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

Amazon攻略法-スマホガジェットの「割引きクーポン」を入手する方法



Amazon攻略法-スマホガジェットの「割引きクーポン」を入手する方法

digi-gaje


Amazon「プライムデー」では、いいお買い物はできましたか?

私も今回も、Amazonの狙い通り、色々と貢献させていただきました。

ここで「プライムデー」以外でも、さらにAmazonで購入してもらおうと、各ショップも、独自の「割引きクーポン」を発行して「プライムデー」でその存在を初めて知ったユーザーに、より購入しようという戦略を打ち出してきているようです。



スマホガジェットのメーカーツイートをフォローしておくと定期的に「Amazonの割引クーポンコード」がタイムラインに流れてきます
モバイルガジェット高レビュー「コスパ重視」で定評のあるメーカーも「Twitter」「新製品情報」「期間限定セール」「割り引きクーポン」を投稿しています。

私が実際に「フォロー」して買い物に利用しているメーカーを紹介します。


「Aukey」

aukey-tw-cp-001



このメーカーでは、「クーポンコード」タイムラインで公開していますので、Amazon決済画面にこの「クーポンコード」を入力すると、通常販売価格より割安価格に変更されます

aukey-tw-cp-002


「SoundPeats」

sp-p-000




「Anker」

anker-tw-000




「Cheero」

cheero-am-000






各ショップAmazon以外でも展開していますが、「Twitter」での割引サービス「Amazon」内に限られるようです。


家電・AV機器ランキング にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へにほんブログ村

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

応援ありがとうございます。
「AV機器」部門で上位キープ中です。




デジモノ・ガジェットランキング


パソコンランキング



にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器の豆知識へ
にほんブログ村

プロフィール

ぱわきち

読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
スポンサーリンク